ホーム全国セミナー一覧を見る

 

開催は終了しました。
※お問い合わせは sp@nissoken.com

 開催日程
札幌地区 10:00〜16:00
2023年11月25日(土)
会場 道特会館

※受講時の禁止事項(録音、録画)、
 お申し込み前の注意事項(受講要領) は
 こちら


 指導講師

  上村恵一
国家公務員共済組合連合会
斗南病院
精神科 科長
(診療サポート室長 併任)


 2020年4月より現職。北海道がん心身ネットワークの事務局長として、道内のがん治療医、緩和ケア医と協同し、緩和ケア教育の普及に努めている。第29回日本サイコオンコロジー学会学術大会では大会長を務めた。主な書籍は『がん患者の精神症状はこう診る 向精神薬はこう使う』(編者代表・株式会社じほう)など。

症状の見極め、向精神薬の使用、
患者・家族との関わり方、
注意すべき落とし穴を事例学習


 プログラム

1.がん患者に生じる
  精神症状の理解と
  アセスメント

 ●がん患者に生じる精神症状
  (うつ病・適応障害、不眠、
  せん妄、認知症)
 ●精神症状の適切なアセスメントの
  ポイント
  ・せん妄かそれ以外か
   せん妄の鑑別はとても重要
  ・認知症? うつ病?
   判別の難しい症状を判断する
  ・この症状は要注意!
   がん患者の予後が悪化する精神症状
  ・患者、家族へのこころのケアと
   コミュニケーションのポイント

2.看護師が知っておくべき
  "精神に作用するおクスリ"

 ●抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などの
  正しい取り扱い
 ●精神科医の処方意図
 ●各症状にどのような薬が
  使用されているか
 ●看護師が見逃せない薬の副作用

3.実践例で学ぶ!
  がん患者の精神症状に対する
  ケア

  ※事例に沿って、具体的な支援、
   アプローチを学びます

 ●うつ? 認知症? せん妄?
  見極めと対応
 ●家族と遺族へのアプローチ
 ●怒り、否認、死にたい…と訴える
  患者にどう対応する  ほか



せん妄? 認知症? うつ?
判断の難しい症状の見極めと
対応のポイント


 ねらい
 がん医療の現場でも悩むことの多い、がん患者が抱える精神症状について、正しくアセスメントをして、適切な治療や関わり方につながる知識を学びます。さらに実践例を通して、具体的な看護師としての役割やアプローチの方法について理解します。

正しい知識と適切なアセスメントを学び、がん患者のこころのケアに自信が持てる
がん患者に対する向精神薬の使い方と副作用をしっかり理解し看護に活かす

 受講料
一般:18,500円 会員:15,500円
(1名につき・消費税込)
※会員は日総研会員制・専門雑誌
 年きめ購読者です。 

※昼食代は含まれません。
 昼食は各自でご用意ください。
※最少催行人数10人。これに達しないときは
 開催を中止する場合がございます。
 あらかじめご了承ください。
※ご参加いただくには事前の
 お申し込みが必要です。

 お支払い方法
・お送りする振込用紙でコンビニまたは
 郵便局でお手続きください。
・当日、会場でもお支払いいただけます
 (現金のみ)。


☆参加申し込みに関する内容確認・変更・追加
 お支払い状況などのお問い合わせ、また、
 キャンセルのご連絡につきましては、
 お客様センター 0120-057671
 おかけください。
 (平日9時〜18時、土曜9時〜12時)

★このセミナーのプログラム内容、受講対象
 持参物品や今後の予定に関するお問合わせ
 sapporo@nissoken.com
 お電話の場合は、TEL (011)272-1821
 おかけください。
 (平日9時15分〜17時30分まで)  

※返信はパソコンから行います。
 携帯電話・スマートフォンで
 メールを受信される場合は、
 受信拒否になる可能性がありますので、
 必ずドメイン指定許可を設定ください。

 詳しくはこちら



関連セミナー
認知機能の低下が疑われる人への緩和ケア意思決定支援の
ポイント
オンラインセミナー 詳しい内容はこちら


【札幌 15230-1】

Copyright (C) nissoken. All Rights Reserved.