ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【仙台 14806-1】【大阪 14806-2【札幌 14806-3】【岡山 14806-4】
【東京 14806-5】【名古屋 14806-6】
 ACP-Aワークショップを体験して実践のポイントを学ぶ
 「生活を支える視点での意思決定支援」で
 「希望をつなぐ連携」を!

開催日程
仙 台地区
2019年3月23日(土)10:00〜16:00
会 場
ショーケー本館ビル
お申込はこちら

大 阪地区
2019年5月18日(土)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

札 幌地区
2019年6月15日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

岡 山地区
2019年7月20日(土)10:00〜16:00
会 場
福武ジョリービル
お申込はこちら

東 京地区
2019年9月1日(日)10:00〜16:00
会 場
フォーラムミカサ エコ
お申込はこちら

名古屋地区
2019年9月29日(日)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら
指導講師

千葉恵子  →プロフィールはこちら


亀田総合病院 疼痛・緩和ケア科
緩和ケアサポートチーム 緩和ケア認定看護師


2011年からの取り組みで得た実践知を元に指導!

プログラム

1.ACPの(アドバンス・ケア・プランニング)
  
基本理解
 CPの概要、用語の定義、考え方
 プロセスとしてのACP
 ACPの5つのステップ
 ACPにおける「共有意思決定」
 ACPを進める体制づくり

2.高齢化率40%超の地域におけるACPの実践
 安房地域の特徴と医療提供体制
 ACP-A立ち上げの経緯
 院内における「人生の最終段階の医療」の実際
 ACPを院内そして地域に浸透させるための手順
 厚労省ガイドラインの活用

3.これからACPを進めるための体制づくり
 院内における多職種チームづく
 地域における医療介護職との連携
 ACPを進めるための各種ツール
 ACPを浸透させるための教育研修
 ACPにおいて看護師が果たすべき役割

4.【体験で学ぶ】ACP-Aワークショップの実際
 ACPの理解・活用を進めるための仕掛け
 ワークショップ開催の3つのステップ
 【体験】
  「もしも…のときの話し合い」についてのグループワーク
 【体験】
  「もしバナカード」を用いたワークACPファシリテーターの役割
 ワークショップ開催時の注意点やファシリテータの役割
 元気なうちからACPについて考える機会の提供

5.ACP実践のポイント
 結果を求めるのではなく過程を丁寧に 
 「今」という視点で話し合いをし続ける
 すべてが変化しうるもので正解はない
 「治療をする・しない」を決めることがゴールではない
 患者が大切にしていることを患者と確認する
 揺れ動く気持ちも含めて寄り添い続ける

6.ACP実施後の評価
 「これでよかったのか」の思いへの対処
 ●関係者によるカンファレンスの持ち方
 ●ACPを地域でつなぐためのポイント


ねらい
 「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」が10年ぶりに改訂され、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」の概念が盛り込まれると共に、診療報酬改定で一部の項目の施設基準として「ガイドライン」を踏まえた看取りの指針の策定が盛り込まれたことも話題になりました。
 今後ますますその活用が重要視されるACPですが、実際に院内や地域に浸透させるためには、それ相応の仕掛けと仕組みが必要です。ACPをゲーム形式で考えるツールである「もしバナカード」を使ったワークショップの実習などを通して、高齢化率40%超の地域でACPの理解と活用方法を広める活動をしているACP-Aのノウハウを学びます。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数11人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
千葉恵子
 亀田総合病院 疼痛・緩和ケア科
 緩和ケアサポートチーム 緩和ケア認定看護師

 2005年緩和ケア認定看護師取得、2007年フェルディ式医療マニュアルリンパドレナージセラピスト資格取得、2015年千葉大学大学院訪問看護教育研究分野修士課程修了(看護学)。亀田総合病院では、緩和ケアサポートチームが中心となって、既に2011年に千葉県安房地域でACPを普及させるためのプロジェクト「ACP-A」を立ち上げ、活動をスタートさせている。


講師からのメッセージ
 ACPは患者がどのようなことを大切にしているのかを一緒に確認するプロセスです。医療者の価値観が患者の思いを確認する際に影響することもあります。
 このセミナーでは、患者や家族の思いを聞くためのスキルを学ぶだけではなく、かかわる医療者自身の価値観を確認し、どのようなかかわりができるか確認するワークも取り入れています。ワークが自分の価値観に触れる機会となるかもしれないので、その点については配慮をしますがご了承の上ご参加ください。

★☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「院内・地域でACPを進める準備・実施・評価」

 仙 台地区: 
2019年3月23日(土) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2019年5月18日(土) お申込はこちら

 札 幌地区: 
2019年6月15日(土) お申込はこちら

 岡 山地区: 
2019年7月20日(土) お申込はこちら

 東 京地区: 
2019年9月1日(日) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2019年9月29日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671