隔月刊誌 病院安全教育 日総研
         

隔月刊誌 病院安全教育/B5判 96頁+Webマガジン  年6回発行 年間購読料 25,320円(共に税込)

最新号の詳細はこちら




医療安全10分レクチャー
WEB資料ライブラリ Webマガジンからご利用いただけます




新米医療管理者のための3つの話

SE☆五郎のサイバーセキュリティ対策2024




詳細はこちら



6-7月号 web連載 医療安全管理者に必須の安全管理+質改善スキルとは?



この時期に最前線で活動されている皆さまへ 心と身体のサポートツールを提供


医療安全応援コーナー「EARRHプロジェクト 研修用アニメーション動画」

※再生を開始すると音声が流れますのでご注意ください


〈Webコンテンツ内の「Web資料ライブラリ」からダウンロード可能(読者限定)〉




最新号

2024 6・7月号

特集

タスク・シフト/シェアで広がる
医療安全の輪

医師の働き方改革の実施が医療に与える影響

特定行為研修修了看護師として行う
インスリン投与量調整と在宅療養支援へのかかわり

法令改正により新たに認められた
臨床検査技師の業務を励みとして

~目指せ! 病棟常駐検査技師

臨床工学技士のタスク・シフト/シェアへの実践と医療安全

動画 【Web掲載】

院内e-ラーニングで活用できる!

医療安全10分研修動画 常設展示室

新米安全担当者が知っておくべき3つのハナシ[New]

みんなに伝えたい! 医療安全伝川柳[New]

サイバーセキュリティー対策2024[New]

医療安全ワンポイントレッスン

人間関係のコツ10分レクチャー

特別企画

IC記録と説明同意書の紐づけ,患者理解度の記載

病棟担当栄養士の介入の実際と医療安全への取り組み

新連載

薬剤部と看護部の協働!

薬剤看護安全会議の取り組み

私たちが「薬剤看護安全会議」を立ち上げた理由

連載

医療安全×減災対策

電子カルテシステムダウンの影響

医療安全管理者の業務の要点

~こんな時どうしてます? 私はこうしてます!

各部署の医療安全推進者とのかかわり

医療安全管理者の駆け込み寺

医療情報部のSE☆五郎です!

医療情報システムのセキュリティーを強化する

臨床心理士の医療安全ものがたり

医療安全のピアサポートやっています

キワモノ大原

医療安全孤高の戌侍

3年交代人事

~医療安全コラム~

徒然なるままに徒然なるものから学ぶ

療養型病院での患者確認の現状・課題とその対策

0(ゼロ)からの医療安全

~ひとりで行くより,みんなで行こう!~

医療安全管理者がいない!?

手術中の医療安全対策

胸骨正中切開,胸腔鏡下手術,ロボット支援下手術

臨床の場におけるELSIを考える

治療の拒否と選択とは①

【Web掲載】

ストーリーで学ぶ

医療安全管理者のためのノンテク導入塾

「目的」に関する情報について生成AIと考える

特集・連載予定

2024 8・9月号

安全を実現する、業務改善アイデア集 vol.1

診察室での患者誤認発生がゼロに!
「はなれない」マークで転倒3bゼロ達成!
TWI-JIを用いた教育方法で、経験者並みに業務を行うスタッフを増やせた
レジリエンス(復元力)が機能する条件を見つけた
消防訓練にアクションカードを導入
嚥下評価後の「食べるときの注意点」をSTが作成
ニードルレスコネクタの接続外れ減少

特別企画


坂根みち子先生の

医療安全管理者が知っておくべき医療事故調査制度の要点

〜その現状と課題〜


2024 10・11月号

種田憲一郎先生プランニング
「チームSTEPPS最新事情」

AHRQのTeamSTEPPS®プログラムは2023年5月に,従来の2.0から3.0に更新されています。それらの米国における最新情報に加え,国内で積極的に活動している施設からの現状報告を,国立保健医療科学院の種田憲一郎先生のプランニングでお届けします。


今後の連載予定

松田晋也先生プロデュースによるリレー連載 第2弾!

医療安全に携わる臨床工学技士の活動レポート
[24年12-1月号から全9回]

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 現場のスタッフを説得するとき「他病院ではこうしている」と伝えるのに役立っています。
  • 各委員会(医療安全、記録、教育など)への情報提供に活用しています。
  • 現場から相談を受けた時に「回答」する際の知恵袋的に使っています。
  • インシデント関連の情報が多く資料も豊富なので、対策立案や仕組みの改善の参考にしています。
  • そのまま真似られる他施設のマニュアルやチェックリストなどの様式が載っていてありがたい。業務改善計画書式などを参考にさせてもらいました。
  • WEBコンテンツの動画やスライドを講義で使わせてもらったり、院内eラーニングに流し込んで使ったりしています。
  • 最初は個人で購入しましたが、仕事に必須なので途中から病院で買ってもらうようにしました。