隔月刊誌 域連携 入退院と在宅支援/A4変型判 112頁 年6回発行 入会金 3,000円 年間購読料 33,516円 追加1セットにつきプラス 8,382円(共に税込) 複数セット購読の場合は入会金免除

日総研

商品番号【9・10月号】4190900 | 商品番号【11・12月号】4191100 | 商品番号【1・2月号】4100100

[Web教材]厳選!お役立ち入退院&連携シート集 11月配信

最新号

2019 9・10月号

特集1

予定入院患者への退院支援に向けた
スクリーニングの実際

入院前より退院支援を見据えた患者支援センターの取り組み

患者総合支援センターで行う入院時の退院支援スクリーニング

外来から始める入退院支援

地域包括ケアへ向けて

患者総合支援センターにおける
入退院支援部門の取り組みと今後の課題

予定入院患者への支援と退院までの流れ

特集2

ソーシャルインクルージョン

地域共生社会と病院の役割

ソーシャルインクルージョンに果たす病院の役割

生命尊重の文化を継承して40床の地域病院で展開する包括ケア

地域の課題解決力向上に向けた地域連携センターの取り組み

地域の見守りネットワーク構築に果たす病院の役割機能

地域の「住まい」に関する課題から見える病院が果たすべき役割

特別企画

地域医療連携の始まりから未来へ
〜多職種連携を越えて社会連携へ

特集・連載予定

2019 11・12月号

地域包括ケア時代の回復期・慢性期の入退院支援

●回復期慢性期・の病棟における

 入退院支援の充実に向けたそれぞれの取り組み

●病棟の特性に応じた入退院支援の具体的展開

●回復期リハビリテーション病棟における入退院支援の実際

●回復期・慢性期の病棟におけるPFMを導入した入退院支援の実際

在宅療養支援における
訪問看護師の役割と医療機関との連携

●在宅看護で活かされる特定行為研修制度と多職種連携

 ~訪問看護師ができること、しなくてはならないこと

●複数の事業所との協働に対する

 訪問看護師の意識と実践および今後の課題

●患者・家族の意思決定を支える訪問看護の取り組み

 ~訪問看護師の実践を言語化

●訪問看護師と訪問介護員の連携の現状と課題

 ~関係評価尺度を用いて


2020 1・2月号

患者・家族の意向を踏まえた
「人生の最終段階」への入退院支援

最期まで口から食べられるための
医科歯科多職種連携の展開


2020 3・4月号

総力特集

入院前支援と院内での
患者情報共有の仕組みづくり

特別企画

2020年度診療報酬改定速報!
地域連携と入退院支援の動向


2020 5・6月号

2020年度診療報酬改定
新たに求められる連携強化策

緊急入院患者のスムーズな退院支援に向けて
救急部門との効果的連携の具体策


連載

Dr.武藤の連携トピックス

当事者のホンネ!多職種連携と地域包括ケア

地域に踏み出す連携実務者に役立つ

デザイン思考の理解と実践

連携先駆者と考えるこれからの地域連携

全国連携実務者ネットワークだより

身寄り問題に挑む

身寄りがない患者を排除しないために

二次・三次救急医療機関より,
急性期病棟のMSWとして,今,伝えたいこと

連携室・外来・PFM・病棟・認定・訪問看護師などから見た視点

看看連携で進める入退院支援

理解する・議論する・調整する・伝える技術

ノンテクニカルスキルの実践

医療福祉連携士による地域連携取り組み最前線

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 退院支援における地域との連携・院内連携に関するテーマに興味がありました。様々な病院の具体的な取り組みを知ることが出来るので、とても助かっています。
  • 平成30年度診療報酬・介護報酬同時改定の記事が掲載されるので、購読しました。期待しています。
  • 入退院センターの立ち上げに役に立ちそうな情報が掲載されているのが気に入っています。
  • 大病院だけでなく、中小規模の病院の事例も載っているので参考になります。
  • 退院支援についての見解が深められると思い、購読しています。日々の業務に役立てています。
  • 診療報酬が改定されて、退院支援加算を算定するにあたり、参考にしています。
  • 地域連携室・退院支援部署に配置され、連携室の運営に関しての記事が掲載されているので役立っています。
  • 多職種や他の施設の取り組みを知ることで退院調整の業務に活かしたいと思い、参考にしています。