ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【大阪(1回目) 14801-1】【大阪(2回目) 14801-2】
基礎から最新治療まで、疾患別にわかりやすく!

開催日程
大阪地区
【第1回】2019年5月25日(土)終了
【第2回】2019年6月29日(土)
 
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

時 間
いずれも10:00〜16:00
指導講師

朝井 章  →プロフィールはこちら


大阪医科大学 消化器内科 講師/医学博士



プログラム

〈第1回〉 様々な原因による肝疾患編

1.肝疾患の基礎知識をおさらいしよう!
 1)肝臓の解剖と機能の確認
 2)肝障害について
   急性及び慢性の違いとその原因について

2.ウイルス性肝炎を理解しよう!
 1)急性ウイルス性肝炎〜まず原因を突き詰めてから治療を
   肝炎ウイルスによるもの
   肝炎ウイルス以外によるもの
 2)B型肝炎ウイルス感染症〜B型肝炎は世界最大級の感染症
   HBV感染後の自然経過
   検査〜ウイルスマーカーを実際に臨床でどう使い分ける?
   B型肝炎と肝細胞がん〜HBVによる肝発がんのメカニズム
   治療〜目的・適応・薬剤選択のポイントは?
   HBVの再活性化〜免疫抑制・化学療法との関連は?
 3)C型肝炎ウイルス感染症〜撲滅を目指した最近の治療
   HCV感染後の経過
   検査〜必要な検査項目は?
   治療〜適応・薬剤選択のポイント・DAAの分類と作用機序
   HCV治療での問題点

3.非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を理解しよう!
   〜どんどん増加の一途をたどる生活習慣病の1つ

 1)NASHとは?〜概念・定義・病態
 2)診断〜どのように診断される?
 3)治療〜生活習慣の改善

4.アルコール性肝障害(ALD)を理解しよう!
   〜消化器内科だけでは終わらない根深い問題

 1)ALDとは?〜概念・定義・疫学
 2)診断と合併症
 3)治療〜どんな治療がある?

5.自己免疫性疾患を理解しよう!
   〜忘れてはいけない自己免疫性肝炎(AIH)と
    原発性胆汁性胆管炎(PBC)

 1)AIHとは?〜定義・診断・治療
 2)PBCとは?〜定義・診断・治療

.薬物性肝障害(DLI)を理解しよう!
   〜もっとも身近な肝障害の原因

 1)DLIとは?〜概念・定義・病態
 2)診断〜どのように診断される?
 3)治療


〈第2回〉 肝硬変・肝細胞がん編

1.肝疾患の基礎知識をおさらいしよう!
 1)肝臓の解剖と機能の確認
 2)肝障害について
   急性及び慢性の違いとその原因について 

2.肝硬変を理解しよう!
 1)病態〜慢性肝炎の終末像
 2)検査〜必要な検査は?
 3)治療〜線維化進展の予防
 4)合併症の治療
   腹水および浮腫〜小さい変化から見つけよう
   肝性脳症〜きっかけを探すことが大切
   かゆみ〜実際は、かゆみの患者が結構多い
   サルコペニア〜栄養療法が大事
 5)治療に伴うケアのポイント・看護師の役割

3.肝細胞がんを理解しよう!
 1)原因・発症のメカニズム
 2)症状と診断〜どのように診断される?
 3)治療法〜動画を交えて
   治療の選択はどうやっているの?
   経皮的処置
    (ラジオ波焼灼術:RFA、マイクロ波焼灼療法:PMCT、
     エタノール注入療法:PEIT)
   肝動脈化学塞栓療法(TACE・HAIC)とは
   分子標的治療薬の役割
   治療法の選択はどうやっているのか?
   治療に伴うケアのポイント・看護師の役割

4.門脈圧亢進症を理解しよう!
 1)原因・発症のメカニズム
 2)症状と診断について(内視鏡所見も含めて)
 3)治療法〜動画を交えて
   内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)と
    内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)の違い
   バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)


病態・治療の実際から
医師が看護師に求める役割までを整理して解説

ねらい
 本セミナーでは、肝疾患を理解するために必須の解剖・検査・診断といった基本を押さえたうえで、さまざまな肝疾患を取り上げ、臨床の第一線で活躍する医師が、それぞれの病態やどのようなことを考え診療しているのかを明確にしながら内科的治療の実際とそれに伴う看護師の役割について解説します。
 第1回目は、B型・C型肝炎ウイルスによるウイルス性肝炎をはじめ、近年問題となっている非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、アルコールの長期摂取によるアルコール性肝障害、自己免疫の異常による自己免疫性肝疾患、薬剤の服用によって起こる薬物性肝障害について理解を深めます。さらに重要性が示されているHBVの再活性化対策についても解説します。
 第2回目は、慢性進行性肝疾患の終末像である肝硬変、肝細胞がんについて理解を深めます。治療の実際については動画を交えて解説します。
受講料
2回とも参加 一般:28,000円 会員:25,000円
1回のみ参加 一般:18,500円 会員:15,500円(どの回でも可)
   
(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※代理参加可(お申し込み者とそれぞれの回の参加者は違う方でも構いません)
※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
朝井 章
 大阪医科大学消化器内科
  講師/医学博士
 研修後よりアメリカに留学し、その帰国後から臨床を再開。専門分野は肝臓。日本肝臓学会肝臓専門医、日本消化器病学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本がん治療認定機構がん治療認定医。医療者対象の講演会だけでなく市民公開講座での講演実績も豊富でわかりやすい指導に定評がある。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「肝疾患の内科的治療の実際と看護師の役割」

 大阪地区
【第1回】2019年5月25日(土)終了
【第2回】2019年6月29日(土)
お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671