ホーム > 情報誌 > 隔月刊誌 臨床助産ケア スキルの強化 >11・12月号 目次





 11・12月号 目次

特集1

周産期における災害対策


災害時における助産師・看護師の役割
熊本大学大学院 生命科学研究部 環境社会医学 看護学講座
母子看護学分野 准教授
一般社団法人熊本県助産師会 会長
坂梨京子


災害発生時にも助産師にかかわってほしい
生涯を通じた女性の健康支援

東北福祉大学 健康科学部 保健看護学科 教授
三澤寿美


熊本地震の経験から学んだ震災対策
〜看護管理者の役割と行動
医療法人社団愛育会 福田病院 南病棟(LDR) 看護師長
福江恭子 ほか


災害発生時における産科施設の感染管理
医療法人社団スズキ病院 スズキ記念病院 感染管理認定看護師
小野寺奈美


助産学校での災害対策
医療法人社団スズキ病院 スズキ記念病院 看護部
鈴木千秋


仙台市との
「周産期福祉避難所への助産師の派遣協力に関する協定」
締結と宮城県助産師会の取り組み

一般社団法人 宮城県助産師会 災害対策委員
青山幸恵 ほか


定期的な机上訓練と災害時の分娩シミュレーション訓練
聖マリアンナ医科大学病院 総合周産期母子医療センター 主任/助産師
内野夏希 ほか


産科病棟における新たな災害時避難訓練の取り組み
〜助産師の災害対応能力向上を目指した研修
公益財団法人 天理よろづ相談所病院 産婦人科病棟 副師長
谷村千鶴


産科独自の防災マニュアルの作成と
災害シミュレーションの取り組み

JA秋田厚生連大曲厚生医療センター 産科混合病棟 助産師
佐藤真由


大規模地震と津波に備えた災害対策
〜アクションカードと患者カード作成に至るまで
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 総合周産期母子医療センター 助産師
福原恵美子 ほか


母児同室の褥婦が使う
オリジナルのトートバッグ型新生児避難具の開発

社会福祉法人恩賜財団 済生会兵庫県病院
地域周産期 母子医療センター 助産師
岡本絵莉 ほか


震災時に避難所で求められる助産師の救援活動
熊本地震での助産院倒壊を乗り越えて
うらさき檸檬助産院 院長
浦葡蜴q


 

特別企画

障がい児を産んだ母親が求める
早期からの助産師の支援(前編)
北海道文教大学 人間科学部看護学科 実習指導教員
末森結香


市町村を越えた産後ケア
助産院マタニティアイ 院長/助産師
成瀬 恵


 

連載

地域貢献につながる助産師の活躍[第3回]
お産停止のピンチをチャンスに変える!
広域紋別病院 主任助産師
久保田美智子


助産師・看護師に知っておいてほしい
LGBTの基礎知識[第4
回]
岡山大学大学院 保健学研究科 教授
中塚幹也


助産師が知っておくべき
麻酔の知識と急変時対応[第11回]

産科麻酔医から愛をこめて

昭和大学 医学部 麻酔科学講座 教授
加藤里絵


不育症の基礎知識と患者支援のポイント[第30回]
岡山大学大学院 保健学研究科 教授
中塚幹也


 



 

 
 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671