ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【大阪 14581-11】【広島 14581-12】
【東京 14581-13】
【名古屋 14581-14】【大阪 14581-15】【福岡 14581-16】
 「プロセス評価」など、「旧Ver.」との違いが分かる
 新バージョン「Ver.2.0」の新設重点項目「ガバナンス」
「治療・ケア」「教育」「研究(倫理、新たな診療・治療技術)」
「感染制御」「医療安全」ほか、変更点を中心に解説!

開催日程
大 阪地区
2019年7月7日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

広 島地区
2019年8月4日(日)10:00〜16:00
会 場
RCC文化センター
お申込はこちら

東 京地区
2020年1月25日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

名古屋地区
2020年2月9日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

大 阪地区
2020年2月16日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

福 岡地区
2020年3月1日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
お申込はこちら
指導講師

石原弘子  →プロフィールはこちら


筑波メディカルセンター病院
アドバイザー
感染管理者・看護部門


プログラム

1.3rdG:Ver2.0への変更の背景とねらい

3rdG:Ver2.0への変更トピックス

解説集だけではわからない
  サーベイの新たな意図・着眼点

4.受審準備のプロセス、取り組みポイント

5部門(診療・看護・介護・技術・事務領域)の役割

解説集の領域別評価項目、
  かみくだき解説Part l :2領域

厳選予想! サーベイ当日の想定問答トレーニング

記録・マニュアル、各種提出書類の作成・改善・活用

スタッフ教育と能力開発

10周知徹底・モチベーションを高める巻き込み方のコツ
 1)スタッフ
 2)医師・他職種

11.受審スタッフの本音から攻略!
 1)病棟管理者の役割・工夫
 2)想定外・困難事項の対応法

12.留保になりやすい重要項目への対策
   〜サーベイ時はズバリここが見られる!

 1)資料作成
 2)プレゼンのコツ
 3)記録
 4)安全・感染管理 ほか

13.改善事例

14.審査当日の最終チェックポイント
 1)スタッフへの質問訓練
 2)書類の点検・事前の打ち合わせ ほか

15.解説集の領域別評価項目、
   かみくだき解説Part ll :1・3・4領域

16.質疑応答、まとめ

特 色
「解説集」を踏まえつつ、解説集だけでは分からない
3rdGサーベイの「新たな意図・着眼点」まで解説!

評価機構で講演実績のある講師が対策を指導!

サーベイ当日の想定問答トレーニングができる!
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。
指導講師

 
 
石原弘子
 筑波メディカルセンター病院
 アドバイザー
 感染管理者・看護部門

[講師のプロフィールと施設紹介]
2004年 全国に先駆けてVer.5.0試行調査を受審。
2004年 受審病院として、財団法人日本医療機能評価機構でも講演。
2010年 付加機能「リハビリ」認定。
2011年 付加機能「緩和ケア」Ver.2.0 2回目更新認定。
2014年 人間ドッグ健診施設機能評価Ver.3.0更新認定。
2014年 機能種別版評価項目3rd G:Ver.1.0
2014年 一般病院2で「S」が9項目、「A」が71項目で更新認定。
2015年 卒後臨床研修評価機構を3回目更新認定。
2018年 機能種別版評価項目3rd G:Ver.1.1 
2018年 一般病院2で「S」が10項目、「A」72項目という高評価で更新認定(4回目)。
2018年 +緩和ケア副機能+救急付加機能Ver.2.0更新認定(3回目)
参加者の声
自部署の不足している部分、確認の必要な部分がわかった。
第2領域「良質な医療の実践1」が特に詳しくて取り組みの参考になった。
領域ごとに項目の具体的ポイント、Cとなりうる状況例の説明があり、
 今後の改善にとても参考になった。
Ver.2.0の変更内容とポイントが詳しくわかり、参加してよかった。
準備で、自施設に不足している点、細かい確認点の情報を得ることができた。
受審の流れを体験的に詳しく説明してもらえてよかった。
実際の準備資料を見せてもらえたのが非常に役立った。
ケアプロセス、チーム医療、記録の重要性など、とても参考になった。
医師とのかかわり方、協力を得る方法が聞けてよかった。
スタッフへの意識付け、モチベーションアップ法や他職種を巻き込む方法が
 わかりやすかった。
責任者としての動き、采配の仕方を具体的に教えてもらえた。
先生の病院での改善事例を聞いて、当院でもできそうだと思え、希望が持てた。
どのようなところをチェックされるのかや、質問内容が具体的で良かった。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
【超実践】病院機能評価「機能種別版評価項目3rd G:Ver.2.0」
受審ポイントと業務改善・資料作成・プレゼンのコツ

 大 阪地区: 
2019年7月7日(日) お申込はこちら

 広 島地区: 
2019年8月4日(日) お申込はこちら

 東 京地区: 
2020年1月25日(土) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2020年2月9日(日) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2020年2月16日(日) お申込はこちら

 福 岡地区: 
2020年3月1日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671