ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14213-14】
 「万が一」に備えた適切な動き方と物品管理、
  マニュアル見直しがわかる!

  指導講師 中山龍二   藤枝市立総合病院
手術看護認定看護師・特定看護師

 1995年より藤枝市立総合病院に勤務。手術看護認定看護師の第1期生。院内、地域での研修講師をはじめ、院外では日本手術看護学会でのシンポジスト、メーカー主催セミナー、看護協会支部研修の講師など幅広く活躍中。
開催日程
東京地区
2021年10月30日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数10人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
お客様の声
学ぶ機会が少ない、特殊な「手術室の防災」で何をしたら良いかがわかった
実例を挙げた説明がわかりやすく、自分の病院でも参考にしたい
日常の清掃など、基本的なことが改めて振り返ることで理解できた
基礎的な知識だけでなく、
 管理する側の目線でどうしたら良いかが知れたので良かった

ねらい
 手術室における感染対策はリスクマネジメントの要です。洗浄、消毒、滅菌の基礎知識を振り返りながら、手術室看護師として必須の基礎知識を学びます。また、時を選ばずして起こる災害に備えた備品管理、防災訓練の方法、また、マニュアル作成・見直し、そして災害時にどのように動けば良いか具体的に指導していきます。

平時に何をすべきかがわかる!
被害を食い止めるための動き方がわかる!
マニュアルの見直し・整備のポイントがわかる!


プログラム

1.手術室の感染対策
 1)感染のエビデンスとガイドライン、感染対策の基本
  洗浄・消毒・滅菌に関するガイドライン
  手洗い(ブラシ法、ツーステージ法、ウォーターレス、水質管理)
  消毒(高水準、中水準、低水準)と併用について
 2)知っておきたい洗浄・消毒・滅菌の実践知識と具体策
  洗浄、滅菌の質の評価
   ディスポについての工夫/滅菌水と水道水/感染性廃棄物
   ジェットウォッシャー/超音波洗浄の実際と適応/浸漬洗浄
 3)清掃
  始業時点検、手術間清掃、終業時清掃
  空調(ゾーニング)について
 4)物品管理の実際
  分解、組立、包装
  トレーサビリティ(管理)
 5)感染対策マニュアルの見直しと整備
 6)事例で学ぶ院内感染

2.手術室の防災対策
 1)患者の安全確保のために(回避、誘導、避難)
 2)防災備品の準備、経路の確保と再確認
 3)防災訓練の計画・立案・実施
 4)火災・ガス漏れに備えて
 5)大地震に備えて
 6)マニュアルの見直し、整備
 7)災害発生 そのときどう動くか


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「手術室の感染管理と防災対策 基礎と実践」

 東京地区: 
2021年10月30日(土) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671