ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号 【オンデマンド 14934-4】
【録画配信】オンデマンドセミナー ※講義時間:約4時間
 「実践で必要なポイント」をわかりやすく解説!
 やさしく学んで納得! クイズでしっかり定着!


配信期間 2021年3月8日(月)10:00 〜 2021年3月22日(月)20:00
講義時間 約4時間
申込締切 2021年3月3日(水)
※サービスチケットご利用の際は2/17までにご投函ください。
※2/24以降は代金引き換え(ヤマト運輸)での教材発送となります。

受講料 一般11,500円 会員8,500円(1名につき・消費税込)
送付資料 テキスト1冊 事前郵送

お申込はこちら

※ご確認ください 
オンデマンドセミナーの受講にあたり

【配信期間】2021年3月8日(月)10:00〜3月22日(月)20:00

ご入金の確認ができ次第、IDとパスワードを送付いたします。
配信開始日以降、こちらから入室してください。


指導講師

 
佐藤弘典
 新百合ヶ丘総合病院
 循環器内科 医長

 日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本不整脈心電学会認定不整脈専門医。2007年北海道大学卒業。東京医科歯科大学医学部附属病院、武蔵野赤十字病院などを経て、現職。専門は不整脈診療で、現在はカテーテルアブレーションやペースメーカー植え込みなどに従事。日経メディカル2018年12月号心電図クイズ執筆。

「根拠+実践に必要なポイント」がわかるから
業務に直結した学びが得られる!

プログラム

1.ほんとは怖くない? 心電図との付き合い方
 心電図の細かいところは知らなくても大丈夫
   ・正常値は完全に暗記する必要がない
   ・心電図に自信がなければ、患者さんの状態を観察しよう
 現場で必要とされている知識・スキル
   ・心電図を装着・記録する理由は患者さんごとに異なっている
   ・心電図の目的を主治医に聞いてみよう

2.モニター心電図を読む・伝える
 臨床で役立つ実践的な波形の読み方
 用語・略語は、丸暗記しなくても覚えられる

   ・心拍数が、遅いのか速いのか
   ・心房と心室、どちらから発生しているか
 ドクターコールはどのように伝えるか
   ・医師は、心電図所見よりも患者さんの状態を気にしている
   ・コールの目的をはっきりさせる。
    来棟要請? 現状報告? 不明点の確認?
 ペースメーカー患者の波形
   ・ペーシング不全とセンシング不全。
 心臓の治療(循環器病棟入院)中の患者さんに
  起こりうることを推測しよう

   ・心不全、PCI、アブレーション

3.12誘導心電図も怖くない、
  苦手意識を取り除こう

 なぜ、12個も誘導があるのか
 12個の誘導のどこを見る?12誘導心電図の実践的知識

   ・モニター心電図と比べて情報量が大きく増えるのが、ST部分
   ・12個の誘導をグループ分けできるようになろう

4.まとめ

5.
クイズで振り返り

クイズ形式のふり返りだから
学んだことがしっかり定着!
ねらい
 臨床現場で目にする心電図は参考書で見たものと違ったり、動いているから読みとりにくかったり…。本セミナーでは「まずどこに注目するのか」「どのような行動をとればよいのか」など実践的な波形の読み方や、ドクターコールの際に何をどのように伝えればよいのかを専門医がやさしく丁寧に解説していきます。また、クイズで振り返りをすることで、学びの定着をねらいます。突然の「心電図みてきて!」が怖くなくなれば幸いです。
受講料
一般:11,500円 会員:8,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※本セミナーは2020年12月13日に開催された生放送セミナーを
 収録したものとなります。

※本セミナーはお申込者(ご本人)のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の場合は、
 それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。

対面式セミナーの参加者の声
超初級者に向けたわかりやすい説明で、心電図の波形について理解を深められた。
緊急性のある波形を知る事ができたので、
 現場ですぐに役立ちそうだと思いました。
波形が心電図の何を表しているのか、理解しやすかった。
初心者によりそった、わかりやすい講演でした。
 総復習のクイズ形式があるのも良かった。
徐脈、頻脈に分けて見るポイントをわかりやすく学習できて
 仕事上に活かせそうです。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671