ホーム > 書籍 > 看取りを支える介護実践 > 目次
目次

第1章 看取り介護の現状と展望

 1-1 つなぎ介護という名称の提案
 1-2 様々な場所で終末期を過ごすことができる社会が求められている

 コラム(1) ナミコさんの時計〜つなげたい思い

 

第2章 看取り介護のPDCA

 2-1 PDCAサイクルを構築するためのフローチャート
 2-2 看取り介護に関する診療報酬算定ルールとアドバンス・ケア・プランニングの役割
 2-3 終末期判定と余命診断について〜QODの視点から
 2-4 看取り介護指針を作成した理由とその要点
 2-5 愛する人の旅立ちにあたって
 2-6 リビングウイルの気持ちが揺れたらどうするか
 2-7 看取り介護計画作成の要点とその実際
 2-8 悔いのない看取り介護のためのスタッフ連携

 

第3章 職員教育に活かすノウハウ

 3-1 看取り介護は特別なケアではなく、日常介護の延長線上にあるもの
 3-2 看取り介護の評価の意味〜天のない介護の実践として
 3-3 デスカンファレンスから生まれた思いと新しいケアの方法論
 3-4 家族やスタッフの精神的負担を生まないエピソードづくり

 

第4章 看取り介護のQ&A

 4-1 救急車を呼ぶ看取り介護はあり得るのか
 4-2 看取り介護への様々な疑問に答えて〜Q&A方式での回答

 コラム(2) トシさんの戦争体験〜人生の最晩年期に寄り添う使命と責任

 

第5章 看取り介護からの学び

 5-1 PDCAサイクルとして求められる地域啓発活動としての終活セミナー
 5-2 あきらめない介護を考えるきっかけになった出来事
 5-3 家族を看取る機会を奪い取ることの罪
 5-4 高品質な看取り介護は、定着率の向上と顧客に選ばれる効果に結びつく
 5-5 死を語ることは愛を語ること
 5-6 自分の死に方、死に場所を考える意味
 5-7 寂しい看取り介護にさせない環境が望まれる
 5-8 旅立つ瞬間を看取る意味

 

第6章 看取り介護の課題

 6-1 新設されたターミナルケアマネジメント加算への要望
 6-2 命と向き合う重さ。生きる意味を問うという命題の困難さ
 6-3 命の期限の告知をめぐる諸問題
 6-4 老健におけるターミナルケアの現状と課題

 コラム(3) 和江さんの戦中・戦後〜過酷な運命を生きた人が最期に発した言葉

 

実務資料

 実務資料1特別養護老人ホーム 看取りに関する指針
 実務資料2看取り介護終了後カンファレンス報告書
 実務資料3看取り介護実施に関するアンケート
 実務資料4夜間緊急時の連絡・対応マニュアル

 

前のページへ戻る このページの最初へ

前のページへ戻る Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671