隔月刊誌 臨床助産ケア/B5変型判 88頁 年6回発行 年間購読料 17,310円(共に税込)

最新号の詳細はこちら   





Web記事&ダウンロード教材

両親学級でそのまま使えるスライドデータ

~災害時の備えと対応編~

手足口病―季節はずれの流行―

乳幼児の感染急増 RSウイルス

学生が実習中に困難と感じる助産診断

~学生はどのように困難を乗り越えているのか

助産師に知っておいて欲しい遺伝の話

コロナ禍でのペリネイタルロスケア

〜お母さん、お父さん、ご家族に寄り添う地域でのケアの実際

母親教室の中止決定

〜動画配信による妊産婦の支援

COVID-19を疑う産婦の分娩対応を含む
産科病棟での感染予防と対策

 読者専用サイトで続々更新予定!

複雑化する避難誘導を想定した
効果的なシミュレーション!

2022 5-6月号特集 詳しくはこちら



 

《お詫びと訂正》

2022年3・4月号のP.28,P.29の本文に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。



P.28 本文21行目

誤:「やがて写真7-Bのように,乳房緊満が落ち着いてくると」

正:「やがて乳房緊満が落ち着いてくると」



P.29 本文3行目

誤:「写真7-C」

正:「写真7-B」



PDFをダウンロード

最新号

2022 5・6月号

特集

災害に備えた準備と対応
医療保健機関×妊産婦×家族

災害対策の仕組み

~過去の災害の教訓から学べること~

産科混合病棟における
「地震災害シミュレーション」の取り組み

「災害に備える助産師のための減災ドリル
(旧:減災カレンダー助産師版)」の活用

災害時のフェイクニュースへの対策

災害時に向けた妊産婦への情報提供

災害時の母親・乳児の食事・栄養

~問題点への備えと対応策~

東京電力福島第一原子力発電所事故後の
福島県の母子保健から見る災害対策

「災害時のジェンダーに基づく暴力(GBV)」に
対応できる力を看護職者に

 

特別企画

妊婦面接とハイリスク妊婦のスクリーニング

~300件近くの面接経験から得た
 「この人になら話しても大丈夫」と思ってもらえる面接法~

特集・連載予定

2022 7・8月号

産前・産後 お母さんと家族の
メンタルヘルスケア

●妊産婦のメンタルヘルス~現状とこれから求められる介入

●産後うつの基本的な知識と相談の受け方・関わり方

●産後うつ傾向の予測~ベテランの経験値の活用

●統合失調症を持つ妊婦へのケア

●産後うつの予防に向けた心理教育的介入プログラムの活用

●就労妊婦のケア~妊娠と就労のバランスを保つ

●産後クライシス~生まれる前からの予防

特別企画

よりリアルに
消防署・救急救命士との産科救急合同勉強会
~シミュレーション教育、グループワークの工夫


2022 9・10月号

出産までに準備する
安産と出産育児のための身体の整え方


連載

これならできる!
妊婦の行動変容を促す食生活指導の具体策
[7-8月号より]

キャリアプランを描こう[7-8月号より]

心理援助の理論やエビデンスを
臨床助産ケアに活かそう!

不育症の基礎知識と患者支援のポイント

助産師が知っておきたい意思決定とその支援

仕方ない,マイナートラブルで済まさない
産前・産後の骨盤ケア

助産師に知っておいてほしい!
不妊治療のはなし

会陰保護 基本の振り返りと根拠

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 他の雑誌と比べて現場の助産師さんが書いている記事がタイムリーで、読んでいて面白いなと思うので購読を続けています。
  • 新型コロナについての記事が結構早くにネットに出ていたので、現場でも参考になり、ありがたかったです。
  • メンタルヘルスや新人指導に関することなどをよく読ませていただき、本当に参考にさせていただきました。今後も購読を続け、新しい知識を得ていきたいと思っています。
  • とにかく役立つ・知識が広がるということで数年継続して購読しています。
  • 特集も面白いのですが、バラエティ豊富な連載が面白いなと思って読ませてもらっています。
  • 産後ケアの部分に関しても大変参考にさせていただいています。多様な働き方に合わせて、今までのような情報を発信していただけると非常に助かります。
  • 新しい情報やそのとき一番興味があることが載っていて勉強になります。
  • 症例と対応、現場の実践が多くて良い!見やすくまとまっていて、研究発表の参考にもなっています!
  • 身近で日ごろ経験していることが具体的に載っていて、日々のケアにすぐ活用できる!
  • 読ませてもらっている一番の理由は、リアルな現場の声が多いのでとても共感でき、そしてそれを自分の助産に活かすことができるからでしょうか。特集されていた検診の記事も大変勉強になりました。
  • すごく時代にマッチしているというか、臨床の中で役立てられることが色々なところにちりばめられているのでとてもいいと思います。スタッフの皆にも回覧して読んでもらっています。
  • いろいろなテーマを載せていただいていますよね。とくに最近は産後ケアや災害だったり、当院でもやっているのでなかなか面白いなと思いながら読ませていただいています。
  • スタッフがけっこう興味があるようで、写真なども多くてわかりやすいと言っています。
  • 新人指導や助産の指導とか管理者とかいうのは、"なるほど、そうやっている施設もあるんだな"って思って参考にさせて頂きました。
  • 栄養フォローとか自分の興味がある部分は読ませて頂き、日頃の業務に生かせてありがたかったです。メンタルヘルスの特集も興味があるところだったのでしっかり読ませていただきました。