ホーム
> 専門誌 > 隔月刊誌 エンドオブライフケア > 3・4月号目次


 

 3・4月号 目次

特集

人工栄養療法をめぐる
エンドオブライフ ディスカッション


人生の最終段階を支えるACPとEOL discussion
国立長寿医療研究センター 在宅医療・地域連携診療部 地域医療連携室長
緩和ケア診療部 エンドオブライフケアチーム医師
西川満則


地域住民ともしもの時の話し合い
〜「もしバナカードTM」を用いたワークショップを開催して
亀田総合病院 疼痛・緩和ケア科 緩和ケアサポートチーム
緩和ケア認定看護師
千葉恵子


終末期における経静脈栄養をめぐる選択
川崎医科大学総合医療センター
総合内科 副部長/特任准教授
小原弘之


高齢者の経腸栄養について知っておくべきこと
〜死に至るまでのBMIと栄養摂取量の推移から
東京有明医療大学 看護学部 看護学科
大学院看護学研究科 教授
川上嘉明 ほか


認知症の人の経口摂取のリスク評価と
摂食嚥下リハビリテーション

旭川医科大学 医学部 看護学講座 教授
山根由起子


認知症の人の食形態の選択をめぐる
EOL discussion

社会福祉法人福寿 特別養護老人ホームさわやかの郷
管理栄養士
石田加代子


胃瘻をめぐる意思決定
〜家族の気持ちに寄り添い,どう支援するか
臼杵市医師会立コスモス病院 第一外科部長
小川 聡 ほか


脳腫瘍術後患者の在宅療養に向けた
人工栄養療法をめぐる選択と意思決定支援

福岡徳洲会病院 摂食・嚥下障害看護認定看護師
赤城さゆり


 

特別企画

看護師主導の早期からの専門的な緩和ケア
〜IOP(がん治療と緩和ケアの統合)に向けた介入の実際
国立がん研究センター東病院 緩和医療科 特任研究員
沖普@歩 ほか


 

新連載

がん患者の症状緩和に使われる薬の知識
日本医科大学付属病院 薬剤部
伊勢雄也


化学療法中に起こる症状への対応とケア
埼玉県立がんセンター がん化学療法看護認定看護師
吉田絢美


 

連載

エンド・オブ・ライフケアの臨床倫理
東京大学大学院 医学系研究科 医療倫理学分野 客員研究員
箕岡医院 院長
日本臨床倫理学会 総務担当理事
箕岡真子


認知症の人の
人生の最終段階の過ごし方と意思決定支援

学校法人 銀杏学園 熊本保健科学大学 保健科学部 看護学科 講師
キャリア教育研修センター 認定看護師教育過程
認知症看護分野 主任教員
脳卒中リハビリテーション看護分野 専任教員/老人看護専門看護師
飯山有紀


がん放射線療法看護
症状緩和目的の放射線治療と患者ケア

中京学院大学 看護学部 成人看護学 専任講師
がん看護専門看護師
がん放射線療法看護認定看護師
日浅友裕


死の臨床に向き合い,受けとめるために
京都文教大学 総合社会学部 准教授(宗教学・チベット仏教)
永澤 哲


実践施設に学ぶ! 当院緩和ケア支援チームの活動
〜患者の思いをつなぐ
 アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の実現を目指して

公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立うわまち病院
緩和ケア認定看護師
清雲聡子


人生の夕暮れに僕らが本当に受けたい医療を語ろう
横浜市立大学 総合診療医学 准教授
日下部明彦


最期まで自宅で過ごしたい
地域を支える診療所の実践

医療法人カーサミア やまおか在宅クリニック 理事長/院長/医学博士
大分大学 医学部 臨床教授
大分大学 医学部 非常勤講師
山岡憲夫


これだけは知っておきたい
葬送儀礼とエンディング

株式会社公益社 エンバーミング事業部
宇屋 貴


死を語ることは,愛を語ること
北海道介護福祉道場 あかい花 代表
菊地雅洋


 

 


 
 
前のページへ戻る このページの最初へ

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671