ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号 【オンデマンド 15021-1】
【録画配信】オンデマンドセミナー ※講義時間:約4時間
 誤嚥性肺炎が確実に減る!
 認知症のある方への見方が変わる、ケアが変わる


年末年始学習コース
2/1まで視聴できます
配信期間 2020年12月21日(月)10:00 〜 2021年2月1日(月)20:00
講義時間 約4時間
申込締切 2021年1月17日(日)
※サービスチケットご利用の際は12/1までにご投函ください。
※12/8以降は代金引き換え(ヤマト運輸)での教材発送となります。

受講料 一般12,000円 会員9,000円(1名につき・消費税込)
送付資料 テキスト1冊 事前郵送

募集終了

※ご確認ください 
オンデマンドセミナーの受講にあたり

【配信期間】2020年12月21日(月)10:00〜2021年2月1日(月)20:00

ご入金の確認ができ次第、IDとパスワードを送付いたします。
配信開始日以降、こちらから入室してください。


指導講師

 
佐藤良枝
公益財団法人積善会曽我病院
認知症疾患医療センター
作業療法士・バリデーションワーカー

 1986年国立療養所箱根病院付属リハビリテーション学院卒業、作業療法士免許取得、肢体不自由児施設、介護老人保健施設等勤務を経て2016年4月より現職。2006年バリデーションワーカー資格取得、認知症のある方への対応や高齢者への生活支援に関する講演多数。

摂食・嚥下5相のメカニズムを知り
誤嚥させない観察+評価+スプーン操作を学ぶ

プログラム

1.食べるチカラを活かす食事介助
  ●「現場あるある!」知らずにしている能力を奪う食事介助
  ●摂食・嚥下5相のメカニズムに沿った食事介助
  ●「知らなかった!」基本のスプーン操作・
   してはいけないスプーン操作とその意味
  ●口腔ケアのちょっとした役立つ工夫
  ●姿勢と食具の工夫
  ●「なるほど!」能力を活かす食事介助

2.認知症のある方の能力を活かす食事介助
  ●こんなふうに現れる認知症のある方の能力
  ●再生と再認
  ●能力を見出し働きかける
  ●【事例で学ぶ】食事場面の観察技術
    ・オーラルジスキネジア
    ・喉頭挙上
    ・身体の動き
  ●能力を活かす食事介助
  ●観察と対応の技術
  ●能力が発揮できる環境設定の仕方


ねらい
 認知症のある方が持っている能力に目を向ければケアの幅が広がります。本セミナーでは、摂食・嚥下5相のメカニズムにのとった食事介助時の観察ポイントやアセスメントとその方に合ったスプーンテクニックを学びます。また、プログラム2では、事例を通して認知症のある方の能力を引き出し誤嚥性肺炎が確実に減るスプーン操作を学びます。
受講料
一般:12,000円 会員:9,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※本セミナーはお申込者(ご本人)のみ視聴いただくものです。
 それ以外の方、複数の方での利用の場合は、
 それぞれお申し込みください。
 ご本人以外の視聴があったと判断される場合は
 配信を中断する場合もございます。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

 

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671