ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【名古屋 14654-3】【東京 14654-4】
 患者の個性に合わせた準備ができる!
 胸腹部・頭頸部の画像を中心とした
 読影の基礎とアセスメントの実践を学ぶ!

開催日程
名古屋地区
2019年7月20日(土)10:00〜16:00
会 場
IMYビル
開催中止

東 京地区
2019年8月3日(土)10:00〜16:00
会 場
中央大学駿河台記念館
お申込はこちら
指導講師

小成 聡

北水会記念病院 手術看護認定看護師


澤田大和

JA愛知厚生連海南病院 手術センター
手術看護認定看護師


講師からのメッセージ
 皆さんは、日々手術がトラブルなく終了できるよう、術前から努力、試行錯誤しながら業務に取り組んでおられるかと思います。そこで、よりスムーズかつ安全に手術看護を行うために有力な情報・ヒントとなるのが術前の検査画像です。実は、画像には周術期の看護に活用できる情報が詰まっています。とはいっても、何がどう写っているかわからない、何をみたらよいかわからない、見方を先生に聞きづらいなどといったことはありませんか?
 このセミナーでは、画像の見方と得た情報の周術期看護への活かし方についてわかりやすく解説します。わからないことは何でもご質問下さい!

画像検査から得るべき情報がわかる!手術看護に生かせる!
 あなたならこの画像から何を考え、
 どう看護しますか?

 例)頸動脈内膜剥離術(CEA)
↓画像から次のようなことを予測でき、手術看護につなげることができます
 【MRI】
 狭窄部位の確認。A-comやP-comの確認。
 →対側からのクロスフローが得られるかどうかを確認。
 確認できなければ、必ずバイバルーンカテーテルを準備
 【造影イメージ】
 プラークの石灰化の確認。狭窄部位の位置の確認。
 →石灰化がある症例では剥離に時間と技術を要することを予測。
 また、通常はC3〜C4だが、稀に高い位置の狭窄がある。
 その場合は、剥離・血管確保が困難になることを予測。
 これらを考慮し、必要となる準備物品は…

抜けのない準備、安全な手術の進行ができる!
術中・術後の注意点がわかり、次の行動を予測できる!


プログラム
◎画像読影の基本
 画像と解剖生理の関連や、
 画像の見るべきポイント、得るべき情報を
 学習します。


◎情報の手術看護への活用
 緊急手術時や、術前・麻酔導入〜術後につなげる
 ための読影と看護実践のポイントを学習します。

1.画像読影の基本(胸腹部の画像を基に)
 単純X線写真/CT/MRI/エコー
 ●撮影の原理(陰影が表すもの) 
 ●各種検査画像と解剖
 X線写真の基礎(正面像・側面像、立位・座位・臥位 など)
 異常はこう読む!
 ●術後に見るべき画像チェックポイント
  (無気肺/気胸/胸水/チューブ・ドレーン・
  胃管・カテーテルの位置/体内遺残 など)

2.疾患(術式)別に学ぶ画像読影と
  手術看護に生かすアセスメントの実践

 疾患別画像読影のポイント
 疾患別画像から読み取るアセスメント
 アセスメントからつなげる実際の手術看護
 術式別(開胸・開腹と内視鏡手術)に留意すべき対応
 ◆学べる疾患(術式)
  《胸腹部》
   大動脈解離/消化管穿孔/イレウス ほか
  《頭頸部》
   脳出血/脳梗塞/くも膜下出血/脳動脈瘤/脳腫瘍/脳ヘルニア
   水頭症/開頭術・減圧術(前頭側頭開頭術後頭下開頭術)
   穿頭術/脳血管外科手術(脳動脈瘤クリッピング術)
   頸動脈内膜剥離術(CEA)
   浅側頭動脈−中大脳動脈吻合術(STA-MCA吻合術) ほか


ねらい
 画像を見れるようになれば、こんな力が身につきます
・患者の病態などを読み取り、その患者の個別性に合わせた術前準備が
 できます。
・術中や術後の看護のアセスメント、注意すべき点がわかり、
 次の行動を予測できるようになります。
・抜けのない準備・展開で、よりスムーズ、より安全に手術を
 進行・終了させることができます。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数19人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「手術室で必要な画像検査の読み取り方と周術期看護への活かし方」

 名古屋地区: 
2019年7月20日(土)
開催中止

 東 京地区: 

2019年8月3日(土

お申込はこちら

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671