ホーム > 書籍 > サービス提供責任者実務の基本

表紙

A5判 144頁

定価 1,905円+税


ISBN
978-4-7760-1573-4

 
お申し込みフォームへ
 
 
 
 
商品番号601573

サービス提供責任者実務の基本

第3版 第2版から大きく改訂

著者/田中典子
NPO法人東京ケアネットワーク 副理事長
日本ホームヘルパー協会 理事
日本ホームヘルパー協会 東京都支部 会長

監修/日本ホームヘルパー協会

《たなか・のりこ》1970年から2000年3月まで、30年の間、東京都葛飾区役所のホームヘルパー(介護指導職)として、高齢者・障害者のヘルパー業務およびヘルパーの指導業務を行い、2000年4月から現職。研修担当理事を務め、主に訪問介護のサービス提供責任者を対象とした研修講師を務める。年齢を感じさせないパワーあふれる講義に、ファンが多い。

●サービス責任者として何をして良いのかがわかる

●ヘルパーの指導、ケアマネや利用者との
 関係の悩みに答える
第3版改訂のポイント
 ・「保険者の視点を知る」章全体を追加(第3章)
 ・「ケアチームの一員としての
  サービス提供責任者」章全体を追加(第8章)
 ・旧8章に代わり「介護事故・クレームを防ぐ、安全を
  確保する」として章全体を刷新(第9章)
 ・「介護手順チェックポイント」
  「ヘルパーと共につける暮らしの振り返リシート」追加
 ・Q&A「制度の解釈」の回答を現状に合わせて修正

 

主な内容

1章 介護保険法と訪問介護
  介護保険の目的を説明できますか
  介護保険というルールに基づいたサービスの提供 ほか

2章 運営基準に書かれている内容を再確認してみよう
  サービス提供の記録は何を書けばいいのか ほか

3章 保険者の視点を知る 
  介護給付適正化プログラムと実地指導の方法
  よくある指摘事項  ほか

4章 訪問介護計画、介護手順とモニタリング
  アセスメントの行い方  
  「ヘルパーと共につける暮らしの振り返りシート」を
  活用したモニタリング   ほか

5章 訪問介護記録作成トレーニング
  訪問の際に「何を聴きたいのか」が明示されていますか
  何を報告すべきかわかる記録用紙を設計する  ほか

6章 訪問介護の目的〜ヘルパーへきちんと伝えられますか
  予防的な対処により生活の質を維持する  ほか

7章 訪問介護事業所としての教育体制づくりとスキルアップ
  個人のスキルアップに事業所としてどうかかわるか ほか

8章 ケアチームの一員としてのサービス提供責任者
   サービス担当者会議で果たす役割   
   ケアマネジャーとサービス提供責任者の正しい関係 ほか
   
9章 介護事故・クレームを防ぐ 安全を確保する
   トラブル防止・事故防止のための認知症の理解  
   サービス提供責任者としての「困難事例」への関わり方 ほか

10章 サービス提供責任者こんなときどうするQ&A


 


★この商品の内容に関するお問い合わせは福岡デスク
 お急ぎの場合は、TEL(03)5281-3721におかけください。
※このメールに関するお問い合せは、土・日・祝は対応しておりません。  

☆ご注文に関する内容・変更・追加などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。




前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2010 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671