ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【名古屋 14843-2】【札幌 14843-3】【東京 14843-4】
 現場の「またか」に対応! 再発を防止!
 「なぜ」を繰り返し、真の原因を見つける手法を医療現場に活用

開催日程
名古屋地区
2019年9月21日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら

札 幌地区
2019年11月2日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

東 京地区
2019年11月9日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら
指導講師

福丸典芳  →プロフィールはこちら


福丸マネジメントテクノ 代表取締役


演習で「なぜなぜ分析」の導入・実践法を!

プログラム

1.医療品質の見方・考え方
 品質ファースト
 顧客(患者・その他の組織・人)重視
 プロセス重視
 PDCA
 SDCA
 
事実に基づく管理
 目的志向
 重点指向
 業務の見える化
 全部門、全員参加
 人間性尊重、従業員満足

2.プロセス管理
 プロセスとは
 プロセスを管理する考え方

3.問題発生のメカニズム
 問題とは何か
 問題発生の状況や発生源を特定する
 問題追求の基本6ステップ
 問題発生のメカニズム
 応急対策と再発防止とは
 再発防止の問題点
 再発防止のステップ

4.【演習】インシデント分析に必要な要素
 インシデントの事例
 インシデント分析の方法(作業標準と実施手順のギャップ分析)

5.【演習】なぜなぜ分析とその対応策
 特性要因図の作り方
 なぜなぜ分析の進め方
 エラープルーフの考え方

【演習】インシデント分析
 事例分析


ねらい
 医療現場でインシデントやアクシデントが減少しない背景には「原因」の究明が「一次」「二次」レベルに留まって、「真の原因」にたどり着いていないことがあります。「真の原因」を追究し、同種のインシデントやアクシデントの再発防止に効果のある分析手法「なぜなぜ分析」の実践方法について、我が国の品質管理分野の第一人者に学びます。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数14人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
福丸典芳
 福丸マネジメントテクノ 代表取締役

 日本電信電話公社入社、NTT品質管理部担当課長、NTT-MEコンサルティング取締役などを経て現職。日本規格協会品質マネジメントシステム国内委員会委員なども務める品質管理のエキスパート。厚生労働省「医療提供システムの総合的質管理手法に関する研究」班の品質安全管理アドバイザーに就任、医療安全管理の標準化推進に尽力。数多くの病院指導で活躍。DVD教材『危険予知の技法―KYTと5S』(NDP)の監修も手掛ける。『院内研修にすぐ使える!KYT&5S』(日総研出版)『QMS―改善のための七つ道具』(日本規格協会)ほか著書多数。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
インシデント・アクシデントに効く「なぜなぜ分析」の活用法

 名古屋地区: 
2019年9月21日(土) お申込はこちら

 札 幌地区: 
2019年11月2日(土) お申込はこちら

 東 京地区: 
2019年11月9日(土) お申込はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671