ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【旭川 14827-1】【室蘭 14827-2】【網走 14827-3】【札幌 14827-4】【帯広 14827-5】
 事例解説と演習をミックスした実践的研修
 "3つの役割"を果たす力をつける

開催日程
旭川地区
2019年7月13日(土)10:00〜16:00
会 場
旭川トーヨーホテル
お申込はこちら

室蘭地区
2019年7月14日(日)10:00〜16:00
会 場
室蘭市生涯学習センター「きらん」
お申込はこちら

網走地区
2019年8月31日(土)10:00〜16:00
会 場
網走厚生病院講堂
お申込はこちら

札幌地区
2019年9月1日(日)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

帯広地区
2019年11月16日(土)10:00〜16:00
会 場
道新ホール
会場変更
日専連ビル
お申込はこちら
指導講師

西浦聡子  →プロフィールはこちら


奈良県立医科大学附属病院 看護副部長/認定看護管理者


演習
別施設の主任との悩み・課題を共有する演習で、
新しい視点を発見でき、頭の中も整理できます!

【わかる・知っている】⇒ 【できる・動ける】 事例解説で行動をイメージ


プログラム

T,主任・副師長・係長ならではの問題解決
  
〜「悩み事」を「困り事」に変えよう!
 悩む=ゴールがなく彷徨う・困る
  →考える。ゴールに向かい工夫する
 悩むのではなく、困るために何をすべきか?
 看護現場(部署)で困っている事って何?
 なぜ困る?問題が複雑に絡み原因がわからない…
 適切な問題を発見(設定)しよう!


 【演習】〜よくあるケース例で解決策・主任の介入方法を考える
  ケース例@現場改善をしたくても変化に後ろ向きな人が多い…
  ケース例A声の大きな人や和を乱す人が原因で職場の雰囲気が悪い

U,"調整役・挟まれ役" コンフリクト(衝突・対立)の
   解消

 コンフリクトって何? 医療・看護現場のコンフリクト場面とは?
 主任としてコンフリクトにはどうかかわるのか?
  場面別に考えよう
  〜患者対看護師、医師対看護師、看護師同士など
 コンフリクトマネジメントのスキル
 【演習】 〜よくあるケース例で解決策・主任の介入方法を考える
  ケース例@いまどきの若者との価値観・考え方の違いでヒヤヒヤ
  ケース例A感情の対立や倫理的ジレンマ
       (医師:看護師、師長:スタッフ等)

V,主任がすべき・できる人材育成と
  モチベーションUP

 スタッフがイキイキする条件とは?自己肯定感・効力感
 意識づけや承認の重要性
 スタッフの強みを見つけよう! 指導のコツ
 【演習】〜よくあるケース例で解決策・主任の介入方法を考える
  ケース例@指導者とスタッフが描く目標・ゴールが不一致
  ケース例A「理解できている?」「意見が無い?」反応が薄い

                 ※演習のケースは、当日の受講者の要望に合わせて変更になります。


ねらい
全国的に主任看護師の人数が増えています。その昔は1看護単位に1名だったのが、昨今では2名が当たり前で多い施設では3〜4名になっています。役割分担が進むのは負担軽減の意味でもよいのですが「管理的な広い目線」が持ちにくくなり、「役割」だけ行えばよいという傾向もあるようです。また以前からある「スタッフ目線から卒業できない」「管理的な事は何をすればよい?」という課題はいまだに根強く存在します。やはり知識で終わらない"実践で生かせる管理知識"が求められます。
 たとえば現場の「困りごと」を解決するという管理行動も、何が困りごと=問題の本質なのか?という考え方が身についていないため"対症療法"を繰りかえし解決に至らない事が多いです。このような身近にある場面に対応できる知識とスキルを身につける連載をイメージしています。
本セミナーでは上記の「困りごと対策=問題解決」と「人間関係調整」、「現場の人材育成」という、主任が果たすべき3つの代表的役割について基礎知識を知り、自事例解説で理解を深め、演習でマスターするという流れで学びます。別の施設の同じ悩み"主任って何をどうすればよい?"を持つ主任・副師長と同じテーマで演習する事で、「あっそういう考えもあるんだ!」等理解が縦にも横にも深まりますし、楽しく学ぶことができます!
受講料
一般:18,000円 会員:15,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
西浦聡子
 奈良県立医科大学附属病院
 看護副部長/認定看護管理者

 院内での管理者教育を担当。管理実践を再学習する場として継続型ランチョンセミナーを計画・講義をしている。その取り組みと成果は日本看護管理学会などでも発表されている。「管理・教育は知識だけじゃなく実践力に変えられる事が一番重要。その実践にはコミュニケーション力が不可欠」をコンセプトにしている講義は現場の悩みを反映させており、ユーモアたっぷりの語り口とわかりやすいスライドにも定評がある。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
主任看護師の「問題解決」「人間関係調整」「人材育成」

 旭川地区: 
2019年7月13日(土) お申込はこちら

 室蘭地区: 
2019年7月14日(日) お申込はこちら

 網走地区: 
2019年8月31日(土) お申込はこちら

 札幌地区: 
2019年9月1日(日) お申込はこちら

 帯広地区: 
2019年11月16日(土) お申込はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671