ホーム > 書籍 > 看護倫理 実践事例46 > 目次
目次

第1章 倫理的な問題の分析・対応と看護倫理教育

第1項 看護倫理を考える視点
 〈1〉看護倫理を考える視点 清水哲郎

第2項 倫理的な問題の扱い方とジレンマへの対応
 〈2〉
 〈3〉
倫理的ジレンマの構造とジレンマへの対応 清水哲郎
看護場面別7つのジレンマとその対応
中部大学 生命健康科学部保健看護学科基礎看護学 准教授 伊藤千晴
中部大学 生命健康科学部保健看護学科基礎看護学 助教 夏目美貴子
医療法人社団喜峰会 東海記念病院 看護部長 目野千束

3項 事例検討・カンファレンスの進め方
 〈4〉
 〈5〉


 〈6〉


 〈7〉


 〈8〉


 〈9〉
臨床倫理検討シートを用いた事例検討の進め方 清水哲郎
4分割法を活用したカンファレンス
函館稜北病院 総合診療科科長 川口篤也
看護倫理をテーマとした事例検討会の進め方
北海道医療大学 看護福祉学部看護学科臨床看護学講座 講師/慢性疾患看護専門看護師 長谷佳子
倫理的ジレンマをそのままにしない!
医師も巻き込んだ臨床倫理検討会を根付かせる具体策
市立池田病院 副院長/看護部長 大塚尊子
看護現場の倫理的感受性を高める“あれ? おや? カンファレンス”
日々多忙な中でも,「おかしい」と思ったことを風化させない
川崎市立井田病院 病院局看護対策担当課長 柳井田恭子
部署の倫理検討会のファシリテーターを育成する!
病棟の倫理的ジレンマを解決するキーパーソン
公益社団法人大阪府看護協会 教育研修部 部長 杉原多可子

第4項 看護倫理教育の進め方
 〈10〉


 〈11〉

 〈12〉


 〈13〉

 〈14〉

 〈15〉

 〈16〉
倫理研修の具体的な進め方
宮崎大学大学院 医学獣医学総合研究科生命・医療倫理学分野 教授
宮崎大学医学部附属病院 臨床倫理部 部長(臨床倫理コーディネーター) 板井孝壱郎
倫理的行動力の育成に向けた看護倫理勉強会の実際
愛知医科大学病院 看護部管理室 教育担当副部長 井上里恵
倫理的感受性を高め患者の意思決定を支える!
グループワークで行う倫理勉強会の実際
社会福祉法人恩賜財団済生会支部 山口県済生会下関総合病院 副看護部長 藤田 恵
看護倫理の定着を図る新人研修・中堅研修の組み立て
地域医療機能推進機構 船橋中央病院 看護部長 長谷川美穂
看護補助者教育で看護倫理を定着させる方策
社会医療法人愛仁会 千船病院 副看護部長 平井智美
看護学生の習熟度(学年)に応じた倫理教育の在り方
九州大学 医学部保健学科・九州大学大学院 保健学部門看護学分野 分野長/教授 中尾久子
ナラティヴを用いた倫理教育アプローチ
亀田医療大学 看護学部看護学科 准教授 足立智孝

第5項 医療機関・看護部としての体制づくり
 〈17〉


 〈18〉

 〈19〉



 〈20〉


 〈21〉


 〈22〉

 〈23〉
臨床倫理コンサルテーションの役割と実践
宮崎大学大学院 医学獣医学総合研究科生命・医療倫理学分野 教授
宮崎大学医学部附属病院 臨床倫理部 部長(臨床倫理コーディネーター) 板井孝壱郎
看護師長が部署ですべき・できる,倫理的行動力・感受性の高め方
札幌市病院局 市立札幌病院 看護師長 密山敦子
スタッフと共に悩みながら育む倫理感性と問題解決に導くサポート
富士重工業健康保険組合 太田記念病院 看護師長 石井泰枝
副院長兼看護部長 杉浦ひろみ
富士重工業健康保険組合 太田高等看護学院 専任教員 板橋千恵子
病棟で遭遇する倫理的問題解決に向けた組織的体制整備
〜病棟から始める! 倫理的サポート体制構築の具体策

西武文理大学 看護学部看護学科 准教授 水澤久恵
看護研究の倫理的審査システムの構築
天使大学 看護栄養学部看護学科 講師
元・札幌市病院局 市立札幌病院 感染管理推進室 感染管理担当課長 前田朝子
患者中心の倫理観の集団になろう! 看護現場の組織文化と組織倫理
四国大学 看護学部看護学科 教授 稲田久美子
刑事裁判事例から考える看護倫理―看護師の爪ケアが事件となった刑事裁判
洛和会音羽病院 看護部長 永池京子

 

第2章 領域別 倫理場面の対応と考え方

1項 救急看護・集中ケア領域における看護倫理
 〈24〉

 〈25〉

 〈26〉

 〈27〉


 〈28〉



 〈29〉
クリティカルケア看護領域における倫理的問題と対応
りんくう総合医療センター 急性期ケア推進室 室長/急性・重症患者看護専門看護師 北村愛子
意思疎通が図れない患者の治療方針の決定〜治療の限界を宣告された家族支援を通して
JCHO 大阪病院 ICU・CCU/集中ケア認定看護師 澤井真理
自殺を企てて救急搬送された事例の倫理的ジレンマ
日本赤十字九州国際看護大学 教授 山勢善江
DNARの事前指示を確認した場合の延命中止と倫理的問題
山口大学大学院 医学系研究科保健学専攻看護学領域臨床看護分野 助教
急性・重症患者看護専門看護師 山本小奈実
親族優先の臓器提供を希望する家族の倫理的問題と解決への道筋
山口大学大学院 医学系研究科保健学専攻看護学領域臨床看護分野 助教
急性・重症患者看護専門看護師 山本小奈実
小児の集中治療・救急場面における看護倫理の考え方
岐阜県総合医療センター 小児看護専門看護師 若山志ほみ

2項 慢性疾患看護領域における看護倫理
 〈30〉

 〈31〉

 〈32〉

高齢の末期腎不全患者における治療法の意思決定支援に関する倫理的課題
公益社団法人赤磐医師会 赤磐医師会病院 透析療法指導看護師/透析技術認定士 大賀由花
認知症を合併している高齢2型糖尿病患者の薬物療法における倫理的意思決定支援
新潟県立小出病院 地域医療連携室 看護師長/慢性疾患看護専門看護師 上原喜美子
神経難病療養者における看護倫理
〜本人と家族の間で考えが異なるケースの倫理的課題と意思決定支援

東京都立神経病院 地域療養支援室 主任/日本難病看護学会認定難病看護師 工藤芽衣子
神経内科病棟 看護師 小野崎香苗

3項 周産期看護における看護倫理
 〈33〉

 〈34〉

 〈35〉


 〈36〉

新しい出生前診断法と生命倫理
医療法人社団HiROO 理事長/広尾レディース 院長 宗田 聡
NICUに長期入院している子どもとその家族の倫理的課題と対応
熊本市立熊本市民病院 小児看護専門看護師 鍬田晃子
妊婦の自己決定権と胎児の生存権・健康保持権との対立における倫理的課題と対応
〜切迫早産で入院中の妊婦が自己都合により退院を希望し,必要な治療を中断したケース
医療法人社団明石医療センター 母性看護専門看護師 中山亜由美
妊婦健診を受診していない妊婦への対応と課題
社会医療法人愛仁会 千船病院 MFICU 主任/母性看護専門看護師 濱田恵美子

4項 小児看護領域における看護倫理
 〈37〉

 〈38〉

 〈39〉

 〈40〉

 〈41〉

 〈42〉

小児の終末期ケアと看護倫理
兵庫県立こども病院 教育担当看護師長/小児看護専門看護師 濱田米紀
子どもへの病名告知をめぐる看護倫理
石川県立中央病院 小児看護専門看護師 羽場美穂
活動制限に対する倫理の考え方
北海道医療大学 看護福祉学部看護学科母子看護学講座 講師/小児看護専門看護師 加藤依子
児童虐待と看護倫理 親から子どもへの虐待が疑われる時の対応
甲南女子大学 看護リハビリテーション学部看護学科小児看護学 教授 友田尋子
小児の臓器移植と倫理の考え方 症例で見る看護倫理課題の考え方とポイント
三重大学医学部附属病院 小児トータルケアセンター 小児看護専門看護師 河俣あゆみ
子ども・家族が病院・医療に不信感を抱かないための看護倫理と考え方
東京都立小児総合医療センター 森の3番地(血液・腫瘍科)主事 齊藤洋子
空の2番地(整形外科・泌尿器科)主事 木立義人

5項 老年看護領域における看護倫理
 〈43〉

 〈44〉


急性期病院に入院した認知症高齢者の療養先決定における倫理的問題
JCHO 大阪病院 老人看護専門看護師 伊坪 恵
高齢者における人工的水分・栄養補給法の問題を考える
―臨床倫理学・臨床死生学の視点から
東京大学大学院 人文社会系研究科死生学・応用倫理センター上廣講座 特任准教授 会田薫子

6項 がん看護・緩和ケア領域における看護倫理
 〈45〉

 〈46〉

 〈47〉

がん告知に関する倫理的ジレンマへの対応
杏林大学 保健学部看護学科看護養護教育学専攻 准教授 角田ますみ
がん看護における患者・家族へのアプローチ
医療法人東札幌病院 副院長 長谷川美栄子
患者の思いと家族の思いが異なる場合
藤沢湘南台病院 がん看護専門看護師 林 ゑり子

7項 精神看護領域における看護倫理
 〈48〉

 〈49〉

 〈50〉

 〈51〉

精神科看護における倫理的課題の実態と課題解決のための倫理的感性・問題解決能力の育成
熊本大学大学院 生命科学研究部精神看護学 教授/精神看護専門看護師 宇佐美しおり
がん治療が必要となった精神疾患患者への意思決定支援の課題
医療法人清心会 八尾こころのホスピタル 看護部 精神看護専門看護師 川田陽子
統合失調症への治療拒絶・強制的介入をめぐる倫理的課題
公益財団法人積善会 曽我病院 精神看護専門看護師 田代 誠
人工呼吸器を拒否するALS患者へのリエゾン精神看護
神戸市立医療センター中央市民病院 リエゾンナース/精神看護専門看護師 川村修司

8項 家族支援と看護倫理
 〈52〉


 〈53〉


 〈54〉

 〈55〉


 〈56〉

 〈57〉

 〈58〉

家族が強い信念を抱いている場合の看護倫理と対応
〜ステロイド治療を拒否している場合
富山県立中央病院 小児病棟 看護師長/小児看護専門看護師 松井弘美
両親の間で考えが異なるケース
〜家族のコミュニケーションを促進し,意思決定を支援する看護
八戸市立市民病院 主任看護師/小児看護専門看護師 奥寺さおり
精神疾患などにより養育能力が不十分な家族
自治医科大学附属病院 地域医療連携・患者支援部 看護支援室 小児看護専門看護師 黒田光恵
経済的困難を抱え,家族機能が低い家族への対応
〜手術のため遠方から入院した子どもの在宅移行支援
岡山大学病院 小児看護専門看護師 半田浩美
未成年の親,家族への対応
広島大学病院 小児看護専門看護師 笹木 忍
統合失調症の娘による母親への虐待への介入
山口大学大学院 医学系研究科保健学系学域 教授/精神科認定看護師 山根俊恵
自殺企図患者の家族へのケア〜リエゾン精神看護のアプローチ
神戸市立医療センター中央市民病院 リエゾンナース/精神看護専門看護師 川村修司


巻末資料・索引

あとがき

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C) 2003-2014 nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671