隔月刊誌 呼吸・循環・脳 実践ケア/A4変型判 96頁 年6回発行 年間購読料 17,280円(税込)

日総研

商品番号【4・5月号】2490400 | 商品番号【6・7月号】2490600 | 商品番号【8・9月号】2490800

読者専用ダウンロードサイトはこちら
改題のポイント
心電図、血液検査、人工呼吸管理、血ガス 数値・データの見方の味方

最新号

2019 4・5月号

特集1

"がん+心疾患"のメカニズムと
看護ケアへの生かし方

がんと心臓

腫瘍循環器とは

~がん診療における対応:チーム医療を中心に

私たちの看護を認め育ち合うナラティブ研修


がん治療と心毒性における
看護師が知っておくべき注意点

心不全を来すがん治療

血管新生阻害薬

がん関連血栓症

「がん免疫療法と心毒性」
看護師が知っておくべき基礎知識

特集2

急性期現場の"倫理的問題"相談所

~こんな時どうする?
 カンファレンス・事例検討場面で
 倫理的感受性を根づかせる!


急性期領域における看護倫理とは?

現場で倫理的問題を考えるためにはどうする?


現場から寄せられたお悩み解決!
具体的な事例から倫理的問題を検討しよう

事例検討を行う場合の考え方・ポイント


現場から寄せられたお悩み解決!
具体的な事例から倫理的問題を検討しよう

代理意思決定をめぐる対立

治療の中止・差し控え

治療方法選択のジレンマ

~不安の強い患者の呼吸器離脱をめぐる問題

急な決断の場面での意思決定支援

次段階への治療の導入の是非

~心移植に向けた補助人工心臓導入の適応

特別企画

急性期病棟での排尿自立ケアの進め方

特集・連載予定

2019 6・7月号 改題創刊号

苦手克服!
「心臓と脳」の密接な関係がわかる基礎講座

慌てない! 騒がない!

危機を回避する「災害対応」

最善の選択を支えるACP
"もしバナ"で人生の最期を考える


2019 8・9月号

怖い、難しいを解消!

救急場面の必須手技と介助のポイント

実践に活かすケーススタディ

術後患者の異変に"気づき""対応"する力

腫瘍循環器医療連携における
看護師のできること・すべきこと


連載

慢性疾患患者の疾患受容と心理変化に合わせた支援

駆け出しカテ室ナースのためのPCI厳選ポイント

※内容は事情により変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

読者の声

  • ABCDは病棟でも使えるのがよいのかなと思います。院内の教育のためにもよいと思います。
  • 新人指導に携わることが多いので、呼吸と循環を関連づけたアセスメントや新人に教えてあげられるヒントなどもあって、期待しながら呼んでいます。
  • 医療機器類だったり血ガスの読み方であったりとか、後輩指導などにとてもよいなと思いながら読んでいます。
  • 呼吸器の病棟にいるので、急性増悪やそのサインについての記事はすごく参考になりました。私のニーズに合っています。
  • 体験談のようなところが好きです。看護師が疾患について変わっていくエビデンスなど含めて解説してくれ、新しい情報も書かれているので好きです。勉強になります。
  • 新しく言われてきていることが広く載っているのでうれしいです。購読していると、同じようなテーマが出てくることもありますが、その中にも新しいトピックスがあるので読ませてもらっています。
  • 救急分野にも興味があったので、私にとって知りたい情報が一緒に得られ、すごくよかったです。
  • 救命トリアージのことも書いてあり、呼吸・循環の急変のサインや見つけ方など載っているので参考になります。
  • 内容が難しいと、病棟に置いてあってもなかなか手が伸びないのですが、この雑誌はひとつの記事が短く区切られているので、とても読みやすいです。