ホーム全国セミナー一覧を見る
 


セミナー番号【東京 15040-1】【岡山 15040-2】
 学習者の気づきを見逃さない支援!
 振り返るべき観点のポイントを押さえ、明日からの実践に活かす!

開催日程
東京地区
2021年1月23日(土)10:00〜16:00
会 場
LMJ東京研修センター
お申込はこちら

岡山地区
2021年2月27日(土)10:00〜16:00
会 場
福武ジョリービル
お申込はこちら
指導講師

田村由美  →プロフィールはこちら


日本赤十字広島看護大学 学長
博士(人間科学)


個人ワークを通して リフレクション思考を促進する
発問・フィードバックの仕方を具体的に学ぶ

プログラム

1.リフレクション学習の基本
 リフレクションの意味と看護上の解釈
 リフレクションの目的

2.リフレクション学習の進め方
 リフレクションの学習プロセスを始めるための準備
 リフレクティブモデルを活用した5つの学習ステップ

3.リフレクション思考を促進する発問を学ぶ
 自己の看護実践を語る−聞く−発問する
 自己の看護実践を書く−読む−発問する
 発問のスキルを磨く

4.リフレクション思考を促進する
  フィードバックを学ぶ

 フィードバックと評価の違い
 フィードバックのコツ

5.まとめ・質疑応答
  〜現場での実践に向けて、疑問を解消する


ねらい
 看護基礎教育や継続教育において、リフレクションは学びを深化させるための重要なキーワードとなっています。 しかし、それを実際に取り入れて、効果的に活用することは意外と難しいとも言われます。
 本セミナーでは、リフレクションを基礎から解説し、個人ワークも取り入れながら発問スキルとフィードバックについて具体的に学びます。
こんな方に
オススメ
・日々リフレクションしているつもりですが、
 それが果たして効果的かどうか明確でない。
・リフレクションをする中で
 フィードバックがうまくできない。
・よく聞く言葉だが、実際にどのように行えば
 良いのかわかっていない。
・リフレクションを自分の講義に取り入れたい。
・学生への振り返りの充実を図りたい
・学生へのかかわりが難しいと感じることが多い
・発問スキルを学びたい。

受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数11人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

指導講師

 
 
田村由美
 日本赤十字広島看護大学 学長
 
博士(人間科学)

 約15年の臨床経験の後、英国留学。香川医科大学(現香川大学)、神戸大学、滋慶医療科学大学院大学、日本赤十字看護大学の教授職を経て、2020年度より現職。看護教育学、災害看護学領域の教授。リフレクションの看護教育への導入とリフレクション学習方略、IPW&IPE(多職種連携・協働とその教育)を探求している。主な著書に「看護の教育・実践にいかすリフレクション」(南江堂)「看護のためのリフレクションスキルトレーニング」(看護の科学社)などがある。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。fukuoka@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (092)414-9311におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「リフレクションで活かせる発問スキルとフィードバックのコツ」

 東京地区: 
2021年1月23日(土) お申込はこちら

 岡山地区: 
2021年2月27日(土) お申込はこちら

 

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671