ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【大阪 14926-1】
 インシデントから改善を導く 医療安全対策セミナー
 なぜなぜのブレイクダウンのコツや改善効果の測定方法など
 RCAの進め方と活用を体験的に学ぶ!

開催日程
大阪地区
2020年5月30日(土)
 ↓日程変更
2020年9月19日(土)
10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
開催中止
指導講師

山口(中上)悦子  →プロフィールはこちら


公立大学法人大阪 大阪市立大学医学部附属病院
医療安全センター・医療安全管理部 病院教授 兼 部長



基本のレクチャーと演習でコツを体得!
   ①演習は、模擬事例を用いて行います。
    自院の事例で行うことも可能です。
   ②RCAの実践に、院内研修に使える
    ワークシート集をお持ち帰りいただきます。


プログラム

1.はじめに
  
〜インシデントを組織の学びと成長のチャンスにする

2.問題から問題点へ
  
〜業務フロー図とインシデントレポートを
  
 組み合わせた焦点化、層別化

3.深く潜んでいる要因を掘り起こす
  
〜特性要因図を用いた根本要因分析

4.実施可能な対策を立てる
  
〜系統図法を用いた対策立案

5.測定できないものは、改善できない
  
〜目標設定と効果の測定方法

ねらい
 RCA分析を行おうとしても、時間がかかる割に、なぜなぜのブレイクダウンに困ったり、適切な対応策が出てこなかったり、という方に。RCA分析を院内で実践するための基本と要点のレクチャーと、演習でコツを体得していただきます。
特 色
深く潜んでいる要因の掘り起こし方がわかる。

インシデントから実施可能な対策が立てられる。

目標設定と効果の測定方法がわかる。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数16人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
山口(中上)悦子
 公立大学法人大阪
 大阪市立大学医学部附属病院
 
医療安全センター・医療安全管理部
 病院教授 兼 部長

 専門は、医療の質安全学、グループ・ダイナミックス、小児血液腫瘍学。研究テーマは、「組織の学習と発達」で、トヨタ生産方式のカイゼンを教えることを通じて、チームワークやリーダーシップのトレーニングを行っている。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30 分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「RCAと対策立案の実践トレーニング」

 大阪地区: 
2020年9月19日(土)
開催中止


関連教材(定期刊行物・会員制)
医療安全の専門誌「病院安全教育」
詳細はここをクリック▼

関連商品のご案内


問題解決を導く
決め台詞



佐藤和弘

詳しい内容はこちら

超図解
問題解決型
リーダーになる
4つのチカラ


佐藤和弘

詳しい内容はこちら

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671