ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 
セミナー番号【東京 15159-1】
 ハラスメント、問題職員、メンタルヘルス不調、個人情報漏えい、
 退院拒否など、裁判になった例も交えて法的知識を身につける

開催日程
東京地区
2022年4月23日(土)10:00〜16:00
会 場
日総研 研修室
開催中止
指導講師

 
 
中村智広
 フェアネス法律事務所
 
弁護士/薬剤師/弁理士

 京都大学薬学部卒業。同大学院薬学研究科卒業。神戸大学法科大学院修了。医療事件のほか、商学事件や知的財産事件を中心に、一般民事や刑事事件にも取り組む。「病院安全教育」にて,連載「ナースに知ってほしい 訴訟と法律の身近な知識」、連載「病院の事件対策 施設管理責任を問われないための備え」。「臨床看護記録」にて,連載「弁護士・薬剤師から見た看護記録のポイント」を執筆。

受講生からの質問やお悩み事にも回答します

プログラム

1.ハラスメント(カスハラ・パワハラ・セクハラ)に
  関するトラブル

 ●ハラスメントに該当するのはどれか?(正しい知識を身につける)
 ●自覚のない人に対して、
  ハラスメントであることをどう伝えるか
 ●認知症の暴力にどう対応するか
 ●患者・家族からの暴言・ハラスメントにどう対処するか
 ●ハラスメントされているスタッフに対して、
  孤立させない職場環境づくり

2.問題職員に関するトラブル
 ●これって「パワハラ?」「指導?」その境界線は?
 ●パワハラ規制法を受けて(施設側が)最低限しておくべきこと
 ●就業規則に関する正しい知識。コンプライアンス管理術
 ●どうする?職場でパワハラが起きたら
 ●管理者は知っておきたい解雇に関する知識

3.メンタルヘルス不調に関するトラブル
 ●医療機関における休職命令
 ●復職を判断する基準
 ●第三者による個別労働紛争の解決手段
  (あっせん、労働審判など)

4.個人情報漏えいに関するトラブル
 ●個人情報保護法とは?新たに改正されたポイントは?
 ●個人情報の漏えいに関する裁判所の考え方

5.退院に関するトラブル
 ●患者から退院を拒否されたら?
 ●退院拒否患者による損害賠償請求は?
 ●悪質クレーム患者の強制退院は可能なのか?

6.裁判沙汰になりそうな時の対処法

7.受講生からの質問に一問一答


ねらい
 師長,主任,先輩ナースの皆様、病棟トラブルを乗り切るために法的知識を学びましょう。特に、管理者デビューされた方、病棟リーダーになった方、部下ができた方々には、知って得する知識です。いざという時に役立つ職場トラブル防止・マネジメント術を弁護士がわかりやすく解説してくれます。ハラスメントに関するトラブル、問題職員に関するトラブル、スタッフのメンタル不調について、個人情報漏えいに関するトラブル、患者退院に関するトラブルなど、幅広く学習しましょう。上司として心がけておくポイント、やってはいないけない注意点,過去に裁判になったケースなどもまじえながら,わかりやすく対応策を解説します。参加者からのお悩み相談、質問にもお答えします。
受講料
一般:19,000円 会員:16,000円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数11人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時まで、土曜9時〜17時まで、日曜・祝日9時〜12時まで)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「病棟トラブルを解決する法的対応策」

 東京地区: 
2022年4月23日(土)
開催中止


 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671