隔月刊誌 介護人財 教育研修支援教材/B5変型判 72頁 年6回(奇数月の20日)発行+研修教材のWeb配信 入会金 3,000円 年間利用料 22,020円(共に税込)

本誌は、2024年7月より季刊(年4回配本)となります。

年間購読の開始号により配本回数が変わります(購読料は変わりません)

購読開始月 配本形態
23年 9・10月号 年間6冊配本(9・11・1・3・5・7月) + 「学びの窓」年間利用
23年 11・12月号 年間5冊配本(11・1・3・5・7月)  + 「学びの窓」年間利用
24年 1・2月号 年間5冊配本(1・3・5・7・10月)  + 「学びの窓」年間利用
24年 3・4月号

年間5冊配本(3・5・7・10・1月)  + 「学びの窓」年間利用

24年 5・6月号 年間5冊配本(5・7・10・1・4月)  + 「学びの窓」年間利用
24年 夏号(7月)以降 年間4冊配本(7・10・1・4月)  +「学びの窓」年間利用

最新号

2024 1・2月号

特集

介護スタッフの確保と成長支援の好事例
本当は教えたくない
採用・定着のアプローチ

星風苑の働き方改革 週休3日制の導入

職場マッチング見学会

見守り業務を介護業務から切り離し、
誰でも気楽に働ける施設運営

人間関係を良好にする「人間力評価」の取り組み

離島における人財確保 ~これまでの成果と現在の取り組み

夫婦応援制度・奨学金返済支援制度で職員をサポート

学校・行政・ハローワークと連携した
介護職員採用プロジェクト

外国人介護士の採用と定着に向けた取り組み

特集・連載予定

2024 3・4月号


〈2024年制度改正&報酬改定〉

何をどうする?
新年度の体制づくりと対応のヒント

●ICT機器や介護ロボットの導入前に知っておきたい「介護DXの落とし穴」

●リフトの活用による自立支援&業務改善

●介護スタッフに伝えておきたいLIFEの話

●ICT機器を活用した看取り期の対応

●終末期の家族対応と医療との連携

●認知症ケアのグレーゾーンと指導・教育の具体策

●要介護高齢者の思いを支える自立支援-個別の目標づくりとケアの周知徹底

●自立支援につながるフットケア/靴選び


2024 5・6月号

〈先進施設に学ぶ〉

ロボット・ICTを活用した
介護サービス&職場づくり


2024 夏(7月)号

〈チームで取り組む〉

自立支援・重度化防止に向けた
科学的介護の実践例

〈自らトラブルを招いていませんか?〉

やってはいけない認知症ケア


2024 秋(10月)号

〈ここまでできたら合格点!〉

認知症対応/看取り/虐待防止のスタッフ研修

〈あなたはどのタイプ?〉

"自分の強み"を生かしたリーダーシップ


2025 冬(1月)号

〈"今どき"の心をつかむ〉

介護スタッフの採用&定着の好事例

〈実効性を高め、備える〉

介護事業におけるBCPの見直し/更新のポイント


連載

間違いだらけの運動療法

認知症の人の心を穏やかにする

認知症マフ 伝え方・教え方

介護百人一首

新提案! 「今できること」から始めるACP

エフェクチュエーション的思考による支援のすすめ

高齢者ケアにおけるイライラ感情との向き合い方

ゆり子先生の

ちょっとこころを軽くする話

いつもと何かが違う!

高齢者の観察ポイントと急変時の対応

変わらなきゃ! 介護業界

人財を呼び込む魅力ある職場への道筋

バリデーションの現場実践と
伝え方・教え方

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • コーチングやアンガーマネジメントなど、マネジメント系の特集を
    主任やリーダーに読んで欲しいと思い購入しました。
    基本的なこと ですが、学んでもらう機会がなかったので助かっています。
  • WEB教材は事例が多く、ちょっとした研修ネタに使いやすいです。
  • パワーポイントの教材を改変して、施設内研修で活用しています。
    今までは最初から自作していましたが、手間が省けて楽になりました。
  • 本格的に外国人介護士の採用を考えていました。
    ちょうどよく特集が あったので参考になりました。
  • 人材不足の中で苦労しています。
    採用だけでなく育成にも力を入れなければと思っていたところで、
    この雑誌に出会いました。
    教材が使い放題、 雑誌もついてくるというのはありがたいです。