ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【札幌 14975-1】【東京 14975-2】【大阪 14975-3】【名古屋 14975-4】
 診療科問わず! 精神・身体的苦痛への
 スペシャリストのケア事例と実践知
 若年〜壮年期患者特有の“トータルペイン”の看護

開催日程
札 幌地区
2020年6月13日(土)10:00〜16:00
会 場
道特会館
お申込はこちら

東 京地区
2020年7月4日(土)10:00〜16:00
会 場
KFC Hall & Rooms
お申込はこちら

大 阪地区
2020年7月23日(木・祝)10:00〜16:00
会 場
田村駒ビル
お申込はこちら

名古屋地区
2020年10月10日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研ビル
お申込はこちら
指導講師
地方独立行政法人 大阪市民病院機構
大阪市立総合医療センター
AYA世代病棟看護師長
泉谷 恵子

 

    緩和ケア認定看護師
    横井 夢律美

【講師施設紹介】
西日本初、全国で2番目となるAYA世代患者の専門病棟
 AYA世代病棟は、中学性から30代を対象とし、がんに特化せず複数の診療科を受け入れています。患者の病状も多様で、かつ、さまざまな問題を抱えています。自分の思いを出せない人、何が問題なのか認識できない状況に置かれてしまうことも少なくありません。まず、患者個人「その人を知る」こと。性格、病気や治療に対する思い、育ってきた環境や現在の社会的立場(例えば、進学や就職を控えている)などを理解した上でかかわることが大切です。受け持ち看護師が中心となり、多職種カンファレンスを行いながら個別性を考慮したかかわりを進めています。

「妊孕性」「将来の夢」「結婚・育児」「思春期の葛藤」…
AYA世代特有の苦悩を何とかしたい!
意思決定支援、継続看護・在宅療養支援を学ぶ

プログラム

1.小児・成人病棟ではない!
  “AYA世代病棟”ならではの看護・運用

 多職種協働、継続看護、在宅療養支援
 専門病棟ならではの管理・業務・ケア・コミュニケーション
 スタッフへの心理的影響と対策〜同世代だけにつらさを共感…

2.AYA世代のアセスメント&ケア・支援のポイント
  
〜全人的苦痛の看護! 精神的ケアから意思決定支援まで
 精神的苦痛は想像を絶する…
  夢、希望の喪失、若いのにという怒りや恐怖
 社会的苦痛はAYA世代ならでは…経済的問題、仕事・学業
 身体的苦痛は若さゆえ…“がんの症状”ボディイメージの変化等
 スピリチュアルな苦痛、家族へのケア等
 増加する“がんサバイバー”への支援 ほか

3.事例で学ぶ ! AYA世代病棟の特徴的な看護介入
  
〜後悔しないケアとは何か、共に考える
 10代〜30代男女で4〜5つの事例を展開予定
 〈例〉20代後半の3歳児の母、乳がんステージW:
    治療継続と家事・育児…意思決定支援と夫・父親のケア

4.AYA世代病棟のアセスメントツールで演習 !
  あなたならどんな看護をする?

 どんな情報が必要なのか? 情報を得るタイミングは?
 ケア計画の評価:次につなげるための評価
 活用できる人材・資源は何か?
 講師からのコメントと演習の振り返り

5.まとめ・質疑応答

ねらい
 AYA世代のがん発症とその対策が国レベルで重要課題になっています。全国に先駆けていくつかの病院では「AYA世代病棟」も設置しています。
 AYA世代のがんは発生部位が多臓器にわたります。小児型のがんと大人型のがんが混在し、多様性が見られるため、治療・ケアも困難です。公的補助制度や介護保険制度から外れているため、社会的支援が乏しいことも大きな問題です。
 そして何より…学業・就職・恋愛・結婚・出産・育児など、さまざまなライフイベントに遭遇するAYA世代ならではの苦痛や苦悩・葛藤があります。
 このようなAYA世代がん患者に対して、全国でも希少な専門病棟の管理者とスペシャリストが心身・社会面でのケアとさまざまな支援について解説します。
特 色
患者の両親や子ども等、家族へのケアや
 患者・家族同士のピアサポートなども解説


治療中だけじゃなくAYA世代“がんサバイバー”への
 社会的支援・継続的相談の実際


後悔しない個別性ある看護を!
 何をすべきか、何ができるか? を見つける

受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数13人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
『AYA世代がん患者』のケアと全人的支援

 札 幌地区: 
2020年6月13日(土) お申込はこちら

 東 京地区: 
2020年7月4日(土) お申込はこちら

 大 阪地区: 
2020年7月23日(木・祝) お申込はこちら

 名古屋地区: 
2020年10月10日(土) お申込はこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671