ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14855-2】【名古屋 14855-3】
 悩みを解消する具体的な「処方箋」
 これから期待される役割を連携事務職のパイオニアに学ぶ

開催日程
東 京地区
2019年10月12日(土)
日程変更
2020年2月1日(土)
10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
お申込はこちら

名古屋地区
2020年1月25日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら
指導講師

千田康徳  →プロフィールはこちら
石巻赤十字病院 総務人事課長(前・地域医療連携課長)
東北7県医療連携実務者協議会 宮城県実行委員長


菅野雅博  →プロフィールはこちら
一般財団法人大原記念財団 大原綜合病院
総合患者支援センター 室長
福島県北地域連携ネットワーク 代表世話人


プログラム
千田氏「地域連携に向き合う事務職の姿勢」

1.地域医療連携の全体像
  〜生い立ちから現在までの状況

2.当院地域医療連携室の取り組み
  ●紹介型外来
  ●地域連携実務者ネットワーク

3.地域医療連携室における事務職の役割
  ●病院経営への貢献
  ●外部環境の分析と自院の診療データの組み合わせ
  ●専門職が働きやすい環境整備
  ●経営層への提言

4.地域連携に対する事務職として
  求められる5つの姿勢

 @病院経営の視点を持つ
 A広報の視点を持つ
 B信頼関係を構築する
 Cアンテナの感度を高く保つ
 D発言力を持つ

5.連携事務職は
  デスクワークをするだけの職種ではない

  ●専門職の目の行き届かないところや隙間を埋める
  ●連携に必要な人と人とのつながり
  ●広い視野と好奇心を持ち、外に出て積極的に仲間を増やす

菅野氏「地域連携に関わる事務職としての具体的アクション」

1.当院および総合患者支援センターの概要
  ●垂直連携と水平連携
  ●情報共有の方法
  ●限られた時間に少ない労力で最大限の生産性を上げる

2.事務職の2つの視点
 @直接コミュニケーション
  ●日々の小さな改善にフォーカスし積み重ねる
  ●その場その時の気づきが顧客視点を高める
 A病院全体の最適化
  ●経営貢献しながら業務全体の管理も組織的に行う
  ●マーケティングデータから戦略を考える

3.事務職に求められる3つの役割
 @経営ができる
  ●経営=行動し何かしらの成果を出すこと
 A行動ができる
  ●仮説を事実にするために実際に現場に足を運ぶ
  ●経営への貢献度を見えるようにする
 Bつなぎ人になる(調整ができる)
  ●「この人なら一緒にやりたい」と思われる人になる
  ●日常の業務における積み重ねが信頼の貯蓄
  ●自身の考えに固着せず他職種をリスペクトする
  ●メンターを見つける

4.病院の中核職員として活躍するために


地域連携に欠くことのできない
事務職「ならでは」「だからこそ」の
強みを生かす役割・行動がわかる!

ねらい
 入退院支援の充実が図られる中で、看護師、MSWが果たす役割がクローズアップされていますが、同様に連携部門を支える職種である事務職については、必ずしもその役割が明確でないという声を聞くことがあります。一方、事務職ならでは、事務職だからこその強みを活かして、地域連携をより深化させている病院もあります。連携事務職として連携業務をリードしてきたお二人に、地域連携における事務職ならではの役割について学びます。
受講料
一般:18,500円 会員:15,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数11人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 千田康徳
 石巻赤十字病院
 総務人事課長(前・地域医療連携課長)
 東北7県医療連携実務者協議会 宮城県実行委員長
 1989年石巻赤十字病院入職、庶務課,医事課などでの勤務を経て、2004年地域医療連携室を立ち上げ、その後地域医療連携課長に就任。2008年石巻地域連携実務者ネットワークを設立し、事務局長に就任。2014年より管財課長、2017年より人事課長、2018年4月より現職。

 
 菅野雅博
 一般財団法人大原記念財団 大原綜合病院
 総合患者支援センター 室長
 福島県北地域連携ネットワーク 代表世話人
 2002年東北福祉大学卒業。あづま脳神経外科病院にて事務長代行、2013年に大原綜合病院入職。2016年に室長に就任し、病床管理部・経営マネジメント室を兼務し現在に至る。これまで、医事課・人事課・総務課・企画課・地域連携を歴任。現在、福島市在宅医療・介護連携支援センター運営委員、日本医療マネジメント学会福島県支部役員、医療福祉連携士、福島県北地域連携ネットワーク代表、ふくしま病院連携ネットワーク実務者の会代表、日本病院会病院経営管理士受講中。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sendai@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (022)261-7660におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「地域連携をさらに一歩進める事務職の発想と行動」

 名古屋地区: 
2020年1月25日(土) お申込はこちら

 東 京地区: 
2020年2月1日(土) お申込はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671