ホーム全国セミナー一覧を見る
 


 
商品番号 15109-1
  高齢者の夏の感染予防とwithコロナ
【録画配信】オンラインセミナー ※講義時間:約時間

 科学的根拠に基づいた正しい具体策
 手洗い、手指消毒をどのタイミングで
 どこまで徹底すればよいのかがわかる


指導講師

 
島崎 豊
 元・JA愛知厚生連 海南病院
 
感染制御部 感染制御室 感染制御課長/看護師長

 日本医療福祉専門学校で非常勤講師を務めるほか、介護施設・各種学会・看護協会・保健所・地方自治体が主催する講演会で、感染予防に関する講演を多数行っている。また、医療メーカーの商品開発アドバイザーとしても活躍している。

高齢者が重篤化しやすい食中毒の種類と予防策がわかる

プログラム

1.高齢者への感染予防の基本と
  手指消毒・手洗いのポイント

 1)高齢者ケアにおける感染症の現状と今後の行方
 2)標準予防策(スタンダード・プリコーション)と
   感染経路別予防策
 3)正しい手指消毒・手洗いのポイント
 4)手荒れ予防の重要性
 5)器材の洗浄・消毒
 6)床・手すり・ドアノブなど環境面の消毒は必要か

2.夏場に流行しやすい食中毒の予防策
 1)高齢者の食中毒の現状
 2)高齢者が食中毒に罹患しやすい要因(身体的要因、精神的要因)
 3)介護現場で食中毒を引き起こす細菌・ウイルスと感染予防策
 4)注意すべき食材と適切な管理方法
 5)食器・環境面の留意点

3.年間を通して感染リスクが高い
  ノロウイルス感染症の予防策

 1)高齢者のノロウイルス感染の現状
 2)ノロウイルスの基礎知識/感染経路/治療
 3)ノロウイルス感染予防のポイント
 4)ノロウイルス発生時の対応

4.新型コロナウイルス感染予防策とwithコロナ
 1)基礎知識/感染経路/症状/検査と治療
 2)患者、利用者、職員の感染予防の具体策
 3)万が一、身近に感染者が発生してしまった時の初期対応
 4)病院、施設で集団発生させないために
 5)“正しく恐れる”ことの重要性
 6)新型コロナと共存していくための心得


感染対策の基本である
標準予防策の正しい方法が再確認できる

ねらい
 本セミナーでは、感染予防策の基本である標準予防策と手洗い・手指消毒の基本を解説し、夏場の感染予防の具体策として、特に夏場に流行しやすい食中毒と年間を通して感染リスクが高いノロウイルス感染症についての感染予防策を学びます。また、世界的な問題となっている新型コロナウイルスと共存していくための具体策についても解説します。
視聴期間 2021年6月28日(月)10:00 〜 2021年7月12日(月)20:00
講義時間 約4時間
受講料 一般13,000円 会員10,000円(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 
※サービスチケットご利用について
申込締切 2021年6月24日(木)※メール注文は翌日朝8:00まで受付
教材 テキスト1冊(視聴用ID、パスワード)
※代金引き換え便(ヤマト運輸)にて発送。
送料、代引き手数料は弊社が負担いたします。
代金引き換え以外での受け取りをご希望の場合は、
ご入金確認後のご視聴になります。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜17時、日曜・祝日9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。nagoya@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (052)569-5628におかけください。(平日9時15分〜17時30分)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

「高齢者施設における夏場の感染予防策とwithコロナ」

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671