隔月刊誌 手術看護エキスパート/A4判 112頁 年6冊(奇数月)発行 入会金 3,000円 年間購読料 22,680円(共に税込)

読者専用ダウンロードサイトはこちら



登録はこちら

友だち追加

LINEにお友だち登録して
簡単なアンケートにお答えいただけると、
セミナー会場や展示会場で使える書籍割引クーポンを進呈!

最新号

2020 5・6月号

特集1

気になる洗浄・滅菌管理,
環境調整,材料管理Q&A

ペンで滅菌バッグ(包装ビニール)に
滅菌日時,期限を記載してもよいでしょうか?

滅菌物に綿布の滅菌ドレープをかけて保管,
これってOKでしょうか?

洗浄できない機器などは拭くだけでよいでしょうか?

医師から再滅菌の指示がありましたが,
どうすべきでしょうか?

フラッシュ滅菌(ハイスピード滅菌)は
どこまでOKでしょうか?

滅菌コンテナの中に異物が入っていたら
再滅菌すべきでしょうか?

業者貸出し手術器械は,
器材チェック後の洗浄は不要でしょうか?

業者貸出し手術器械を滅菌する際,クルムが破れたり,
乾燥不十分になったりすることがありますが,
なぜでしょうか?

滅菌物・SUDを開封しただけで使用しませんでしたが,
どうしたらよいでしょうか?

HIV,CREなど耐性菌感染患者の手術に使用する
器械の取り扱いはどうすればよいでしょうか?

SUDの再滅菌が習慣化されてしまっているような時に
どう対応したらよいでしょうか?

〈洗浄・滅菌や物品管理,環境調整の取り組み編〉

当手術室における洗浄・滅菌物,材料などの
管理や保管,環境調整の実際と工夫①

当手術室における洗浄・滅菌物,材料などの
管理や保管,環境調整の実際と工夫②

特集2

新人・初級者教育で押さえておきたい
「手術室で必要な看護技術」
《ノンテクニカル領域の看護技術編》

社会人基礎力を踏まえた手術室で
必要なコミュニケーション・テクニック

手術室に潜む危険から患者を守る取り組み

〜リスク感性を高め,他職種と連携し,安全な手術を提供するために

新連載

手術室ナースが知っておきたい
小児麻酔の基礎知識

手術室ナースが知っておきたい!
ナラティヴの理解と実践

特別企画

ニュートラルゾーンの導入と管理の実際

特集・連載予定

2020 7・8月号 特集

昨今の医療動向の中で果たすべき
手術室看護師の役割

●現在の医療を取り巻く情勢と手術室看護師が果たすべき役割《概論》
●術前に手術室看護師が果たすべき具体的役割・取り組み
●術中に手術室看護師が果たすべき具体的役割・取り組み
●術後に手術室看護師が果たすべき具体的役割・取り組み
●退院支援・在宅における手術室看護師としての役割
●特定行為と手術室看護師のかかわり
 ―手術室看護師は特定行為として何ができるか
●周麻酔期における手術室看護師としての役割、特定行為が目指すところ


2020 9・10月号 以降特集

実際に起きたら対応できる?
術中いざというケースへのスタンバイ

手術場面ごとにみる手技のディテール

手術室看護師も知っておきたい
画像検査の読み方


連載

手術室におけるMEのかかわり[7-8月号より]

手術室における看護倫理[7-8月号より]

術前外来の効果的な方法[7-8月号より]

マグネットホスピタル認証施設の
手術室にみる業務の質改善[7-8月号より]

手術室における体温管理の重要性

手術室安全医学の実際

手術看護研究・分析指南塾
手術室ナースのエビデンス
〜統計学で示す手術看護の証明

術前から術後までの流れ・場面ごとにみる
手術看護に必要な臨床判断

認定看護師の頭の中が丸見え! 全部見せます!
手術看護認定看護師の看護過程

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • とても内容がわかりやすいです。それと、テーマがタイムリーだなと思いますね。
  • テーマがタイムリーな感じで、このようなことに取り組もうかなと思っていたりしたときに、いつもその話題の本が運ばれてくるので、すごい!と思いながら活用させてもらっています。実践に役立ちそうなものがけっこう多いですよね!
  • 勉強しようと思ってもなかなか参考書みたいなのは開いていられないことも多いですが、これなら手軽に開けられます。よく活用させてもらってます。
  • 知ってる先生の記事も載ってたりして身近に感じられ、毎回いいなぁと思いながら読んでます。ナラティブの特集などは読んでて面白かったです。
  • 管理者向けの記事も多く、詳細な研究をなさっていますよね。それがすごく参考になっています。たとえば、勤務形態や処遇改善などいろいろなテーマで研究されていて、それを参考にして私も研究させてもらい、学会発表などもしました。
  • 手術室にはなかなか情報が入ってこないので、副師長や主任などもマネジメントの参考にしています。こういう手術室の取り組みがあるんだね、などとバイブルにしています。
  • 個人的に管理の内容について知りたかったときに、災害看護や急変時の記事があったので、よかった!と思って購読しました。
  • 別の情報誌と購読を検討していましたが、こちらのほうが看護研究などのときに役立てられそうだと思い、購読することに決めました。