ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【仙台 14839-2】【東京 14839-3】
 栄養剤の選択、薬剤との配合変化を根拠に基づき
 様々な事例で基礎から学ぶ

開催日程
仙台地区
2019年8月24日(土)10:00〜17:00
会 場
ショーケー本館ビル
お申込はこちら

東京地区
2019年8月25日(日)10:00〜17:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら
指導講師

宮澤 靖  →プロフィールはこちら


東京医科大学病院  栄養管理科 科長
美作大学大学院  臨床教授
日本栄養経営実践協会  代表理事



プログラム

1.経口摂取推進へ向けた栄養アプローチ
 経口摂取だけでは必要栄養量に足りないときにどうする?
 適切な栄養投与ルートを選ぶポイント

2.病態に合わせた適切な経腸栄養剤と注意すべき症状
 ●経腸栄養剤の種類と選択のポイント
   薬価収載品経腸栄養剤と食品扱い濃厚流動食
   成分栄養剤と消化態栄養剤
   腎機能障害用
   肝機能障害用
   糖尿病用
   免疫賦活栄養剤(immunonutrition)

 ●注意すべき症状と考慮すべき薬剤の配合変化
   下痢
   便秘
   
ルートの閉塞

3.【豊富な事例で学ぶ!】
  薬剤と栄養サポートの上手な付き合い方&
  危険な関係性

 利尿薬と水分投与量の関係
 抗菌薬に含まれているNa
 食品と薬品の相互作用
   グレープフルーツジュース、クロレラ、緑黄色野菜 など
 肝不全用栄養剤と食事併用時のたんぱく質摂取量
 糖尿病薬と経腸栄養中止症例
 低Na血症時の塩分付加量

自信を持って関わるために学習すること
最新の経腸栄養剤事情を知って、病態に合わせたアプローチ!
経腸栄養での注意すべき症状と予防・改善策を知って
 患者の苦痛を緩和!
危ない相互作用や薬剤の影響を考えて適切な水分や栄養素を提供!

受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
宮澤 靖
 東京医科大学病院  栄養管理科 科長
 美作大学大学院  臨床教授
 日本栄養経営実践協会  代表理事

 アメリカ静脈・経腸栄養学会認定栄養サポート栄養士(NSD)、日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)認定NST専門栄養療法士。臨床における栄養部門の役割拡大を考え、米国エモリー大学医学部にてNSTを学ぶ。日本では長野市民病院、鈴鹿中央病院、近森病院など数多くの病院のNSTの立ち上げと運営に携わってきたNST・栄養管理の達人。2019年1月より現職。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「要注意な「経腸栄養剤と薬」のつながりと栄養サポート」

 仙台地区: 
2019年8月24日(土) お申込はこちら

 東京地区: 
2019年8月25日(日) お申込はこちら

 

 

 

日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671