商品番号 大阪 14867-3

現場で必要となる知識を厳選して解説!

はじめてのCCU看護

急性期循環モニタリングの最重要ポイント

指導講師
講師写真

守谷千明

日本赤十字看護大学 看護学部 成人看護学 助教

急性・重症患者看護専門看護師/集中ケア認定看護師

 日本赤十字看護大学大学院 看護学研究科成人看護学 修士課程修了。2004年東京女子医科大学病院入職。脳外・内科病棟を経て2006年同病院CCU勤務。2011年集中ケア認定看護師取得。2021年より現職。


心不全とか不整脈って暗記でしょ?
いいえ、ちがいます!
“理解しやすい学び方”で、なるほど納得!

土台となる知識→病態・疾患別看護→
急変予防の3STEPで理解を深める!

 本を開いても何かいっぱい書いてある循環の領域。自己学習しようと思ってもなかなかポイントはつかみづらいものです。本セミナーは、現場で必要となる知識を厳選し、急性期で「循環を把握する力」「すぐ行動につなげる力」を磨く内容です。
 医師や先輩ナースが求めているレベル、絶対に押さえておくべきポイントについて、観察・ケアの根拠を踏まえて基本からやさしく解説します。どこから手をつけてよいかわからない方も安心して受講ください。


プログラム

STEP1:循環に強くなる土台知識

STEP2:病態・疾患別現場で問われる観察知識
~CCU看護の登竜門!
 ACS・心不全・不整脈の攻略ポイント

STEP3:事例で考える!急変を未然に防ぐ力
~もしも起こったら一大事!応用力を身につける!

STEP1:循環に強くなる土台知識

 1)そもそも「循環」って何?

  心機能、心拍出量、血圧

 2)「循環が悪い」ってどういうこと?

  循環障害(ショック分類)

 3)「循環」ってどうみるの?

  何を観察して判断するか

  循環と呼吸の関連

STEP2:病態・疾患別現場で問われる観察知識
~CCU看護の登竜門!
 ACS・心不全・不整脈の攻略ポイント

 1)急性冠症候群(ACS)は「時間」との勝負!

  発症時の症状と所見

  診断と治療の流れ

  責任病変別合併症と合併症発症リスク時期

 2)心不全はタイプ(分類)を知ることが理解の近道!

  心不全の症状と身体所見

  病態と分類(クリニカルシナリオ分類、
ノーリア・スティーブンソン分類)

  予測する看護(低心拍出量症候群、肺水腫)

 3)不整脈は「緊急性」の判断と「持続時間」が鍵!

  不整脈を引き起こす疾患

  緊急性の高い不整脈

  どこをみる?循環モニタリングのポイント

STEP3:事例で考える!急変を未然に防ぐ力
~もしも起こったら一大事!応用力を身につける!

 【事例1】排便後に突然の呼吸困難感の増強!なぜ?

 【事例2】PCI後に突然の胸痛と呼吸困難感!なぜ?

◎開講日程

大阪地区 2024年3月23日(土)10:00~16:00
会場:田村駒ビル

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 19,000円 会員 16,000円 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。 ※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。

◎お支払方法
・お送りする振込用紙でコンビニまたは郵便局でお手続きください。 ・当日、会場でもお支払いいただけます(現金のみ)。

◎申込締切:開催日当日まで ※開催2日前よりお電話のみの受付となります。
お電話での受付: 0120-057671(平日9:00~17:00)
※最少催行人数10人。これに達しないときは開催を中止する場合がございます。

※受講時の禁止事項(録音、録画)、お申し込み前の注意事項(受講要領)はこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 osaka@nissoken.com お電話の場合は、 (06)6262-3215 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら