ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【札幌 13991-9】
 演習中心で、作れる!使える!
 「想定外」に慌てない、「妥当な判断」を導くツール

指導講師

 
 
中島 康
 東京都病院経営本部
 広尾病院 減災対策支援室 副室長
 駒込病院 減災対策室 室長

 救急医/外科医/博士(工学)

 救急医としての実践を経て、災害研修アドバイサーとして病院や行政への災害研修、東京DMATインストラクター、日本DMATインストラクター、MIMMSインストラクター、国際緊急援助隊救助チーム医療班等の活動を通じて災害現場で多機関と連携した医療提供が行うための研修や訓練を指導している。
開催日程
札幌地区
2019年3月2日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

病院防災を正しい方向に導くのは、
患者さんの傍らにいるあなたからの発信です。
まずはアクション・カードを作ってみましょう!
ねらい
 防災のマニュアルや訓練を見直したいけど…何から始めてよいか判らない、誰から始めたらよいか判らない、どこまで進めたらよいか判らない…アクション・カードはこの3つの「判らない」を解決します。トップダウンではなく、ベッドサイドで考えて、行動することの積み重ねが全体を変えていきます。その最初のステップとしてアクション・カードを作ってみましょう。いざという時に最適な行動を導くためにマニュアルや訓練をどうしたらよいのか? その答えをみつけていただけることと思います。また私たちが開発した減災カレンダーを使った、訓練をより効率的、効果的に、そして日常化するための具体的な提案も致します。

参加者の声
病院の大小にかかわらず、分かりやすく使える
防災担当として抱えていた悩みの解決の糸口が見つかった
訓練でカードを渡して「やってきて」ではダメと分かった
皆で作成していくプロセスがよかった。やってみようと思った
カード作成や訓練の演習を実際に行うことでの気づきがあった

有効なマニュアル・訓練・減災チームを実現!
災害時に最初の一歩を示し、混乱の早期収束、自律した対応を導く
部署ごとの作成過程で、減災上の組織の弱点・対策を発見できる
対策の有効性を実感できるので各種訓練、対策への意欲が高まる


プログラム

1.【講義
  アクション・カードとはなにか?
  マニュアルとは何が違うのか?

2.【ワークショップ
  アクション・カードの秘密
  地震対応用のアクションカードを作ってみよう

3.【講義
  効果的なアクション・カード作成のポイント

4.【模擬訓練
  効果的な訓練方法の提案
  火災対応用のアクションカードを使ってみよう

5.【ワークショップ
  
訓練の日常化のアイデア
  減災カレンダーを使ってみよう


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせは
 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「アクション・カードによる減災対策の実際」

 札幌地区: 
2019年3月2日(土) お申込はこちら


関連商品のご案内
※上記申し込みボタンから本セミナーと一緒にご注文いただけます。
アクション・カードで
減災対策
全面改訂

B5判 128頁
定価 3,600円+税
詳しい内容はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671