ホーム全国セミナー一覧を見る

 

35名限定
実演あり!
実際のデバイスに触って
ドクターの手元と介助を
イメージする!

ハイレベルな介助・看護を目指す
心臓カテーテル
検査・治療・看護

【最新ガイドライン対応】

付録付き! @カテ室のシミュレーション
 教育の進め方とラダー
A実際に活用できる!
 心カテ室用のチェックリスト

 開催日程
東京地区 10:00〜16:00
2022年1月23日(日)
会場 日総研 研修室
※開催日が迫っていますので、
 お電話でのお申し込みとなります。
 TEL0120-054977


 指導講師
心臓カテーテル看護のスペシャリスト

  中村康雄
医療法人社団 森と海 東京
東京蒲田病院
循環器・心臓血管外科
心臓カテーテル室 主任
日本心血管
インターベンション
治療学会(CVIT)
コメディカル部会役員


 PCI年間500症例の介助、心カテ室新規立ち上げによる経験知を基に、心カテ看護に関する執筆、コーディネーターとして活躍。呼吸療法認定士、JNTECプロバイダー、BLSインストラクター、ACLSプロバイダー取得。インターベンション治療学会に加え、PCI領域における気鋭ライブで知られるFRIENDS LiveやPOPAIにコメディカルメンバーとして参画。


後輩からの質問に慌てない!
指導者になっても答えられる!


 プログラム

心カテ室で看護師が
 必要とされるスキルと対応

 @術前情報 A準備   Bデバイス
 C急変対応 D止血方法
 E記録   F申し送り

いまさら聞けないPCIの種類、
 適応、禁忌、合併症

ワンポイントテクニックと
 おさらい
 
〜心カテ室の現場で使える
 
 重要フレーズ

撮影方向を極める!
 ビューと抽出を理解する
 
演習 実演・体験!
    カテーテルに触れて
    介助ポイントを
    マスターしよう

さらに細かく!
 症例に応じたデバイスの使い方

 ●既往歴とデバイスの選び方 など
 ステントと薬剤・カテーテル・
  シース・ガイドワイヤー など 
 術野ではこのようなことが
  行われているか など 
 代表的なテクニック、KBT など

考えてみよう!
 実際のシチュエーションと
 予測トレーニングクイズ

心電図変化と不整脈への対応

COVID-19対応の提言



知識をアップデート!
撮影角度と影響、デバイス、
手技への細かな疑問に対応!


 ねらい
 安心・安全な検査・治療を実現する心カテチームに必須となる専門知識、術中を中心とした先読み介助・看護について解説していきます。ハイレベルなカテ介助を目指す人、ドクターによるデバイスや手技の違いなどを含めた細やかな知識や指導の根拠を知りたい人にお勧めです。もちろん、カテ室に初めて勤務する方へもお勧めのセミナーです!

 受講料
一般:19,000円 会員:16,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌
 年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。
 昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数9人。これに達しないときは
 開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前の
 お申し込みが必要です。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9 時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象
 持参物品や今後の予定に関するお問合わせ
 tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら




参加者の声
実演があったので、現場ではわかりにくい穿(刺)入〜治療カテの動きがわかりやすくてよかった。 
新人にも説明しやすい血管走行(解剖)などがよかった
心カテ中の冠動脈がどのように見えるか、何番かなどわかりやすかった。
細かい注意点もあげてもらい、わかりやすかった。Drが考えていることも少しわかった気がする。
デバイス操作や注意点がわかってよかった。
ガイドラインに沿って、実際にやっていることの話が聴けて良かったです。資料も参考にして教育に活かせそうです。楽しく教えて頂きありがとうございました!
普段カテで行われていることを根拠を元に学ぶことができた。笑いもあり、楽しく学べました。

関連セミナー
ナース目線でかみくだく
心電図・不整脈・薬剤・治療と
急変対応の超基礎
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.