商品番号 東京 14914-8

イメージしやすい事例をもとに検索・活用を学習!

支援スキル習得 !
医療的ケア児
その家族支援必要
社会資源活用方法

看護師が情報提供できるよう基本から学ぶ、
成長・発達に応じた各種制度、家族の支援制度 !

指導講師
講師写真

沢口 恵

江戸川学園おおたかの森専門学校
こども福祉学科 非常勤講師

 1994年看護師免許取得。その後、総合病院、東京都福祉保健局、大学看護学部教員を経て、2022年9月より現職。2015年聖路加国際大学大学院看護学研究科修了。

自己紹介・参加者へのメッセージ

 重症心身障害児・者施設での通所・入所施設での看護経験があります。実践・研究では地域で生活する医療的ケアが必要な障害のある子どもの療育に取り組んでいます。セミナーを通じてより家族らしい生活を支援することを考える機会になればと思っています。


自治体によって異なる社会資源の
検索・活用方法がわかる!

こども家庭庁動向をはじめ、
医療的ケア児支援法、こども基本法など、
法改正、新制度の最新情報とポイントを指導!

特色

心理的安全性を確保した人気のワークで情報共有

家族への寄り添い方・接し方など、気づきが得られ、支援力アップ!

 医療的ケア児とその家族が利用できる社会資源は各自治体によって異なります。医療的ケア児に関する保健・医療福祉制度の基本と、新たな制度について学んでいきます。また今回のセミナーでは皆様とのディスカッションを通じて、在宅移行期から在宅移行した医療的ケア児と家族への支援や課題について考えていきたいと思います。


プログラム

1.医療的ケアが必要な子どもの現状

2.医療的ケアが必要な子どもを育てる家族の特徴

3.医療的ケアが必要な子どもの地域での生活

4.子どもに関する保健・医療・福祉制度

5.子どもの成長発達に合わせた保健・医療・福祉制度

1.医療的ケアが必要な子どもの現状

  医療的ケアの定義

  医療的ケア児、重症心身障害児の定義

  医療的ケア児が必要な子どもの現状と課題

2.医療的ケアが必要な子どもを育てる家族の特徴

  家族の発達段階からみた家族の特徴

  きょうだい児への援助

3.医療的ケアが必要な子どもの地域での生活

  地域生活の現状

  地域生活の実際(動画視聴)

4.子どもに関する保健・医療・福祉制度

  根拠となる法律

  サービスの内容

  自治体による施策の実態 

5.子どもの成長発達に合わせた保健・医療・福祉制度

  事例をもとに発達・成長段階に寄り添った支援(制度)を考える

  在宅生活での課題と解決策を検討する

◎開講日程

東京地区 2024年10月19日(土)10:00~16:00
会場:日総研 研修室

◎受講料 (1名につき・税込)
一般 19,000円 会員 16,000円 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年間購読者です。 ※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。

◎お支払方法
・お送りする振込用紙でコンビニまたは郵便局でお手続きください。 ・当日、会場でもお支払いいただけます(現金のみ)。

◎申込締切:開催日当日まで ※開催4日前よりお電話のみの受付となります。
お電話での受付: 0120-054977(平日9:00~17:00、土曜9時~12時)
※最少催行人数8人。これに達しないときは開催を中止する場合がございます。

※受講時の禁止事項(録音、録画)、お申し込み前の注意事項(受講要領)はこちら


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、また、キャンセルのご連絡につきましては、 お客様センターフリーダイヤル 0120-057671 におかけください。(平日9時~18時、土曜9時~12時)

★このセミナーの受講対象やプログラム内容に関するお問い合わせはメールにて受け付けています。 tokyo@nissoken.com お電話の場合は、 (03)5281-3721 におかけください。(平日9時15分~17時30分)

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
詳しくはこちら