ホーム
> 専門誌 > 隔月刊誌 エンドオブライフケア > 1・2月号目次


 

 1・2月号 目次

特集

終末期の耐え難い苦痛に
対する鎮静


がん患者の治療抵抗性の苦痛と鎮静に関する
基本的な考え方
淀川キリスト教病院 緩和医療内科・ホスピス 部長/副医務部長
池永昌之


鎮静の必要性の判断と鎮静以外の方法の検討
東札幌病院 院長
照井 健 ほか


鎮痛と鎮静の正しい知識,在宅医療での課題,
家族ケアのあり方など多面的に考える

姫路聖マリア病院 緩和ケア病棟 内科部長
煖エ正裕


鎮静の実際
〜判断を迫られた家族にどう説明するか,どう支援するか
武蔵村山病院 総合支援相談センター 緩和ケア認定看護師
山蕪ヨ子


鎮静をめぐるACPの課題
京都民医連中央病院 緩和ケア科 科長/病棟医長
荻野行正


在宅医療での鎮静の実際と課題
〜「なんとめでたいご臨終」を迎えるために
小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック 院長
日本在宅ホスピス協会 会長
小笠原文雄


在宅での鎮静のベストプラクティス
しんじょう医院 院長
新城拓也


最期に鎮静を行った場合の家族へのグリーフケア
市立札幌病院 がん看護専門看護師 緩和ケア認定看護師
松山茂子


 

新連載

エンド・オブ・ライフケアの臨床倫理
東京大学大学院 医学系研究科 医療倫理学分野 客員研究員
箕岡医院 院長/日本臨床倫理学会 総務担当理事
箕岡真子


 

連載

がん放射線療法看護
症状緩和目的の放射線治療と患者ケア

中京学院大学 看護学部 成人看護学 専任講師
がん看護専門看護師/がん放射線療法看護認定看護師
日浅友裕


エンド・オブ・ライフを支える家族ケア
東京慈恵会医科大学附属病院 家族支援専門看護師
児玉久仁子


AYA世代がん患者への精神・心理的支援
東北大学大学院 教育学研究科 教育心理学講座
臨床心理学分野 准教授
吉田沙蘭


人生の夕暮れに僕らが本当に受けたい医療を語ろう
横浜市立大学 総合診療医学 准教授
日下部明彦


認知症の人の
人生の最終段階の過ごし方と意思決定支援

学校法人 銀杏学園 熊本保健科学大学 保健科学部 看護学科 講師
キャリア教育研修センター 認定看護師教育過程
認知症看護分野 主任教員
脳卒中リハビリテーション看護分野 専任教員/老人看護専門看護師
飯山有紀


死の臨床に向き合い,受けとめるために
関西大学 人間健康学部 教授
村川治彦


実践施設に学ぶ!患者の「生きる」を支えるPCT
〜当院の緩和ケアチーム活動実践報告

株式会社麻生 飯塚病院 緩和ケア認定看護師
宮崎万友子 ほか


介護施設で実践する
デスカンファレンスとグリーフケア

社会福祉法人ひだまり 介護環境アドバイザー
山下総司


死を語ることは,愛を語ること
北海道介護福祉道場 あかい花 代表
菊地雅洋


これだけは知っておきたい
葬送儀礼とエンディング

燦ホールディングス株式会社 経営企画部
廣江輝夫


注目! がん看護における
最新エビデンス

東北大学大学院 医学系研究科 保健学専攻
緩和ケア看護学分野 教授
宮下光令


最前線の現場から。
在宅ケアと家族支援と看取りの日々
大坪医院(在宅緩和ケア充実診療所)看護師
大坪よし子


最期まで自宅で過ごしたい
地域を支える診療所の実践
医療法人社団五雲堂 齋藤醫院 院長
久留米大学 医学部外科 非常勤講師
齋藤如由


 

 


 
 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671