隔月刊誌 臨床看護記録/A4変型判 104頁  年6回(偶数月の20日)発行 入会金 3,000円 年間購読料 14,680円(共に税込)

日総研

商品番号商品番号【12・1月号】2591200 | 商品番号【2・3月号】2500200 | 商品番号【4・5月号】2500400

読者専用ダウンロードサイトはこちら

 

 

 

4月リニューアル

最新号

2019 12・1月号

特集1

看護記録の監査と質向上への
モチベーションを上げるために

看護記録の充実と監査に対する
モチベーションを高めるための多角的な取り組み

看護記録監査をきっかけに看護への意欲を引き出す

―自己監査とラウンド監査から見えた現状と課題を通して

意見を出し合って作り上げた
標準看護計画への移行とその監査

特集2

患者の状態やケア内容が見える
経時記録の書き方

急変・事故発生時に記録すべきこと

~訴訟における記録の扱われ方を踏まえて

医療・看護チームが連携し
看護実践を正確・的確に記載する

~急変時の看護記録のあり方

患者急変時における
経時記録の記載ポイント

特別企画

看護記録の質向上に向けた
看護記録委員会活動の展開とその評価

アセスメント能力育成のための教育・指導

考える力を養う



特集・連載予定

2020 2・3月号

カンファレンスを活用しての
退院支援の実際

 ●退院支援にかかわるカンファレンスと診療報酬

 ●効果的な退院支援につなげていくための
  カンファレンスの取り組みと記録活用の重要性

 ●急性期病棟におけるツールを使用した
  退院支援カンファレンスへの取り組み

 ●地域包括ケア病棟における
  退院支援チェック表の作成とカンファレンス記録の充実

 ●カンファレンスによる
  多職種連携・情報共有と退院支援の進め方

患者家族からの要望を確認し記録する

 ●患者の要望をつなげる看護計画

 ●患者・家族の「どうありたいか」という意思を引き出し、
  課題に主体的に取りこめるようにするための支援

 ●外来における患者支援の基本的な流れと実践例

 ●心臓カテーテル検査を受ける患者の事例


2020 春号

総力特集
看護記録システムを大幅見直し!

「働き方改革」を受け、看護においても「働き続けられる仕組みを創る。その仕組みは実現可能で、持続可能な仕組みであること、看護職が生涯にわたって、安心して働き続けられる環境づくりを構築し推進する」仕組みづくりが求められています。そのネックとなるのが看護記録。時間外労働を減らすためにも看護記録のあり方が問われています。本特集では、それぞれの病院での記録システムを大幅に見直された取り組みを紹介します。


連載

記録と看護ケアの質向上と
効率化を目指した看護パス活用[2-3月号より]

病院経営の視点でとらえた記録の着眼点[2-3月号より]

ICTの活用による業務・記録の改善と
看護の質向上を目指して[春号より]

認知症やせん妄に関する
重症度,医療・看護必要度の評価,記録

リレー連載

私たちの記録委員会活動

診療科別の事例で学ぶ! 見える記録の誌上添削塾

看護記録の質向上を目指した
アクションプログラム

伝わる文章の書き方

記録力を高める! 看護現場での指導法

わかる! できる! 看護記録監査
看護実践レベルの向上を目指して

電子カルテとの上手な付き合い方

 

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 重症度、医療・看護必要度の監査方法や評価精度の見直しを行っていますので,特集や連載の内容がとても役に立ちました。
  • 記録委員会とリンクナースとの結びつき,看護過程研修の工夫など、看護記録委員会の取り組み事例が具体的で、大変参考になります。
  • アセスメント能力の向上を記録の視点から捉えているので、臨床現場の状況に落とし込んで理解が深まります。
  • いろいろな施設の看護記録の実践事例が読めるのがうれしいです。
  • 看護記録監査の取り組み内容がとても参考になり,監査表や進め方の改善に役立っています。
  • 記録が書けない、看護が見えない記録になっている、SOAPが書けていない…など、日々の記録業務にまつわる課題を、具体的な実践例で紐解いてくれるので、重宝しています。
  • 看護診断学習会をどう組み立てて、院内で指導していくべきか、活用事例が豊富で、とても参考になります。
  • 病院機能評価を受審するにあたって、記録とのつながりがみえる記事内容がわかりやすくて、とても良かった。
  • 最近、話題となっている、多職種との記録や入退院調整に絡めた記録、PNSでの記録も載っているので、セクションごとのケアのレベルアップの見直しに役立てています。
  • 電子カルテでの省力的な記録業務の改善、様々なテンプレートの工夫についても載っているので、とてもありがたいです。