ホーム全国セミナー一覧を見る
 

 

セミナー番号【東京 15182-1】
 機器はどういうもの? 観察のポイントは?
 指導・説明のポイントは?

開催日程
東京地区
2022年8月28日(日)10:00〜15:00
会 場
日総研 研修室
開催中止
指導講師

 
佐藤弘典 医学博士
新百合ヶ丘総合病院
循環器内科 医長
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会専門医
日本内科学会専門医

 2007年北海道大学卒業。東京医科歯科大学医学部附属病院、武蔵野赤十字病院などを経て、現職。専門は不整脈診療で、現在はカテーテルアブレーションやペースメーカー植え込みなどに従事。

合併症の注意点が理解できる!

プログラム

ペースメーカーはどのような医療機器か?
 ・ペースメーカーが必要になる患者さんとは
 ・特殊なペースメーカー:
  両心室ペースメーカーとリードレスペースメーカー
 ・除細動器とペースメーカーのちがい

すでにペースメーカーが植え込まれている患者さんを
 担当することになったら

 ・ペースメーカー手帳を見てみよう
 ・ペースメーカーは患者さんに応じて設定が調整されている
 ・ペースメーカー患者さんの心電図波形はどうなっているか

ペースメーカーを植え込むことになった患者さんを
 担当することになったら

 ・ペースメーカーの植え込み手技
 ・救急患者では一時的ペースメーカーが使用されることがある
 ・ペースメーカー植え込み前の看護のポイント

ペースメーカー植え込み後に発生しうる
 合併症と病棟での観察ポイント

 ・血腫や発熱
 ・気胸の発生もありえる
 ・リード移動とペースメーカー不全

植え込みを行った患者さんへの
 指導・説明のポイント

 ・どんな電化製品に注意が必要か
 ・運動や旅行、自動車運転はできるのか
 ・社会保障制度について
 ・病院で検査や手術を受けるときの注意点
 ・ペースメーカーの電池寿命と遠隔期合併症
 ・ペースメーカー外来と遠隔モニタリング



受講料
一般:16,500円 会員:13,500円(1名につき・消費税込)
 ※会員は日総研会員制・専門雑誌の年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数10人。これに達しないときは,
 開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前のお申し込みが必要です。

☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加・お支払い状況などのお問い合わせ、
 また、キャンセルのご連絡につきましては、お客様センターフリーダイヤル
 0120-057671 におかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象、持参物品や今後の予定に関するお問い合わせは
 メールにて受け付けています。tokyo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (03)5281-3721におかけください。(平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。携帯電話・スマートフォンでメールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、必ずドメイン指定許可を設定ください。
 詳しくはこちら

セミナーのお申し込み
「心臓ペースメーカーの"超"基礎と患者管理・指導のポイント」

 東京地区: 
2022年8月28日(日)
開催中止

 

 

 

 
 
日総研グループ Copyright (C)nissoken. All Rights Reserved. 
お客様センターフリーダイヤル 0120-057671