ホーム全国セミナー一覧を見る

 

商品番号 15088-2
超音波検査の基礎知識〜画像の見方


現場で何を、どのように見るか、
イメージがつく!
超音波検査の基礎知識
〜画像の見方と判読ポイント
           【産科】
「異常かも知れない?」と
気づくには、 
「正常」を理解していることが
大切。

 指導講師

  古橋 円
医療法人葵鐘会
産婦人科顧問


 1982年名古屋大学医学部医学科卒業後、半田市立半田病院産婦人科医師として勤務。1989年名古屋大学大学院医学研究科修了。その後ワシントン大学(米国)医学部リサーチアソシエートなどを経て、2001年より名古屋第一赤十字病院産婦人科に勤務。2017年より長良医療センター副院長・周産期診療部長。2021年より現職。日本産科婦人科学会産婦人科専門医。

助産外来で必要な知識が整理できる
 プログラム

超音波検査画像判読のポイント
〜助産外来で必要な知識
 1)装置を扱うための注意事項
 2)超音波検査で何を見る?
 3)正常画像を理解しよう!
 4)胎児計測の実際
   児頭大横径(BPD)
   腹部周囲長(AC)
   大腿骨長(FL)
 5)羊水量は? 多い? 少ない?
 6)男の子? 女の子? の見分け方
 7)形態異常を見つけるには
   "おかしいな"と疑うことが大切
   〜BPD・AC・FLを計測する時に
    少し注意してみよう
 8)常位胎盤早期剥離も
   疑うところから見つかる
 9)前置胎盤は経腹超音波検査で
   疑い、経腟超音波検査で確定診断
 10)頸管長とファンネリング
 11)頸に臍が巻いている?
 12)胎盤遺残・卵膜遺残を
   疑う所見は? など



・助産外来で必要な超音波検査の
 知識が整理できる。
・画像・症例をもとに
 実践的に学習できるから、
 現場でのイメージが湧く。


 ねらい
 超音波検査画像を正確に読み解く視点を理解し、異常徴候の見極め方に役立つコツがつかめます。

配信期間
2021年8月25日(水)10:00 〜
9月8日(水)20:00
講義時間
約3時間
受講料
一般11,500円 会員8,500円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の
年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切
2021年8月19日(木)
※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材
テキスト1冊
(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や
 今後の予定に関するお問合わせ
 nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.