ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号 【オンデマンド 14914-4】
【録画配信】オンデマンドセミナー ※講義時間:約3時間
 事例をもとに検索・活用を学習!
 看護師が情報提供できるよう基本から学ぶ、
 成長・発達に応じた各種制度、家族の支援制度!

お申し込み期間 11月26日(木)まで
※サービスチケットご利用の際は上記の7日前までにご投函ください。

配信期間
録画配信オンデマンド
 全国どこからでも受講可能

2020年12月9日(水)〜12月23日(水)

お申込はこちら

※本セミナーは、講義時間約3時間の録画配信(オンデマンド)です。
※視聴期間は配信開始日から2週間です。12/23(水)までにご視聴ください。
※お申し込みは11/26(木)までにお願いします。その日を超過しますと
 視聴期間が短くなる可能性があります(受付最終日:12/3(木))。
※PC/タブレット/スマートフォンなどインターネット環境が必要です。

※ご確認ください
オンデマンドセミナーの受講にあたり
【配信期間】2020年12月9日(水)10:00〜12月23日(水)20:00

指導講師

 
沢口 恵
 東京女子医科大学 看護学部 講師
日本小児看護学会 小児看護政策委員会 委員

1994年看護師免許取得。その後、調布市社会福祉事業団重症心身障害者通所施設、東京都福祉保健局を経て、2019年より現職に至る。2015年 聖路加国際大学看護学研究科修了

自治体によって異なる
社会資源の検索・活用方法がわかる!

プログラム

1.医療的ケアが必要な子どもの現状と課題
 医療的ケアの定義
 医療的ケアが必要な子どもの現状(子どもの数・背景・課題)

2.医療的ケアが必要な子どもを育てる家族の特徴
 家族の発達理論をもとにした家族の特徴
 子どもの病気・障害の受容(ドローターなど)

3.医療的ケアが必要な子どもの地域での生活
 地域で生活するための課題
 【1日の様子を事例で解説】

4.子どもに関する保健・医療・福祉制度
 根拠となる法律(母子保健法、児童福祉法、障害者総合支援法、
  身体障害者福祉法)
 厚生労働省の政策
 各都道府県の政策

5.子どもの成長発達に合わせた保健・医療・福祉制度
 事例をもとに制度を考えてみる


ねらい
 医療的ケア児とその家族が利用できる社会資源は各自治体によって異なります。在宅移行期から在宅移行した医療的ケア児に関する保健・医療福祉制度の基本を学び、社会資源の検索・活用方法を知る事で、子どもの成長発達段階に対応した情報提供をできるよう学んでいきます。
受講料
10,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※本セミナーはお申込者(ご本人)のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の場合は、
 それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。

対面型セミナーの参加者の声
多職種での連携の重要性を再認識した。
今まで学んだ理論などをどのように具体的に考え活かせばよいのか
 学ぶことができた。
法律から医療サービスのつながりが見えてわかりやすかった。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671