ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【大阪 13931-11】
 やさしくポイントを学び最新知識を習得!

開催日程
大阪地区
2019年12月7日(土)
 ↓日程変更
2020年2月15日(土)
10:00〜17:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら
指導講師

奥谷 龍  →プロフィールはこちら


 大阪市立総合医療センター 副院長
 日本麻酔科学会指導医
 日本集中治療医学会専門医


ここだけは知っておいてもらいたい
ポイントに絞って指導!

プログラム

1.急変時に備えるための重要患者情報の見分け方
  術中前後に影響を受けるリスクファクターの評価方法
  急変の種類
  各種アレルギーと薬剤
  術前、出血で危険を招く内服薬

2.急変を回避するための
  アセスメント・観察・モニタリング

  回復室/病棟のモニタリングと必要機器
  チェック項目
   (呼吸音、心音、パルスオキシメター、心電図など)

3.ショックの分類・症状・病態生理と緊急時の対応
  主なショックの診断基準
  病態生理・診断・治療・分類と緊急時の対応
  原因と循環系病態の関係 ほか

4.循環器系合併症による急変時の処置と看護対応
  解剖生理
  うっ血性心不全
  虚血性心疾患
  心停止
  肺梗塞 ほか

5.呼吸器系に関する急変時の処置と看護対応
  呼吸不全の予兆を見分ける
  ●「動画」で確認!気管挿管の実際
  ●気管内挿管の適応
  ●「動画」で確認!人工呼吸器の使用と注意点
  ●呼吸リハビリテーション ほか

6.ACLS〜Advanced Cardiac Life Support〜
  ガイドラインと概要

  心肺蘇生法の教育の特殊性
  ACLSチームと役割 ほか

7.心電図の見方と異常時の動き方
  これだけは覚えておきたい〈緊急度別〉異常心電図
  各波形の臨床的意義と正常値
  標準12誘導心電図のココ!を見る
  不整脈の見つけ方と特徴
  不整脈に対する治療
  緊急処置 ほか

8.胸部X-Pの見方とアセスメント
  ビジュアルで学ぶ!
  CTRの測定方法、肺炎、無気肺、胸水貯留などの見方

9.事例で実践力アップ!急変時の看護対応
  消化管出血
  急性心筋梗塞
  肺梗塞 ほか

ねらい
 多くの症例経験を持つ講師が、看護師にここだけは知っておいてもらいたいポイントに絞って指導します。急変時の適切なアセスメントと対処に必要な呼吸・循環の管理、病態メカニズムと原因の根拠、モニタリングデータの見方・考え方から新しくなった心肺蘇生法のポイントまで、分かりやすく根拠を交えて解説します。急変する前に気づくことが大切であり、その予兆を読みとるポイントを習得しましょう。
受講料
一般:19,500円 会員:16,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数15人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 奥谷 龍
 大阪市立総合医療センター 副院長
 日本麻酔科学会指導医
 日本集中治療医学会専門医

兵庫県立西宮病院麻酔科医長および手術室室長、兵庫医科大学集中治療部助教授などを経て、現職。セミナーではポイントをとらえた講義と資料が毎回好評。著書『循環呼吸急変対応』(日総研出版)。
参加者の声
資料とテキストの2冊で内容が詳細に書かれていて、すごくわかりやすかった。
画像の見方は基本から詳しく教えていただき勉強になった。
なんとなく理解していた内容が自分の言葉で表現できるほど
 簡潔で具体的に教えていただきわかるようになった。
今まで勉強してきてなんとなく理解していたつもりになっていた知識も
 根拠がわかり、しっかり自分のものにできた気がする。
心電図についての解説は一つひとつわかりやすくすぐに実践で使えそう。
血ガスは今までで一番わかりやすい解説だった。ありがとうございました。
臨床の場で行われている看護や治療の根拠、
 先輩たちの頭の中で何を考えているのかということがわかった。
 これから自信を持って患者さんにかかわれます。
急変を起こす前にモニター変化やフィジカルアセスメントなど具体的な観察項目や
 注意点、ポイントがわかった。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「急性期(病棟・ICU・術中前後)における循環器・呼吸器系の急変時アセスメントとケア」

 大阪地区: 
2020年2月15日(土) お申込はこちら

 

関連商品のご案内
※上記申し込みボタンから本セミナーと一緒にご注文いただけます。

循環呼吸
急変対応

A5判 192頁
定価2,857円+税

詳しい内容はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671