ホーム全国セミナー一覧を見る

 

指導場面の困りごとは
“コーチングのスキル”で
解決できる
 演習でポイント学習 
Z世代の若者指導における
特有の“困りごと”の解決例を
具体的に提示!

 開催日程
東京地区 10:00〜16:00
2024年1月28日(日)
会場 日総研 研修室
※開催日が迫っていますので、
 お電話でのお申し込みとなります。
 TEL0120-054977
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

名古屋地区 10:00〜16:00
2024年3月2日(土)
会場 日総研ビル
開催中止

札幌地区 10:00〜16:00
2023年12月2日(土)
日程変更
2024年3月23日(土)

会場 道特会館

※受講時の禁止事項(録音、録画)、
 お申し込み前の注意事項(受講要領) は
 こちら

  • 申し込み画面へ進む※受講要領をご確認ください

  •  指導講師

      石村珠美
    看護師
    GCS認定
    プロフェッショナルコーチ
    東京医科大学 医学部
    看護学科 非常勤講師


     製薬会社のアシスタントMRや病院での主任看護師、看護部専任教育担当師長を経て札幌保健科学大学講師、千葉科学大学准教授を経て現職。様々な施設の看護管理者による「DO、コーチング研究会」を発足し、コーチングを看護管理・教育の様々な場面で活用する学び合いを行う傍ら、現場の管理者に対するコーチングによる人材育成などの研修会講師も務めている。看護現場の様々な場面に合わせたコーチング活用の解説に定評がある。

    参加者のお悩みを事前に受け付け、
    講義で解決策をアドバイス!
     プログラム

    1.教育・指導場面で
      困りごとを生まないために!
      思いこみや自己流の認識を
      ブラッシュアップする

     1)「しっている人」だけでなく
       「している人」になりましょう
     2)「失敗」ではない、
       「成功しなかっただけ」と
       とらえましょう
     3)「成功しなかったこと」から
       あなたにとっての宝物が
       見つかります
     4)「教育」は「共育」が理想です。
       「恐育」「狭育」に
       なっていませんか
     5)相手を認めることから始めましょう
     6)相手に「関心」を寄せましょう。
       決して「干渉」にならないように
     7)指導する際には、先入観で
       決めつけた「その人」ではなく
       「事象」に着目して指導しましょう
     演習 自身・現場の困りごと・
          問題を客観的に洗い出す

    2.問題解決に活かすための
      コーチングテクニック
      =ポイントをしっかりと
       身につける

     1)コーチングとティーチングの
       ナイスな使い分けは?
     2)陥りやすいコーチングの罠
     3)代表的場面におけるコーチング例
       〜日常会話、技術指導、面談等
     4)対象別代表的なコーチング例
       〜学生・Z世代・中堅等
     演習 している人になるための
          スキル実践

    3.問題・困りごと解決に
      コーチングスキルを使う!
      
    〜パターン別のステップで学ぶ
     1)困った人への指導
       → 困っていると思っているのは
         自分
       → 相手の話を聴く、
         目標を共有する
     2)成長しない人への指導
       → 成長に応じた環境を
         提示していない
       → 育成の目的に応じた環境を
         提示する、スモールステップ
     3)理解が乏しい人への指導
       → 対象に応じた指導が
         できていない
       → 理解できない相手のせいに
         しない(自分を振り返る)、
         質問に質問返しをしない、
         結果だけでなくプロセスにも
         着目する
     4)優等生、一生懸命頑張る人が
       急にやめたくなる
       → 言葉にして認める、
         何でも話せる関係性を作る
     5)モチベーションがあがらない
       リーダー・主任・師長
       → スタッフの育成を
         優先している、
         自分は満たされない
       → セルフコーチングの勧め
     6)スタッフ指導がうまく行かない
       → 相手も自分も疲弊する
       → コーチング・ティーチングの
         バランス
     演習 参加者自身の問題例で
          セルフコーチングを
          実践してみる



    恐育・狭育・狂育…
    悪い“きょういく”→共育にする
    具体策

    教育スキルを“しっている人”から
    “している人”になるコツと
    ポイントを解説!


     ねらい
     新人・学生やZ世代の若者、さらには中堅・ベテラン…様々な対象への教育指導場面における問題・困りごとのほとんどはコーチングスキル・テクニックを使う事で解決できます。本セミナーではコーチングスキルで問題解決するために必要な大前提である、自身の教育を客観的に認識することからはじめます。その上で、演習を交えながらのコーチングスキルのポイントとコツを学びながら場面別の問題解決つなげる方法を身につけます。パターン別に分けたスキル実践で解説しますので自信にマッチしたやり方がわかります。

     受講料
    一般:19,000円 会員:16,000円
    (1名につき・消費税込)
    ※会員は日総研会員制・専門雑誌
     年きめ購読者です。 

    ※昼食代は含まれません。
     昼食は各自でご用意ください。
    ※最少催行人数10人。これに達しないときは
     開催を中止する場合がございます。
     あらかじめご了承ください。
    ※ご参加いただくには事前の
     お申し込みが必要です。

     お支払い方法
    ・お送りする振込用紙でコンビニまたは
     郵便局でお手続きください。
    ・当日、会場でもお支払いいただけます
     (現金のみ)。

    ☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
     お支払い状況などのお問い合わせ、また、
     キャンセルのご連絡につきましては、
     お客様センター 0120-057671
     おかけください。
     (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

    ★このセミナーのプログラム内容、受講対象
     持参物品や今後の予定に関するお問合わせ
     sapporo@nissoken.com
     お電話の場合は、TEL (011)272-1821
     おかけください。
     (平日9時15分〜17時30分まで)  

    ※返信はパソコンから行います。
     携帯電話・スマートフォンで
     メールを受信される場合は、
     受信拒否になる可能性がありますので、
     必ずドメイン指定許可を設定ください。

     詳しくはこちら



    関連セミナー
    代表的場面で学ぶ実習&
    新人指導力コーチングの
    具体的方法
    オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
    コーチングとティーチングの
    “ナイス”な使い分け
    オンラインセミナー 詳しい内容はこちら
    "主任力コーチング"の
    具体的方法
    オンラインセミナー 詳しい内容はこちら


    【札幌 15228-1】【東京 15228-2】
    【名古屋 15228-3】

    Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.