隔月刊誌 地域連携 入退院と在宅支援/A4変型判 112頁 年6回発行 入会金 3,000円 年間購読料 33,540円 追加1セットにつきプラス 8,380円(共に税込) 複数セット購読の場合は入会金免除

Web限定記事や動画、
そのまま使えるフォームなどが
ダウンロードできる専用サイトはこちら



最新号

2021 1・2月号

特集1

在宅療養を支援!
医療と生活の場をつなぐ
「リモート」実践と課題

ICTを活用し退院直後の在宅患者の安心を高める
「メディカル・ベースキャンプの取り組み」

ICTを活用した在宅見守り

慢性疾患在宅療養者を支援するテレナーシングの現状と課題

患者用オンライン教材
「腎臓ケアeラーニング講座」で強化するセルフケア

遠隔みまもり看護を通じて在宅療養の安心を支える

特集2

困難事例から読み解く!
多重・複合問題を抱える
患者の退院支援

身寄りのない人,意思決定が困難な人への支援

〜ガイドライン作成の経緯と活用の指針

多重複合問題をアセスメントする
ソーシャルワーカーの視点

〜患者の「生活」をどうみるか

入退院支援に使えるストレングスモデル

〜対話のきっかけ「ストレングスマッピングシート」

がん看護領域における意思決定を支える退院支援

〜終末期・独居の患者への支援より

公認心理師の視点で考えるチーム医療における
患者の退院支援のあり方

新Web連載

退院後の生活をきちんと見据えた
「自己決定支援」論

〜孤独な「判断」から,響き合う「合意」のあり方を求めて

web教材

Dr.武藤の連携動画講座

課題解決型から目標達成型へ〜ケースメソッド的検討の勧め

新型コロナウイルスと地域感染対策ネットワーク

2020年度診療報酬改定における
地域連携・入退院支援関連項目への対応策

悪戦苦闘のオンライン帰省

加賀市における在宅療養支援の推進に向けた連携の取り組み

連携実務者による住民啓発

病床管理○×クイズ

特集・連載予定

2021 3・4月号

広がる「連携の幅に対応した新サービス

 地域連携室、医療連携室としてスタートした病院の対外窓口を担う部門は、
年を追う毎にその役割が拡大しています。
地域のニーズに応える取り組みを紹介します。

地域共生社会に向けて動き出している
医療機関・医療人のアクション

 「地域共生社会」とは地域包括ケアシステムの拡大・発展版と
受け取られていますが、その中で医療に求められることが何かはまだ
明らかではないようです。それぞれの病院の取り組みからそれを探ります。


2021 5・6月号

「入院させない支援

地域との関係づくりとしての広報


2021 7・8月号

連携業務を可視化して
人材育成につなげる

実施した入退院支援を評価する

連載

Dr.武藤の連携トピックス

医療ソーシャルワーカーと
退院支援看護師の活躍と2職種協働

実務を通してよく分かる!
患者・看護・経営 三方よしの病床管理

当事者のホンネ!
多職種連携と地域包括ケア

理解する・議論する・調整する・伝える技術

ノンテクニカルスキルの実践

医療福祉連携士による地域連携取り組み最前線

連携先駆者と考えるこれからの地域連携

全国連携実務者ネットワークだより

患者の生活を看る力を育む人材育成

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • 退院支援における地域との連携・院内連携に関するテーマに興味がありました。様々な病院の具体的な取り組みを知ることが出来るので、とても助かっています。
  • 平成30年度診療報酬・介護報酬同時改定の記事が掲載されるので、購読しました。期待しています。
  • 入退院センターの立ち上げに役に立ちそうな情報が掲載されているのが気に入っています。
  • 大病院だけでなく、中小規模の病院の事例も載っているので参考になります。
  • 退院支援についての見解が深められると思い、購読しています。日々の業務に役立てています。
  • 診療報酬が改定されて、退院支援加算を算定するにあたり、参考にしています。
  • 地域連携室・退院支援部署に配置され、連携室の運営に関しての記事が掲載されているので役立っています。
  • 多職種や他の施設の取り組みを知ることで退院調整の業務に活かしたいと思い、参考にしています。