ホーム全国セミナー一覧を見る

 

元・看護管理者の
“レジリエンス伝道師”から学ぶ!
こんな今こそ!
レジリエントな
職場の作り方
職場ムードを変える!
楽しく効果の高い演習!

 開催日程
札幌地区 10:00〜16:00
2022年2月19日(土)
会場 道特会館
お申込はこちら

東京地区 10:00〜16:00
2022年3月19日(土)
会場 日総研 研修室
お申込はこちら


 指導講師

  江口智子
オフィスナースナレッジ
代表/看護師

 神奈川県内の大学病院に勤務後、結婚退職し11年間、専業主婦として過ごす。その後、地域の急性期中核病院にて11年間、主任、看護師長、副看護部長という役割を担う。困難と思える出来事や逆境を乗り越えた時のレジリエンスとの出会い「レジリエンスの伝道師」となるべく独立。看護協会や院内研修、企業研修講師などで管理者から新人までそれぞれに講義を行う。最近は「強み」や「ワークエンゲ-ジメント」をレジリエンスと融合させていかに幸せに仕事をするか?自己効力感の高い組織を創るか?の学習プログラムを構築し展開している。主な著書に「レジリエントなナースの創り方」文芸社がある。最近は「鬼滅の刃」を研究し、レジリエンス・コミュニケーション研修に活用している。

人気アニメ "鬼滅の刃"には
ヒントがたくさん!
レジリエンスマインドで心を整える
7つの具体策

 プログラム

1.折れない心!
  レジリエントな
  看護管理者になる!

 1)そもそもレジリエンスって?
 2)職場を守る・活かす
   看護管理者やリーダーに必要な能力
   @感情調整力
   A衝動調整力
   B共感力
   C楽観力
   D原因分析力
   E自己効力感
   Fリーチアウト力
    (働きかける力)
 3)鬼滅の刃を例に!
   レジリエンスを鍛える7つの型
   壱の型:ネガティブスパイラルから
       脱出する切り替え術
   弐の型:変えられるものと
       変えられないものを知る
   参の型:管理者としての強みを知る
   肆の型:自己効力感を高める
   伍の型:自分のサポーターを
       意識する
   陸の型:エピソード活用で
       ポジティブ感情を高める
   漆の型:管理者・リーダーとしての
       失敗体験に学ぶ

2.現場管理・リーダーシップ
  で活かすレジリエンス!
  
〜逆境でも成長できる組織に
 1)へこたれるスタッフの本質を
   見抜こう
 2)レジリエンスを
   スタッフ面接に活かす
 3)トラブル、問題解決
 4)叱る、失敗場面
 5)スタッフのレジリエンス力を
   高めてあげる
 6)変化に対応する変革
   (業務改善)場面
 7)演習 あるある場面での
   レジリエンスを見つける

3.演習を交えて
  管理者自身・現場の
  解決困難・へこたれ場面
  でのレジリエンス

 ●講師・アニメのキャラクターに見る
  レジリエンスのお手本場面
 ●どう乗り越え、成長につなげるか?
  計画まで立案してみよう
 ●ネガティブスパイラルから脱する
  自分のスイッチが一目でわかる
  「レジリエンスシート」作成

4.強みを発見し、
  仕合せを感じる組織と
  自分を作る具体策
  
〜仕事にやりがいを
   見つけられ、今やっている
   仕事の意味づけができ、
   仕事の中に自分の使命を
   見出せる!

 @仕事に対する3つのとらえ方
  ジョブ、キャリア、コーリング
   (これまでの仕事観を振り返る)
  目指したいのはコーリングの
   働きかた
  コーリングの構成要素
   =強みやスキル+興味関心+
    人に喜ばれること
 Aワークエンゲージメントについて
  仕事の二つの側面、時代の変化と
   ともに変わる仕事の内容
  ワークエンゲージメント解説
  働き方4つの状態と、
   看護管理者としての自分の状態を
   改めて振り返る
  自分がワークエンゲージ
   することのメリット
  ワークエンゲージメントを
   高めるために必要な事
   ⇒自己効力感と強み
    (心理的安全性)
  ワークエンゲージメントを高めて
   仕事のやりがいを見いだすために
   ⇒ジョブクラフティング
ワーク
 部署で気軽にできる
 即効性ある
 ジョブクラフティング方法の
 解説

 〜自分の元気UPと組織への
  処方箋を学ぶ
 @『強み』
  現場への活用〜強みフィードバック
 A『ジョブクラフティング』
  ワークの内容
  今行っている仕事を洗いだす。
   (付箋にひとつづつ記入)
  洗いだしたものを
   さらに細かくしてみる。
  ポジティブ感情が湧く内容を
   ピックアップ(理由を考える)
  個人ワークで考え、
   可視化してみる
  自分の仕事の意味を考える。
   キャッチフレーズ作成
  応用編

まとめ・講師からのメッセージ



不安・不満・不快…
様々な"不"を祓う、
ワークエンゲージメント向上の工夫


 ねらい
 今の看護現場には様々な"鬼"がいます。COVID-19など感染症はもちろん、報われない役割、迷惑な人々、煩雑すぎる業務…そしてへこたれそうな自分の心。何もしないでいると潰れてしまいますし、気合で解決する問題でもありません。看護管理者やリーダーシップの任に就く者は、"逆境に負けない現場"にするスキルを持ちたいものです。
 本セミナーはとにかくレジリエンスを鍛える7つのポイントを学びます。自分自身に、へこたれたスタッフに、現場の風土改善に、用途別のレジリエンス向上の方法を解説します。看護現場の実事例はもちろん、人気アニメの場面・セリフを用いた解説、そして自分でやってみよう!グループ演習もありの楽しい対面式セミナーです。

 受講料
一般:19,000円 会員:16,000円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌
年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。
 昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数11人。これに達しないときは
 開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前の
 お申し込みが必要です。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。(平日9時〜18時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象
 持参物品や今後の予定に関するお問合わせ
 sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら


参加者の声
押し付けな感じがなく、アニメの言葉などを取り入れた講義は、苦しい感情を少し解放して、内容をすんなり受け入れられる講義でした。
レジリエンスを看護管理に活用するヒントが得られ、取り組んでみようと思えた。意識してすることで、変わると思った。
わかりやすくて、元気になったり前向きな気持ちになったりする内容だった。もう1回視聴したいと感じた。鬼滅の刃の例えも面白いと思った。
副看護師長として、スタッフの強みを見つけて、職場環境を変えていく参考になった。
実際の現場で活かすことが出来るなと思う事が多くあったので。
レジリレンスに関して知識として知っていたので、実践に活かすワークなど、もっとやってみたかった。
ワークで自分を振り返る機会を得ることができた。
理解しやすい表現で、実践できると感じた。
レジリエンスとは何か、管理職に求められるものなど理解できた。
研究データや漫画のエピソードをまじえてわかりやすかった。話も聞き取りやすかった。
強みの発掘やスタッフとの関りの場面が具体的で、大変分かりやすく参考になった。

 

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.