ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14873-1】【大阪 14873-2】【福岡 14873-3】
 「訴えてやる!」と言われても慌てないために!
 医療・介護と法律をよく知る「医師で弁護士」から実務を学ぶ!

開催日程
東京地区
2019年10月20日(日)10:00〜16:00
会 場
フォーラムミカサ エコ
お申込はこちら

大阪地区
2020年1月19日(日)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

福岡地区
2020年3月14日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室(第7岡部ビル)
お申込はこちら
指導講師

鈴木孝昭 AIT医療総合法律事務所 医師・弁護士


ほか2名の弁護士が指導

→講師の詳細はこちら


難しい法律用語も簡単に!初心者向けにわかりやすく!

医師と弁護士の掛け合いで、裁判例もかみくだいて紹介!

プログラム

1.意味のない同意書、意味ある同意書
 同意書の前提となる「しっかりとした説明」とは?
 インフォームドコンセントはどこまでやればよいのか?
  どのように記録に残すか?

2.やってはいけない謝罪の方法
 謝罪の法的意味と取るべき初期対応

3.いざという時のカルテ・看護記録の書き方
 裁判において診療録、看護記録、
  意見書などの書類の持つ法的な意味とは?
 それを踏まえ、記録で注意すべき点は?
 夜間巡視の記録、チェックリストの活用について

4.転倒転落・身体抑制・裁判例が読み解く予防と対処
 裁判所はどのように考えているか(昨今の情勢も含め)
 病院や施設側が管理責任を果たすためのポイント
 こういった場合は…
  看護師の責任? 医師の責任? 病院(施設)の責任?
 事故が起きてしまったら…なによりも初期対応が肝心
 裁判回避のためのコミュニケーションと和解
 裁判になったらどうすればいい?

5.日常業務で感じる疑問点やお困り事例への
  対処法を回答(質疑応答)

受講料
一般:20,000円 会員:17,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 

 鈴木孝昭
 AIT医療総合法律事務所
 医師・弁護士

 [全地区担当

 群馬県出身。医師として10年余り臨床に携わる。医療は常に訴訟の危険にさらされているにもかかわらず、医療関係者は司法に対して無防備であり、その結果として現場が萎縮している状況に問題意識を持ち、司法試験を目指すことを決意。2013年司法試験合格。医師として病院・老人保健施設などでの勤務の経験があり、転倒予防などを指導・管理した経験を持つ。医師と司法の相互理解の促進を目指す。



 

 都 行志
 みやこ総合法律事務所
 弁護士

 [
東京・福岡地区担当

 テレビ局報道記者、ディレクターを経て、弁護士に。多数の医療訴訟事件を扱っている経験を活かし、日々、医療紛争の予防・解決に力を注いでいる。



   野崎智己
 AIT医療総合法律事務所
 弁護士

 東京地区担当

 埼玉県出身。司法修習時代、東京地方裁判所の医療集中部に配属された際に多くの医療過誤訴訟の場に立ち会い、医療事件に関心を持つ。前事務所で企業事件を法務を中心に取り扱った経験を活かし、現在は医療法務を専門に取り扱うAIT医療総合法律事務所に参加。



   青木聡史
 AIT医療総合法律事務所
 弁護士

 [大阪
地区担当

 奈良県出身。事業会社に勤務していた際に、法務に携わることで予防法務の重要性を意識し、法律を学び弁護士になる。裁判所での司法修習の際に医療訴訟に触れる機会があり、医療分野に関心を持つに至り、現在は医療案件も扱っている。弁護士の仕事のほかに、産業医の業務委託会社の代表を務めている。



   伊藤寛之
 AIT医療総合法律事務所
 弁護士

 [大阪地区担当

 名古屋市出身。友人の医療事故を契機に医療と法律の分野に興味を持ち、特に医療訴訟の分野に対しては継続して研究を重ねる。現在は、講演活動、執筆活動などを通して、医療従事者が安心して働ける環境づくりをサポートする活動を行う。



   小里佳嵩
 TMI総合法律事務所
 弁護士

 [福岡地区担当

 慶應義塾大学法学部卒、慶應義塾大学法科大学院修了。五大法律事務所の一角で主として上場企業の企業法務に携わり経験を積む。近年は、主に医療機関や製薬会社等の医療関連企業の法務を担当しつつ、医療機関向けのセミナー活動、執筆活動を精力的に行う。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら
セミナーのお申し込み
「事故・トラブルを想定した同意書・謝罪・記録の方法」

 東京地区: 
2019年10月20日(日) お申込はこちら

 大阪地区: 
2020年1月19日(日) お申込はこちら

 福岡地区: 
2020年3月14日(土) お申込はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671