ホーム > 書籍 > 電子カルテの看護記録 > 目次
目次

第1章 看護記録の基本的な考え方
 ●病床機能分化に伴う看護記録の変化
 ●患者のための看護記録(パスも含む)
 ●病院経営のための看護記録
 ●自分のための看護記録 〜訴えられないためには〜
 ●記録に用いる用語
 ●【コラム】 他職種(多職種)が引用したいと思う,看護職が記録する患者情報

 

第2章 多職種で看護記録を活用するための方策
 ●内科医から見た考え方
 ●外科医から見た考え方
 ●チーム医療を支える患者記録
 ●【コラム】他職種からみた看護記録 診療情報管理士・臨床工学技士編

 

第3章 継続看護を支える看護記録
 ●病棟と外来の連携と電子化された看護記録の活用
 ●交代制を前提とした入院中の継続看護の看護記録
 ●退院支援(サマリ,入院時を含む)と記録〈入院中〉
 ●退院支援(サマリ,入院時を含む)と記録〈退院時〉
 ●外来における看護記録
 ●IT連携の事例に学ぶ継続看護における情報提供のあり方
 ●【コラム】 他職種からみた看護記録 薬剤師・医療情報技師編

 

第4章 監査に耐え得る看護記録のための対策
 ●記録の看護監査の概要
 ●内部監査
 ●外部監査(第三者による評価・指導)

 

第5章 看護記録を電子化するには
 ●システム構築のプロセス 〜パッケージユーザのあり方〜
 ●テンプレートの活用法 〜テンプレートを作ってみよう〜
 ●テンプレート活用の実際
 ●クリニカルパスのシステムと看護記録
 ●看護ケアの質評価への活用 〜看護実践を可視化する〜
 ●ケアの質評価(二次利用の視点)
 ●【コラム】他職種からみた看護記録 弁護士・医師編

 

巻末資料 看護記録の電子化Q&A

 


 

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671