ホーム > 書籍 > 看護師のための脳の解剖生理超入門 > 目次
目次

第1章 脳の組織解剖

 ●外側溝と中心溝

 右脳と左脳

 行動計画,社会性の前頭葉
   ヒトがヒトたるゆえんの場所

 記憶と情動の中心地である側頭葉
   海馬と扁桃体がキーワード

 空間的認識,情報分析の頭頂葉
   身体の感覚情報,視覚情報などを集めて分析

 視覚中枢の後頭葉
   網膜に映った画像を認識する場所

 運動の側面援助を行う小脳
   一連の動作のプログラムを収納

 運動,姿勢,筋緊張の調整および意思決定を行う大脳基底核
   パーキンソン病を理解するのに必須の場所

 生命維持活動センターである視床下部〜脳幹部
   体温,血圧,心拍,摂食,飲水,睡眠,意識などに関与

 脳の入れ物—頭蓋骨は三次元的理解が肝要
   後頭蓋窩は狭くて危険

 

第2章 脳の仕組みと働き

 優位半球の脳葉をまたいで存在する言語中枢
   言語中枢を有する方が優位半球

 本能の大脳辺縁系 VS 理性の前頭前野
   情動を起こす扁桃体の暴走を前頭前野が抑制する

 錐体路は運動ニューロンの大通り
   一方通行の大通りで延髄でクロス

 でんぐり返っても失神しない仕組み:自動調節能
   重力や体血圧が変化しても脳血流が揺るがないようにする必要がある

 脳には関所がある:血液脳関門
   関所は毛細血管にあり

 脳脊髄液は脳のクッション
   衝撃吸収の役割

 五感に関係の深い12脳神経
   脳から直接分岐して顔面に分布

 

第3章 他臓器とのチームプレイ

 自律神経:闘争の交感神経 VS 休息の副交感神経
   ヒトの意思とは別に独立して活動し続けている

 脳と腸管は相関している
   腸は第2の脳

 心の動きを身体に伝える神経伝達物質
   ストレスに対抗するノルアドレナリン,快感・やる気のドーパミン,
   落ち着きをもたらすセロトニン

 

第4章 脳解剖と疾病

 脳卒中 脳動脈の血流領域は脳の住所を反映しない

 脳腫瘍 脳腫瘍の住所は症状に反映する

 ウイルス 脳炎と髄膜炎の違い

 てんかん 症候性てんかんを理解するのに必要な解剖知識

 神経伝達物質 疾病,薬と神経伝達物質の密接なかかわり

 

 

現場の疑問を解消!Q&A

  Q1 脳実質とはどこのことですか?
  Q2 軸索と髄鞘の違いは何ですか?
  Q3

頭蓋骨は,"トウガイコツ"と"ズガイコツ"のどちらの読み方が正しいですか?

  Q4 高血圧性脳内出血と出血性梗塞の違いは何ですか?
  Q5 パーキンソン病とパーキンソン症候群の違いは何ですか?
  Q6 てんかんとけいれんの違いは何ですか?
  Q7 顔面神経(Vll)が障害されると,なぜ聴覚過敏になるのですか?
  Q8 動眼神経圧迫による瞳孔不同以外に,瞳孔不同を来す原因はありますか?
  Q9 橋出血で著明に縮瞳するのはなぜですか?
  Q10 上肢の麻痺後,手を握ることはできても,
手を開くことが困難になるのはなぜですか?
  Q11 抗血小板療法と抗凝固療法の違いは何ですか?
  Q12 V-Pシャント術(脳室腹腔シャント術)ではなく,
L-Pシャント術(腰椎腹腔シャント術)を選択するのはどんな時ですか?
  Q13 マンニトールとグリセオールの違いは何ですか?
  Q14 脳圧が朝高いのはなぜですか?
  Q15 脳ドレナージの圧設定値は何を基準に決めているのですか?
  Q16 脳ドレナージ内の拍動をどう考えたらよいですか?
  Q17 脳ドレナージ内の拍動がなくなったら,何を考えたらよいですか?
  Q18 看護師が脳ドレナージのミルキングをしてもよいですか?
  Q19 脳ドレナージのオーバードレナージはなぜ危険なのですか?
  Q20 クモ膜下出血でルンバールすると,なぜキサントクロミーなのですか?

 

脳領域の略語集

 検査系
 病名系
 脳血管系
 治療系
 その他

 

 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671