ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号 【オンデマンド 15009-3】
【録画配信】オンデマンドセミナー ※講義時間:約4時間
 絶対に押さえておきたい10のポイント
 モデルケースで具体的によくわかる!


12月 年末年始学習コース
1/27まで視聴できます
配信期間 2020年12月16日(水)10:00 〜 2021年1月27日(水)20:00
講義時間 約4時間
申込締切

2021年1月11日(月・祝)
※サービスチケットご利用の際は11/26までにご投函ください。
※12/3以降は代金引き換え(ヤマト運輸)での教材発送となります。

受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
送付資料 テキスト1冊 事前郵送
募集終了

※ご確認ください オンデマンドセミナーの受講にあたり


ご入金の確認ができ次第、IDとパスワードを送付いたします。
配信開始日以降、こちらから入室してください。

指導講師

  眞辺一範
 株式会社ふくなかまジャパン 代表取締役
 主任介護支援専門員
 文部科学省認可
  (財)生涯学習開発財団認定マスターコーチ
 国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ

 老人保健施設、在宅介護支援センターなどのソーシャルワーカー、特別養護老人ホーム、地域密着型サービス事業の施設長を経て、現職。対人援助者のスーパーバイザーとしても広く活躍中。現在は介護保険事業(居宅介護支援、地域密着型通所介護)、人材育成事業を展開。法定研修の講師、大学の非常勤講師なども兼務。
「コミュニケーション技術:聴く力と伝える力を磨くコツ」(中央法規出版)2018年

法令順守+自立支援=ケアプラン点検&
実地指導対策

プログラム

単元1:ケアマネジメントの定義&"じりつ"の概念

 Q1.介護保険においてケアマネジメントとの定義とは?
  介護保険法第2条にある理念
  介護保険法第8条24号の「居宅介護支援」の定義
  ケアマネジメントが目指すべきもの
 Q2.介護保険にある"自立支援"の二つ意味とは?
  自立と自律と二つの意味

単元2:居宅サービス計画作成のルール

 Q3.居宅サービス計画原案作成において
    押さえておきたい6つルールのとは?
  継続的かつ計画的な視点
  ●総合的な視点
  利用者自身によるサービスの選択
  課題分析の方法
   課題分析のルール
 Q4.課題分析の標準項目とは?
  老企第29号に示されている課題分析の標準項目について
 Q5.居宅サービス計画書を作成しなければならない理由とは?
  居宅介護支援費の支払いの仕組みについて
 Q6.居宅サービス計画書の1表から3表には何を記載すべきか?
  1表から3表の記載項目の基本

単元3:居宅サービス計画書の作成編

 Q7.居宅サービス計画書の記載順序とは?
  1表からではなく2表から作成する
  総合的な援助の方針と長期目標・ニーズの関係性について
  短期目標とサービス内容の記載について
 Q8.アセスメントの考え方?
  目標・課題・問題の考え方
 Q9.課題抽出から目標設定までの5つのステップとは?
  事前の情報収集
   3つのニーズの理解
  課題抽出から生活目標の導き出し方
   目標の合意形成
 Q10.サービス内容の考え方と適切な記載内容とは?
  考え方、記載内容について

単元4:モデルケースで居宅サービス計画作成の
    流れを見てみましょう


オンデマンドだから重要ポイントは何度でも確認できる!

ねらい
 法令順守・自立支援に資するケアマネジメントは居宅サービス計画において重要な視点です。同時にそれは実地指導、ケアプラン点検への対策でもあります。本セミナーは、法令順守の視点、自立支援の視点、目標志向型のケアマネジメントの進め方について解説します。
受講料
一般:12,000円 会員:9,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※本セミナーはお申込者(ご本人)のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の場合は、
 それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。osaka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (06)6262-3215におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671