ホーム全国セミナー一覧を見る

 

事例を通して
関連図も使いながら習得!
【2021-2023】
NANDA-I看護診断の
基礎理解と
プロセストレーニング

 開催日程
名古屋地区 10:00〜16:00
2022年5月28日(土)
日程変更
2022年10月1日(土)
会場 日総研ビル
開催中止

東京地区 10:00〜16:00
2022年9月24日(土)
日程変更
2023年2月4日(土)

会場 日総研 研修室
お申込はこちら


 指導講師

  伊東美佐江
山口大学大学院
医学系研究科
保健学専攻 教授

第28回日本看護診断
学会学術大会
大会長

 山口大学医学部、川崎医療福祉大学を経て、2018年より現職となる。米国VillanovaUniversity大学院看護学修士、山口大学大学院医学研究科にて医学博士を取得。看護倫理学をはじめ、看護実践と結びつけた看護過程、看護診断における教育や研究を進めている。


 プログラム

1.看護診断の基本的理解
 1)看護診断の目的
   〜使用することによる
    メリット・デメリット
 2)看護診断の構造
   〜分類法II、診断指標、危険因子、
    関連因子、ハイリスク群、
    関連する状態の理解
 3)看護過程と看護診断
   〜クラスタリングの考え方
 4)看護診断の正しい理解
   〜セルフケア・運動と活動・
    自己概念 など

2.看護診断の活用プロセス
 1)データの枠組みに沿った情報収集
 2)データの系統的分類
  〔クラスタリング〕
 3)患者情報の分析・統合
 4)関連因子と診断指標等の見方
 5)看護診断仮説の立て方
 6)看護診断の確定

3.看護診断
  プロセストレーニング

 事例をもとに関連図を書きながら
 診断を導く思考過程を整理!

4.現場の悩みを解決する
  看護診断Q&A

 看護診断の何が変わったの?
 疾患の診断がつかなければ
  看護診断はできないの?
 看護理論がなくても
  看護診断はできるの?
 データベースは
  何を使ってもいいの?
 複数挙がった看護診断に
  優先順位をつける基準は?
 院内で導入、
  指導していく際の注意点は?
 絶対に看護診断を
  使わなければいけないの?
 看護診断に慣れるには
  何が一番効果的?


 特色
【2021-2023】の変更点と
 ポイントがよくわかる!

情報の分析と統合が
 噛み砕いて理解できる!

事例を通じて
 看護診断プロセスを理解し
 習得できる!


 ねらい
 本セミナーではNANDA-I看護診断を基礎から学びたい臨床看護師、看護教員を対象としています。看護診断の目的や構造などの基礎的知識から「患者情報から13領域(NANDA―Iによる分類)に情報を仕分け、看護診断を確定し、全体像としてとらえる」という看護診断プロセス(情報の分析と統合)を理解し、事例を通じて習得できます。


 受講料
一般:18,500円 会員:15,500円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌
年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。
 昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは
 開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前の
 お申し込みが必要です。

『NANDA-I看護診断
 定義と分類 2021-2023』
 (医学書院)をご持参ください



☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象
 持参物品や今後の予定に関するお問合わせ
 hiroshima@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (082)227-5668
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分まで)

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


参加者の声
とても分かりやすく、
噛み砕いて教えてもらえた。
NANDAについての理解、
学習しないといけないことが
明確になった。
知りたかったことが質問できて
良かった。
一つひとつのプロセスの
理解が深まった。
例を交えた講義だったので
分かりやすかった。
診断から患者目標、
看護計画の立て方までよく分かった。
特に関連図の書き方は
役立てたいと思った。
講義内容が楽しくて
眠くならなかった。
教授時の構成を考えながら
聴くことができた。
事例で関連図を用いた
カンファレンスはとても参考になった。


【東京 14491-18】【名古屋 14491-19】

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.