ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 14894-1】
 熱中症、中毒、感染症、そして万が一の自然災害、テロに備える

開催日程
東京地区
2020年1月18日(土)10:00〜16:00
会 場
飯田橋レインボービル
お申込はこちら
指導講師

稲田眞治  →プロフィールはこちら


名古屋第二赤十字病院 救急科部長兼救命救急センター長
災害医療コーディネーター


救護所でどこまで対応する?
〜知識・スキルを模擬症例でチェック

プログラム

1.大規模イベントの医療救護
 なぜ救護所で医療・看護が必要なのか?
 救護所と診療所・病院の違い
 このイベント、何かが起こりそう?
 災害医療の原則を確認する〜CSCATTT

2.知っておくべき病態と処置
 どこまでやるか〜救護所診療の基本
 意識-A-B-C
 環境障害(熱中症、低体温)
 中毒
 多人数が集まることで拡大する感染症
 自然災害〜地震災害を例に
 人為災害〜テロ災害を中心に
 その他

3.この症例、救護所でどこまで対応する?
 
〜知識・スキルを模擬症例でチェック


集団災害発生のリスクを最小限にするために

ねらい
 大規模なイベントが開催されている中、観客の病気やけがの応急処置、そして万が一の災害やテロに備え、救護者は診療体制を整える必要があります。救護者に求められる知識とスキルを短期間で身につけられるようにプログラムされた研修です。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数17人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
稲田眞治
 名古屋第二赤十字病院
 救急科部長兼救命救急センター長
 災害医療コーディネーター

 大垣市民病院、日本医科大学高度救命救急センター、自治医科大学付属大宮医療センター、武蔵野赤十字病院を経て2004年より現職。日本救急医学会指導医・専門医、日本集中治療医学会専門医、日本麻酔科学会専門医、麻酔科標榜医。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「大規模イベント救護者に求められる知識とスキル」

 東京地区: 
2020年1月18日(土) お申込はこちら

 

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671