ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【オンデマンド 14848-4】
 転倒事故が格段に減る6つのポイントを集中講義

お申し込み期間 8月9日(日)まで

配信開始日
録画配信 オンデマンド
 全国どこからでも受講可能

2020年8月23日(日)〜

  お申込はこちら

※本セミナーは、講義時間約3時間の録画配信(オンデマンド)です。
※視聴期間は配信開始日から2週間です。9/6(日)までにご視聴ください。
※お申し込みは8/9(日)までにお願いします。
※PC/タブレット/スマートフォンなどインターネット環境が必要です。

※ご確認ください
オンデマンドセミナーの受講にあたり

【配信期間】2020年8月23日(日)9:00〜9月6日(日)20:00
指導講師

松本健史  →プロフィールはこちら


合同会社松本リハビリ研究所 所長 
理学療法士/介護支援専門員/社会福祉学修士


あなたのその介助、その環境が
転倒リスクを高めているかもしれません!

プログラム

改善1「高齢者は転びやすい」
    その原因を知ろう!

 ●内的要因
 ●外的要因
 ●突発的要因

改善2「転倒リスクの高い利用者」を
    いかに見極めるか!

 ●加齢による変化
 ●病気・障害によるリスク
 ●薬・食事の影響

改善3「転倒リスクに対応した体制」で
    安全な職場をつくる!

 ●転倒事故の多い時間帯
 ●センサーマットの功罪
 ●事故対策のワークショップ

改善4「転ばない環境づくり」は
    時と場所の事前対策を!

 ●動線の把握と断捨離
 ●福祉用具活用の留意点
 ●設備の改善

改善5「転倒させない介助術」を知って
    リスク回避を!

 ●安全介助の基本
 ●高齢者の力を生かす
 ●NGな介助の理由

改善6「転倒予防体操」で
    日頃から転倒しない体づくりを!

 ●生活の再構築
 ●筋肉の活性化
 ●バランス機能
 ●反射神経



原因がわかれば対策が立てられる!
介護現場の理学療法士がすぐに実践できる
転倒予防策を伝授!
ねらい
 高齢者はひとたび転倒すると活動性が落ち、寝たきりや認知症につながる可能性があります。あなたのその介助、あなたの施設の環境や体制が利用者の転倒を招いているとしたら…?! 本セミナーでは、皆さんの施設の転倒事故が格段に減少する適切な介助術と、転ばない身体・環境・職場づくりのポイントについて介護現場の経験豊富な理学療法士が実例を交えて指導します。
受講料
一般:10,000円 会員:7,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※本セミナーはお申し込み者(ご本人)のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の場合は、
 それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。


指導講師

 
 
松本健史
 合同会社松本リハビリ研究所 所長
 
理学療法士/介護支援専門員/社会福祉学修士

 関西大学法学部卒業。阪神大震災後リハビリの道へ。2000年九州リハビリテーション大学校卒業。2014年より、本の出版、研修事業の「松本リハビリ研究所」設立。リハビリ介護の視点と技術が持てる「生活リハビリの達人」養成研修が話題。著書に『通所サービス間違いだらけの生活機能訓練改善授業』(日総研出版)、『認知症利用者・中重度利用者生活機能訓練』(日総研出版)、『転倒予防のすべてがわかる本』(講談社)がある。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671