ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 13915-27】
 急性期ナースが知っておきたい複雑な病態知識を整理しよう!
 日本版敗血症診療ガイドライン2020やJ-PADガイドライン,
 PADISガイドラインから読み解く,
 看護に活かせる必須知識を身につける!

開催日程
東京地区
2022年2月12日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

指導講師

 
布宮 伸
 自治医科大学 医学部
 麻酔科学・集中治療医学講座
 集中治療医学部門 教授

 自治医科大学附属病院
 集中治療部 部長

 1982年自治医科大学卒業。1992年自治医科大学集中治療部助手、1993年同講師。2002年自治医科大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座集中治療医学部門助教授、2004年自治医科大学附属病院集中治療部部長、2006年自治医科大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座集中治療医学部門教授、現在に至る。日本版敗血症診療ガイドライン作成員会委員や、J-PADガイドライン作成委員会委員長、PADISガイドライン翻訳部会長でもある。

全身管理に必須な具体的な観察ポイント、
PICSについて分かる!

プログラム

1.SIRSと敗血症の考え方
 1)SIRSとは?
 2)敗血症ってどんな病気?
 3)敗血症の新定義と新しい診断基準の流れ
 4)日本版敗血症診療ガイドライン 2020の概略を読み解く!

2.ARDSの考え方
 1)ARDSの病態を理解しよう
 2)「急性肺障害」との違いは?
 3)ARDS患者を救うための「肺保護戦略」
   人工呼吸器設定の基本的な考え方
   人工呼吸関連肺障害の予防
 4)シベレスタットの作用機序と効果

3.DICの考え方
 1)DICの病態を理解しよう
   DICとは?
   DICの基礎疾患と発生機序
 2)DICって出血するの?
 3)DICの治療ポイント

4.MODSの考え方
 1)MODSの病態を理解しよう
 2)MOFとの違い
 3)DIC・ARDS・MODSとの関連とは?
 4)せん妄もMODS?

5.痛み・不穏・せん妄の理解と管理、
  重症患者の長期予後改善

 1)せん妄の管理
   せん妄の発症要因、評価法
   せん妄予防のための鎮痛・鎮静法
   臓器障害としてのせん妄の捉え方
 2)痛みの管理
   ICU入室患者の疼痛、苦痛
   鎮痛の評価と予後
   鎮静が及ぼす心理的影響
 3)ABCDEバンドルの実践
 4)J-PADガイドラインとPADISガイドラインの考え方


J-PADガイドライン作成委員長自らがやさしく解説

ねらい
 1992年に「SIRS」の概念が提唱されたことにより、「敗血症」は世界共通の疾患概念となりました。最近では新しい敗血症の診断基準が提案され、診療ガイドラインの内容も改訂が続けられています。しかし、新しい治療法も次々と試みられているにもかかわらず、敗血症はいまだに救命困難な疾患です。本セミナーでは、敗血症の疾患概念を整理し、敗血症が引き起こす様々な重要臓器障害の発生機序について解説します。さらにその知識をどのように全身管理の視点に結びつけるか、日本版敗血症診療ガイドライン2020の概略や、急性脳機能障害としてのせん妄発症を予防するための鎮痛・鎮静法、長期的な患者予後改善を目指したJ-PADガイドラインの概略やABCDEバンドルの考え方について、実践レベルで分かりやすく解説します。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数11人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。


参加者の声
敗血症ガイドラインの改訂や歴史の概論など、説明が分かりやすかった。
 DICの病態についてとても分かりやすく説明してもらえたこと。
 モチベーションが上がりました。
書き込むことがないくらい丁寧なテキストでした。
この内容を一度のセミナーで聞けることはあまりなく、
 今話題になっている長期予後についての内容も多く、大変勉強になった。
エビデンスや生理学的根拠を基に解説してもらってわかりやすかった。
敗血症やDICなど、自分で勉強するだけでは複雑だと感じていた病態が、
 わかりやすくイメージがわいた。
せん妄について詳しく教えてもらった。
研究、文献にない根拠があってよかった。
事例を含めての講義でとても分かりやすかったです。
 具体的かつ最新の診断基準も盛り込まれており、深い学びとなりました。
治療の根拠がとても理解できた。
 炎症反応後の機序も教えて下さり、全てにつながる理解ができた。
ARDS、DICの病態が良く分かり、医師の治療方針の理解に役立った。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「SIRS・敗血症・DIC・ARDS・MODS・鎮痛鎮静・せん妄の理解と全身管理」

 東京地区: 
2022年2月12日(土) お申込はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671