ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号 【オンデマンド 14286-10】
【録画配信】オンデマンドセミナー ※講義時間:約3.8時間
 病棟・業務の中で実践できるメンタルヘルス支援の具体的方法!
 業務過多・過緊張ストレス・うつ・発達障害傾向の特徴と
 状況を踏まえた対応

最終締切 8月4日(火)まで

配信開始日
録画配信オンデマンド
 全国どこからでも受講可能

2020年8月11日(火)〜8月25日(火)

募集終了

※本セミナーは、講義時間約3.8時間の録画配信(オンデマンド)です。
※視聴期間は配信開始日から2週間です。8/25(火)までにご視聴ください。
※お申し込みは7/26(日)までにお願いします。その日を超過しますと
 視聴期間が短くなる可能性があります。
※PC/タブレット/スマートフォンなどインターネット環境が必要です。

※ご確認ください
オンデマンドセミナーの受講にあたり
【配信期間】2020年8月11日(火)9:00〜8月25日(火)20:00

講師に質問可能! 視聴後はEメールで講師に質問できます。

 

指導講師

 
 武用百子
 和歌山県立医科大学
 看護キャリア開発センター
副センター長
 臨床教育准教授
 精神看護専門看護師

 1991年北里大学看護学部卒業。2000年兵庫看護大学(現:兵庫県立大学看護学部)看護学研究科修士課程(精神看護学)修了。その後、和歌山県立医科大学附属病院でリエゾンナースとして勤め、2003年精神看護専門看護師資格を取得。2008年より和歌山県立医科大学保健看護学部講師、2015年より准教授。2008年以降もユニフィケーションとして活動を継続し、2018年より現職。

リスク因子とその背景の関連がよくわかり
その対応策が見えてくる!

プログラム

1.今どきの看護師のメンタル不調とストレス反応
 モラトリアム時代の看護師のストレスの原因の特徴
 ストレス反応を強める考え方の癖
 モラトリアム時代の看護師のストレス反応の出方

2.具体的なメンタルサポートの方法と
  今どきの看護師の特徴を踏まえた指導のあり方

 ストレスの対処方法について
 具体的なメンタルサポートの方法
 OJTの場面を想定した具体的な指導の方法
 事例演習

3.COVID-19に関連した看護師のストレス反応と
  対応

 COVID-19患者に対応した看護師のストレスの原因となるもの
 COVID-19患者に対応した看護師のストレス反応
 今後起こりうると考えられる状態
 COVID-19に関連した看護師のメンタルサポート
 流行鎮静期の今求められること

4.看護管理者や教育担当者が実践する
  メンタルヘルス支援

 組織で取り組むメンタルヘルス支援
 職場で最も力を入れるべき予防はどこか?
 組織で実施するメンタルヘルス支援の実際
 メンタルヘルス不調の確認の方法
 問題ありかどうかをどう判断するか
 問題ありと判断した際の介入の方法 
 病気休暇後の復職支援のサポート ほか

5.新型うつ傾向の看護師の特徴と指導のあり方
 新型うつの理解
 新型うつ傾向の看護師への一般的なかかわり方
 現場でよく見られる新型うつ傾向の看護師へのかかわり方

6.発達障害傾向の看護師の特徴と
  メンタルサポートを考慮した指導のあり方

 自閉スペクトラム症の理解
 自閉スペクトラム傾向の看護師への一般的なかかわり方
 現場でよく見られる自閉スペクトラム傾向の看護師へのかかわり方
 注意・欠陥障害の理解
 注意・欠陥障害傾向の看護師への一般的なかかわり方
 現場でよく見られる注意・欠陥障害傾向の看護師へのかかわり方


自分に合ったストレス軽減・緩和・解消法がわかる!

ねらい
 現場での業務過多、長期の緊張状態の中で生み出されるストレスへの支援やセルフケア方法などその要因と対処法を客観的視点で、よく遭遇する事柄を紹介しながら解説します。また現在現場で大きな課題となりつつある、Covid-19に関連した看護師のストレス反応と対応について詳しく解説します。
 そして、従来から取り上げられている新型うつや発達障害などによるスタッフはその行動が理解できない場合の対応・対処方法についてもうまい対応・対処法を提案します。メンタルヘルスのエキスパートである本講師が、今の仕事環境の中で抱えているストレス軽減方法について第三者からの支援方法や、自身がそのストレスを軽減するためにできるセルフケアについても紹介する実践的な内容です。
受講料
一般:14,000円 会員:11,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※本セミナーはお申込者(ご本人)のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の場合は、
 それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。

対面式セミナーの参加者の声
自分自身のストレスへの対処法がよかった元気が出る内容でした。
 明日からまた頑張れます。
ストレスの原因からストレス反応―対策について演習で学ぶことができた。
症状と具体的な対応について説明していただきイメージがしやすかった。
近年職場でよくみられる内容と対応がとても勉強になりました。
事例が現場でよくあることばかりでとてもわかりやすかった。
近年職場でよくみられる新型うつの見極め方と対応で
 全てとても勉強になりました。
復職者を目指す人への支援について聴けた。
医療現場に適応しにくい背景やストレスについてで、
 曖昧な部分がハッキリした説明や事例などがありしっかりとわかりました。
色々な人との接し方が看護現場目線で知ることができた。
復職支援・スタッフのメンタル支援方法が具体的でよかった。
中途採用者の内容(困難要因や継続要因)様々なタイプにおける事例がよかった。
発達障害まで含めて色々な人との接し方が看護現場目線で知ることができて
 よかった。グループワークでよりわかりやすかった。
スタッフの職場復帰を目指すためにどのように関わればいいのか
 具体的な方法がわかった。
新卒ナース育成に考慮すべき特徴メンタルヘルスの4つのケアがよかったです。
新人以外の例題もあり、実践的でした。
明日からの新人教育まわりのスタッフの教育にも役立てたい。
スタッフへの具体的な関わり方がわかった。
適応障害の見つけ方や対策についてよくわかりました。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671