隔月刊誌 病院安全教育 日総研

隔月刊誌 病院安全教育/A4判 128頁  年6回発行 年間購読料 25,320円(共に税込)

日総研

商品番号【10・11月号】5291000 | 商品番号【12・1月号】5291200 | 商品番号【2・3月号】5200200

読者専用ダウンロードサイトはこちら

ダウンロード教材・資料を毎回付録!過去の資料・記事の中からご要望の多いものも再掲載する新サービスも開始

▼10-11月号のダウンロード教材・資料内容

■ 医療安全管理日誌(日報)のフォーマット

■ 発達障害のチェックリスト

■「コミュニケーションと医療安全」講義用スライド ほか多数!

▼10月更新

● インシデント報告書の"工夫・改善"ポイント

▼7月更新

● 殺人・暴行・横領・窃盗・情報漏洩etc...病院の事件対策

● 褒めてつくろう安全文化

▼6月更新

●「ヒヤリ・ハット劇場」12年間の成果とその本質 ほか

医療安全応援サイト どなたでもアクセス歓迎!

◆◇◆キャンペーン情報◆◇◆

院内研修に使える「デジタル問題集 はじめての医療安全管理学入門」は、こちらから!

◎ご感想やご要望はこちらまでps@nissoken.com


最新号

2019 10・11月号

特集1

それは適正? 効果的?
「ダブルチェック」再考

医療現場におけるダブルチェックの現状と課題

~誤りを犯す性質を持つ「人間」が2人で確認することのリスクとは

[座談会]ダブルチェック,効果的に運用されていますか?

効果的なダブルチェックへの見直し

最終与薬場面における一人双方向型照合手順のルール化

~導入・定着・標準化の取り組み

注射エラーと確認行動に対する看護師の意識

~ダブルチェックの見直し

ダブルチェックが機能しない時

~2人の「心の中」で何が起こっていたのか?

安直な「チェック強化」の危うさと,
有効なチェックにする2つの解決策

~総合的な視点による「効果的なダブルチェック」の具体例

ダブルチェックで事故は防げていますか?

事例1:注射薬のダブルチェックによる誤投与防止の取り組み

事例2:注射準備時のダブルチェック標準化に向けての取り組み

特別企画

医療安全管理者の基本
医療安全管理日誌(日報)と運用

~南大阪医療安全ネットワーク活動報告

発達障害傾向のある人が起こしやすい
ヒューマンエラーのメカニズムの理解

~スリップ・ラプス・ミステイクの観点から

新連載

エラー対策としてのストレスマネジメント

医工連携で医療安全!

武田信玄と安全

特集・連載予定

2019 12・1月号

手術室の安全文化促進

特別企画

酸素切れ事故を防げ!

酸素ボンベ残時間計算タイマー開発ストーリー

パワハラ・セクハラ・マタハラ

ハラスメントに関するトラブルにどう対応するか?


2020 2・3月号

よくわかる!
医療安全の基礎知識・基本認識

特別企画

医療者が知っておくべきせん妄の知識


2020 4・5月号

患者誤認の防止


2020 6・7月号

部署別・職種別 安全推進トピックス


2020 8・9月号

異業種に学ぶセーフティマネジメント


連載

担当弁護士の裁判レポート

乳腺外科医の準強制わいせつ事件に対する
無罪判決の経緯からみる医療安全への試み[12-1月号より]

病院の健全性を高めるための組織開発入門[12-1月号より]

ペイシェントハラスメントへの対処法

―理論と実践、分析と抑止[20年4-5月号より]

医療安全を組織的に保証するための知識を学ぶ

コラム 前向き医療安全

〜医療安全コラム〜

徒然なるままに徒然なるものから学ぶ

医療安全研修が変わる!

効果的な研修の「考え方」と「組み立て方」

ストーリーで学ぶ

医療安全管理者のためのノンテク導入塾

南信州医療安全ネットワークにおける
医療安全連携の実際

眠らせない! 身に染みる!

訴訟事例を題材にした医療安全研修

チーム医療のための
コンピテンシーとチームトレーニング

診療放射線技師の医療安全管理者奮闘記

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 現場のスタッフを説得するとき「他病院ではこうしている」と伝えるのに役立っています。
  • 各委員会(医療安全、記録、教育など)への情報提供に活用しています。
  • 現場から相談を受けた時に「回答」する際の知恵袋的に使っています。
  • インシデント関連の情報が多く資料も豊富なので、対策立案や仕組みの改善の参考にしています。
  • そのまま真似られる他施設のマニュアルやチェックリストなどの様式が載っていてありがたい。業務改善計画書式などを参考にさせてもらいました。
  • WEBコンテンツの動画やスライドを講義で使わせてもらったり、院内eラーニングに流し込んで使ったりしています。
  • 最初は個人で購入しましたが、仕事に必須なので途中から病院で買ってもらうようにしました。
投稿募集 気軽に安全推進活動体験レポート