ホーム > 書籍 > プレイ・プレパレーション 導入・実践の手引き > 目次
目次

基礎編

 ●ホスピタル・プレイ・スペシャリスト養成事業の歩み

 ●日常の遊び,治療的な遊び

 ●遊びを使ったプレパレーションと実践のための準備

 ●ディストラクション・セラピーの意義と方法

 ●術後,処置後の遊び

 ●遊びを用いた個別支援

 

場面・領域別実践編

 ●プレイ・プレパレーションにおける子どもの療養環境

 ●外来におけるホスピタル・プレイ活動

 ●救急場面におけるプレイ・プレパレーション

 ●腎尿路疾患のある子に対するホスピタル・プレイ活動とプレパレーション

 ●循環器病棟におけるホスピタル・プレイ活動とプレパレーション

 ●整形外科疾患を持つ子どもに対するプレイ・プレパレーション

 ●手術を受ける子どもへのホスピタル・プレイ活動とプレイ・プレパレーション

 ●障害を持つ子どもに対するホスピタル・プレイとプレイ・プレパレーション

 ●在宅で療養する重症心身障害児へのプレイ・プレパレーション

 ●新生児・乳児へのプレイ・プレパレーション

 

コラム

 ●(1)HPSの望月さんがやってきた!

 (2)“年をとったから遊ばなくなるのではありません。
    遊ばなくなるから年をとるのです”

 ●(3)ボールペンのナースコール

 ●(4)HPSと共に歩んできた小児科医からの視点

 

 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2014 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671