隔月刊誌 病院安全教育 日総研

隔月刊誌 病院安全教育/A4判 128頁  年6回発行 年間購読料 25,320円(共に税込)

日総研

商品番号【12・1月号】5291200 | 商品番号【2・3月号】5200200 | 商品番号【4・5月号】5200400

読者専用ダウンロードサイトはこちら

ダウンロード教材・資料を毎回付録!過去の資料・記事の中からご要望の多いものも再掲載する新サービスも開始

▼12-1月号のダウンロード教材・資料内容

■ 治療開始前登録票・症例報告書

■ 手術室KYTシート

■ 「人工呼吸器の遠隔モニタリング」&
  「輸液ポンプの遠隔モニタリング」資料(カラー版)

■ 「コミュニケーションと医療安全」講義用スライド

▼12月更新

● チームワーク演習 お手軽プログラム&教材集
 【勇気を持って伝えるアサーション編】

▼10月更新

● インシデント報告書の"工夫・改善"ポイント

▼7月更新

● 殺人・暴行・横領・窃盗・情報漏洩etc...病院の事件対策

● 褒めてつくろう安全文化

 

医療安全応援サイト どなたでもアクセス歓迎!

◆◇◆キャンペーン情報◆◇◆

院内研修に使える「デジタル問題集 はじめての医療安全管理学入門」は、こちらから!

◎ご感想やご要望はこちらまでps@nissoken.com


最新号

2019 12・1月号

特集

手術室の安全文化促進

医療安全管理者に知ってほしい
手術室の安全推進・連携のポイント

「手術部インシデントリスト」を活用した報告数増への取り組み

当院における手術終了後タイムアウト導入の取り組み

鏡視下手術施行全患者を対象とした
オカレンス報告システムの構築と評価

KYTによる手術室の安全教育

消化器外科手術における医療安全レジリエンスの取り組み

チーム医療が医療の質を担保する

~MIStチームビルディングの経験から

特別企画

酸素切れ事故を防げ!
酸素ボンベ残時間計算タイマー開発ストーリー

ハラスメント(パワハラ・セクハラ・マタハラ)に関する
トラブルにどう対応するか

 

新連載

事件を担当した弁護士の裁判レポート

乳腺外科医の準強制わいせつ事件に対する
無罪判決の経緯からみる医療安全への試み

特集・連載予定

2020 2・3月号

もっと伝わりやすく!
医療安全の基礎知識と研修

 ●[アンケート報告]どうしてますか? 医療安全研修

 ●「医療安全用語」豆辞

 ● 出講経験の豊富な講師たちに聞く!
  心得ておきたい「院外講師」招聘のポイント

 ●「医療安全管理者のお仕事」90分講座

 ● 医療安全交流会レポート

 ● 模擬患者(SP:Simulated Patient)を取り入れた
  医療コミュニケーション研修

 ● KYTを取り入れた研修のポイントと
  ノンテクニカルスキルを学ぶ演習のコツ

 ● 患者誤認を防ぐ動画研修と指差し呼称ロールプレイ

 ● お互いの目線を合わせて伝える!
  スケッチブックを活用した紙芝居形式の教育ツール


2020 4・5月号

患者誤認の防止

医療安全委員会、事例検討…
組織横断的に「話し合う場」の活性化

特別企画

山梨OQT eラーニング教材 2020年度版


2020 6・7月号

部署別・職種別 安全推進トピックス


2020 8・9月号

異業種に学ぶ セーフティマネジメント


2020 10・11月号

職員の「安全意識」啓発アイテム


2020 12・1月号

地域連携、遠隔治療…
広がる「病院の安全」の視野


連載

医療安全の当事者意識を育む!

病院の健全性を高めるための組織開発(OD)入門

心理的安全性、レジリエンス、フォロワーシップ[2-3月号より]

ペイシェントハラスメントへの対処法

理論と実践、分析と抑止[4-5月号より]

エラー対策としてのストレスマネジメント

医療安全を組織的に保証するための知識を学ぶ

医工連携で医療安全!

~医療安全コラム~

徒然なるままに徒然なるものから学ぶ

コラム 前向き医療安全

チーム医療のための
コンピテンシーとチームトレーニング

眠らせない! 身に染みる!

訴訟事例を題材にした医療安全研修

武田信玄と安全

医療安全研修が変わる!

効果的な研修の「考え方」と「組み立て方」

ストーリーで学ぶ

医療安全管理者のためのノンテク導入塾

南信州医療安全ネットワークにおける
医療安全連携の実際

診療放射線技師の医療安全管理者奮闘記

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 現場のスタッフを説得するとき「他病院ではこうしている」と伝えるのに役立っています。
  • 各委員会(医療安全、記録、教育など)への情報提供に活用しています。
  • 現場から相談を受けた時に「回答」する際の知恵袋的に使っています。
  • インシデント関連の情報が多く資料も豊富なので、対策立案や仕組みの改善の参考にしています。
  • そのまま真似られる他施設のマニュアルやチェックリストなどの様式が載っていてありがたい。業務改善計画書式などを参考にさせてもらいました。
  • WEBコンテンツの動画やスライドを講義で使わせてもらったり、院内eラーニングに流し込んで使ったりしています。
  • 最初は個人で購入しましたが、仕事に必須なので途中から病院で買ってもらうようにしました。
投稿募集 気軽に安全推進活動体験レポート